FC2ブログ

無空さんのセッション303回目

青さん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 先ほどはセッションをありがとうございました
>
>
>
>
> 真我
>
> 本当の自分
>
> 自分自身に対する深い理解が
>
>
>
> 益々進んでいくのを実感している今日この頃です

とてもよい感じですね。
>
>
>
>
> 青はヨーガを修習しております
>
> ヨーガの目的は「サット・チット・アーナンダ」の自覚、実現
>
> 「真我」のすべて、智恵そのもの、それ自身を実現していく道
>
> そのものでもありますが
>
> (ヨーガの目的は解脱することとも聞いております)
>
>
> **//___^
> まさに
>
> 無空庵さんの無空さんのセッションでは
>
> 「真我」を知り得る全てがあり
>
> そのことで
>
> ヨーガを指導される先生方との理解の深さや
>
> 知り得ることなどに対して
>
> 谷在り山あり~~でございます^^;

それもまたよい学びにもなっていると思います。
>
>
>
>
> 自分自身がどのように在ることが出来るのか
>
> またどう照らし「在る」ことができるのか
>
> 益々深く自己を見つめて
>
> いくことになっているなあと考えておりました

よい視点ですね。
>
>
>
> ダイレクトな体験は
>
> どんな考えや説明も追いつくことはありません

体験は、直であり、そして、トータルです。
>
>
>
>
>
>
> まさに無空庵さんのセッションはそのダイレクトな体験であるため
>
> ヨーガの道が
>
> 真我の道でもある青にとっては
>
>
> 自分自身の理解を公にすることはあるのだろうか
>
> またはそれを記することは可能なのだろうかと考えております
>
>
> (教師試験には論文提出があるのです^^;)

公にするかどうかはいずれにせよ、

今の理解を確認するよい機会になっているのではないでしょうか。
>
>
>
>
> さて
>
> 始めの共鳴は
>
> さらにクリアに「愛」でした

はい、クリア度、純度というものがあります。

よい感じですね。
>
>
> アイコンタクトは
>
> その愛が
>
> どこまでも水平に伸びゆき広がっていました
>
> 座禅の感覚が強かったです
>
>
>
> 瞑想では
>
> 覚醒
>
>
> サットヴァ性を超えて
>
> 覚(真我)そのものの明るさでしょうか
>
>
>
> 今思い返しても
>
> とても美しく心地よいです

真善美という本質の在り方があるように、

現れた性質を超えたところには、本質的な美しさが在ります。
>
>
>
> ハートの共鳴は
>
> 清濁含めての大きな流れそのもの
>
> 混沌としたところから
>
> 精妙なもの
>
> 美しいもの愛おしさなど
>
> すべてがありました

本質には、純度の高さ、単一性、均質性などがありますが、

それと同時に、清濁含めたすべて(含め超えたすべて)がまだ現れていない状態、

可能性の状態のまま、生き生きとして在ります。
>
>
>
> 立場をかえては
>
> 速やかに必要なところに必要なものが浸透していく
>
> それは
>
> 時間の領域を超えていて
>
> 天使(如来)時間ともいうべきものかなあという感想です

そのような表現もあるのですね。

本質は、時空を生み出すもの元ですので、それ自体は、

時間の領域を超えているということができます。
>
>
> 立場なし・ニュートラルは
>
> 背中が
>
> 真っすぐとはどういうことなのか
>
>
> 最初に聞いていただいたお話し
>
> 「姿勢には生き様も反映いたしますでしょうかねえ?」の答えですね
>
>
> たいへんに
>
> 背中が楽に柔らかく心地よいです
>
>
> どうもありがとうございました

とてもよい感じですね。
>
>
>
>
> 一瞬にして
>
> 生まれ変わることは
>
> あるのですね

はい。
>
>
>
> さらりと書いてはおりますが
>
>
> 本当にこれほどの奇跡は他にはあるまい
>
>
> です

時空を超えた本質(在る、真我)の共鳴では、

そのようなことが起こり得ます。
>
>
>
> どうもありがとうございました
>
>
> これもまたさらりと書いておりますが
>
>
> 言葉には尽くせない感謝です
>
>
> ありがとうございました
>
>
> 青
>
>
>

ありがとうございました。

無空
スポンサーサイト



無空さんのセッション302回目

青さん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
>
> 先ほどはセッションをありがとうございました
>
>
>
>
>
> さて
>
> 始めの共鳴では
>
> うまく表現できなかったのですが
>
>
> ヨーガ中の心地よさです
>
> 自分自身であることの心地よさでもあり
>
> 「白い光そのもの」です

よい感じですね。
>
>
> アイコンタクトは
>
> 何て言うんでしょう~
>
>
>
> それはそれは
>
> ずっと以前から「知っていた」行法だなって思っておりました
>
> (懐かしさが溢れてきました)
>
>
> また一方
>
> 解脱の自由には
>
> キラキラと光るものがあって
>
> それは
>
> 知性の「知」なのだなと思っていました
> **//___^
>
>
>
> 目を半眼で
>
> 内側である自分自身を見つめる
>
>
> 「それ」そのもの
>
>
> 座禅の「それ」ですねと
>
>
> 「観音」ですね
>
>
> 感想では話しております

注意を自分自身に向ける。

自分自身(真の自己)である、

というところは同じなのかもしれませんね。
>
>
>
> 瞑想では
>
> 温泉の中心
>
>
> ハートの共鳴では
>
> 「人間」でした
>
>
> その温泉の中心は
>
> 癒しそのものでもありました

必要なことが起こっていた感じですね。
>
>
>
> 立場をかえては
>
> どこまでもフラットな愛

無限、無条件の愛でもありますね。
>
>
> 立場なし・ニュートラルでは
>
> 天使が羽を休めていました
>
>
>
>
>
> とても表現が難しかったです
>
>
> (^0^)
>
>
>
> 本質が実現していく前に
>
> 天使が降りてきて
>
> 大きな羽を休めていましたよ
>
>
>
> (^0^)

感じ方、捉え方、表現の仕方は、人それぞれですが、

本質が実現する前をよく捉え、表現されていますね。
>
>
>
>
> 本日も素晴らしい共鳴をありがとうございました
>
>
>
>
> また次回もどうぞよろしくおねがいいたします!
>
>
> 青
>
>
>

こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

無空

無空さんのセッション301回目

青さん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
>
> おはようございます
>
>
>
> ハートでしかない
>
> わたしたちはハートそのもの
>
> ですね

ハートの質が活性化してますね。
>
>
> さて
>
> 始めの共鳴は
>
> チャクラ全開
>
> それは「ハート」そのもの
>
> でございました
>
>
> その深い味わいに
>
> ききいっておりました

よく感じ取られていましたね。
>
>
>
>
> アイコンタクトは
>
> 死後の世界でしょうか
>
> 肉体を持たない世界の
>
> 次元を味わうかのようでした
>
>
>
> すっかりと肉体自体の記憶からも
>
> 離れてしまっておりました

解脱状態でしょうか。
>
>
> わたしたちは
>
> ただ「愛」そのものなのですね

そうですね。
>
>
> 瞑想では
>
>
> ゼロ
>
>
> これ以上にないほどに
>
> 自分自身
>
>
> あまりに近すぎて
>
> 自分では自分を見つけることは出来なかった
>
> ゼロ
>
> その領域

真の自己、本質としての自分ですね。
>
>
> ハートの共鳴では
>
> あまりに
>
> 当たり前
>
> 何も無かった
>
>
> そこ

当たり前というところに、普遍性、絶対性があります。
>
>
>
> 立場をかえては
>
> 「いのち」そのもの
>
>
> その在り方
>
> その立ち位置

素晴らしいですね。
>
>
>
> 立場なし・ニュートラルでは
>
>
> 言葉に変換できない何か
>
>
> そしてそれは祝福されていました~

それはいつも祝福されてますね。

今回も、全体的に素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
>
> 素晴らしい共鳴をありがとうございました
> >
>
> 思えば遠くにきたもんだ~♪
>
>
> どうもありがとうございました
>
>
> 自分一人では
>
> ここまでは知り得ることは出来はしませんでした

共鳴の継続により為せる業ですね。
>
>
>
> ありがとうございました
>
>
> 青
>
>

ありがとうございました。

無空

無空さんのセッション300回目


青さん

感想ありがとうございました。

> おはようございます!無空さん
>
>
> 昨夜はセッションをありがとうございました
>
> 最近午前のセッションから午後に時間帯が代わって
>
> とてもリラックスしたセッションとなっているように思います
>
>
> 午前ではやはり活動時間に向かっていて
>
> 午後とはまた違う空気感があったようですね

時間帯により、それぞれの質というのはありますね。
>
>
>
> いつもいろいろとお話しを聞いていただきありがとうございます!
>
>
>
>
> すっかりと
>
> 思い出すことも無く忘れ去っていた願い
>
> 求めておりましたその「答え」を味わうセッションでもありました
>
>
> 奇跡だな
>
>
> そんな風でございました

在る(真我、本質)は、自然、普通、当たり前そのものであると同時に、
奇跡そのものでもあります。
その視点、理解からは、在るの現れである日常が、奇跡の連続ということもできますね。
視点、理解、立ち位置等から、世界の見え方、体験のされ方、感じられ方等が
変わってきます。
>
>
>
>
>
> さて
>
> 最初の共鳴では
>
> ナチュラル
>
>
> アイコンタクトでは
>
> シンプルにクリエイティブ
>
> リズミカルで
>
> 神の息吹きがメロディーです

よく感じ取られていますね。
>
>
> ♪
>
>
> 瞑想では
>
>
>
> 先にお話ししていた
>
> 若い頃の瞑想から
>
> 言葉に変えられずに願い続けていた答えそのものが
>
> 目の前で展開していたようです

奇跡と感じられたところですね。
>
>
>
>
> ハートの共鳴では
>
>
> 「奇跡」

そのものを感じ取られていましたね。

現象を知覚、認識することも素晴らしいことですが、
その本質、その奥に在る本質そのものを認識し、感じ取れるのは、
本当に素晴らしいことですし、幸せなことでもありますね。
(同時に、当たり前で自然なことでもあります。)
>
>
>
>
> 立場をかえては
>
>
> いのちそのもの
>
>
>
> 立ち場なし・ニュートラルでは
>
>
> 安心

今回も、全体的に素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
>
>
>
> 先ほど
>
> ヨーガで身体を動かしておりました
>
>
> 呼吸はその「当たり前」が隅々に浸透していっている感じです
>
>
> ありがとうございます

素晴らしい実践ですね。
>
>
>
>
>
>
> 本当に楽しいです!!
>
>
> いつもありがとうございます
>
>
>
>
>
>
>
>
> 青
>
>
>

ありがとうございます。

無空

無空さんのセッション299回目

青さん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 先ほどはセッションをありがとうございました
>
>
> いつもの通り
>
> 「前回からはどうでしたか?」
>
> とお尋ねくださいました
>
>
>
> 今朝は
>
> 久しぶりに
>
> イライラとしていましたとお話しをさせていただいて
>
>
> このイライラは
>
> ずいぶんと前からのものでもあるのでしたが~
>
>
> そのうちに気にならなくなるのだろうか?と
>
> お話しさせていただいたからでしょうか!!
>
>
>
>
> アイコンタクトでは
>
> その答えを頂いておりました

ひとつであるもの、

あるいは、

知っているところ、

から

必要なことは起こってきますね。
>
>
>
> 「叡知」と感想ではお話ししておりましたが
>
>
> 叡知とは
>
> 解脱のそれ
>
> でしたね

はい、そうであれば、気にならなくなりますね。
>
>
>
>
>
> さて
>
> 最初の共鳴は
>
> 前回の続きのように感じておりました
>
> どっぷりと温泉に浸かったかのようにはじまり
>
> そのうちに
>
> 観音の光
>
> 慈悲慈愛の光のそれと一体になっていたように思います

大きな流れ(不連続の連続)、真実の流れが続いていますね。
>
>
> アイコンタクトは
>
> 叡知
>
> 解脱のそれ
>
>
> 瞑想では
>
>
> 明日から参加いたします
>
> ヨーガの合宿での風景が見えておりました
>
> そこでの瞑想でも
>
> さらに深まっていきますよ~

よい流れですね。
>
>
>
> ハートの共鳴では
>
> ヨーガの聖なる流れがありました
>
> そのうちに
>
> よく分からなくなっておりました

未知(満ち)の道ですね。


>
>
>
>
>
>
> 立場をかえては
>
>
> 久しぶりに
>
> 胸がきゅんと痛んで
>
> 切ない感じを味わっておりました
>
>
> 立場なし・ニュートラルでは
>
> 必要なことが起きていたのでしょうか
>
> 癒されて
>
> 修復されていました
>
>
> 何かが成仏していったようにも感じておりました

必要なタイミングで必要なことが起こります。

今回も、素晴らしい姿勢、在り方での共鳴でしたね。
>
>
>
>
>
>
> 本日も
>
> 素晴らしい
>
> 共鳴をどうもありがとうございました
>
>
>
>
>
>
>
> 青
>
>

ありがとうございました。

無空
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle