FC2ブログ

無空さんのセッション274回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

素晴らしいセッションをありがとうございました


ここのところのアルバイトの日常で

ずいぶんとマインドの騒がしいところでございました

色々お疲れ様です。


はじめの共鳴では

さざ波立つ湖面でもある青

その湖面の一隻の船が

深く湖の底に見える影をみているようでした

無空さんという動かぬ影

在るは、不動不変です。



アイコンタクトでは


アイコンタクトはアート

アートとは「いのちの悦び」

この命の悦びを味わっておりました

素晴らしいですね。



現われで何が起こっていようとも

この「いのちの悦び」という思いでした

本質的な感じですね。



瞑想では

太陽のような強い光で

包まれ「それ」であって

他は何も覚えておりません

たいへん心地よかったです


「在る」ことの愛の他には

何も要らないのですね

それだけが在り、

また、そこにすべてが含まれています。


また

その愛における理解の深遠さについては

どこまでも

言葉に置き換えることは不可能なことなのかもしれません


「心地よいです」の一言でしょうか!

本質的なものについては、その表現は人それぞれでもありますが、

“よい感じ”というものがありますね。




ハートの共鳴では

深く深く

心地がよかったです


立場をかえては

聡明な光が貫いていく

でした

聡明さも大事ですね。


立場なし・ニュートラルでは


ヨーガ

でございました




青にとってのヨーガとは



「ここ」でございます

はい。

今回も、全体的に素晴らしい共鳴でしたね。





ありがとうございました









ありがとうございました。

無空






スポンサーサイト

無空さんのセッション273回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどはありがとうございました


いつもの朝のセッションとは違う

とてもリラックスした感じを楽しんでおりました


先週末の3日間のヨーガの合宿でのことも聞いていただきました

インドからいらっしゃいました

スワーミー・ニルリプターナンダ師は

「解脱」のことをお話しされていました


それは

とても大切に

大切に秘められたものだったのです

はい、大切なものは秘められていますね。



青は

無空さんのセッションでそのことを

追体験していたように思います

在るはすべてであり、その中では、

必要なことが自然に起こっていきます。





さて

はじめの共鳴は


「円」



アイコンタクトは

スワーミーに会っていた時

それはインドの神々との感応でもあったのですが


もう一度

味わっていました

再度味わうことで、それはより確かなものとなっていきます。



瞑想は

深かったです


どこまでも味わっていくことが出来ます


ありがたいです

どこまでも味わえる意識の確かさが素晴らしいですね。


無空さんありがとうございます

(青は瞑想を習いだした頃

瞑想が怖くてそれ以上深めることが出来ない

そんなことがあったんです!)

睡眠と睡眠でない丁度瀬戸際のところでした

とても静寂なところでした

そこで意識を保ち、よく感じ取られていましたね。


ハートの共鳴では

サイダーの泡がはじけていて

その泡にいつの間にか包まれて

気が付くと

泡そのもの

心身とても

軽く軽くなっておりました

軽やかさは、本質の在り方のひとつです。


立場をかえては


観音さまと感応しておりました


立場なし・ニュートラルでは


言葉になりません

今回も、全体的に素晴らしい共鳴でしたね。







無空さん


ありがとうございました








ありがとうございました。

無空


無空さんのセッション272回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

尊いセッションをありがとうございました


話しの流れもありましたか

青は始まる前から

ずっと濃厚なエネルギーを感じていたのですが

セッションで

開かれた通路に

その存在のエネルギーが

解放されて

「在る」の彼方に吸い込まれていきました!!

それは初めてのことではないです!!


無空さんのセッションが始まったすぐのときも

青のブログを書いていて

起こったことがありました



時空を超えて

時空の通路が拓かれていくという感じでしょうか

(不思議なことに
お天気も快方に向かっているようです

自然のこの現れの世界を大きく含んだ共鳴でした!)



すいませんね

変な話しですね

感覚的なことです

青の体験

青独自の世界観ですね

独自の世界観は大事です。

在るは、多様性を通して現れています。

(あるいは、多様性そのものとして現れています。)







さて


最初の共鳴では

彦(飼い犬です)がいきなりしゃべりだして。。

感想が飛んでしまいました~(^0^)

共鳴に参加していましたね^^


アイコンタクトでは

その彦の声に意識が集中してしまって。。

中断してしまいました~すいません~~

中座させていただき

その後

もう一度

集中していきますと

拡がっていきました

外では雨がザーザーと降っているのですが

鳥のさえずりが!!

(今振り返ると彦の鳴き声もそうだったのかもしれませね

自然世界からの声だったように思います)

さらに深く高く広がって

自然世界との共鳴でした

はい、素晴らしい共鳴でしたね。


瞑想では

いきなり

先にお話ししていた

プレムラワット氏繋がりの友人たちが思い浮かんでまいりました

ものすごいエネルギーです

身体は温泉につかっているようでした

すっかりと京都大原の友人のご自宅もビジョンで観えていました

(瞑想の感想の時にお話しそびれましたが
その友人は体調を崩しており
青はかなり気にしていたのです。。。

彼女がともに癒されていくのかなあって観ていました)

必要なことが自然に起こっていたのかもしれませんね。



ハートの共鳴では

青は

ひとつの大きな通路でございました


大きなエネルギーはまとめて

「在る」の彼方へ

流れていきました




立場をかえては

真っ白い光の中にすっぽりとでした


立場なし・ニュートラルでは

眉間に軽くエネルギーを感じながら

ハタヨーガとラージャヨーガの融合

それぞれはその独自のメソッドで特徴があり分けられますが

それらが青の肉体を通して融合していました

現れた存在は、そのように様々なものを融合、統合していくことができます。

今回も、素晴らしい共鳴でしたね。






尊いセッションを

ありがとうございました



深く感謝いたします










ありがとうございました。

無空

無空さんのセッション271回目

青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどは
素晴らしい共鳴をありがとうございました



人生は「深い河」


その人生を

ひとことでは

語ることなど出来るものではありませんが



その「人生」が

ある種

走馬灯のように感じていたような

本日の共鳴でございました


そして

いつもの共鳴が始まる前のお話しでは

すっかりと言葉が止んでしまって

「在る」そのもののシンプルさを味わっておりました

シンプルさの中を、深い河が流れている、
また、「在る」そのものの中では、
それは、走馬灯のようにも見えることがある、
とも言えますね。




はじめての共鳴では

まるで

初めて共鳴に向かったときのようでした


無空さんのお顔に

実父の顔が重なって見えておりました



出会いという人生を感じ取っておりました



アイコンタクトでは

無言の伝授が起こっていたように

感じておりました

はい、それは必要なタイミングで、自然に起こります。

始まる前にお話しさせていただいた

「過敏さが和らぐ」そのことに注目してたことを

お話しさせていただいていたからでしょうか


すっかりと守られておりました

すっかりと深く癒されておりました


深き寛ぎ

でした


瞑想では


静かな喜び


ハートの共鳴では

安心そのもの


立場をかえては


愛の根源を

深く探っているかのようでした


その時に

見えた世界

感じた世界は

人と人との美しき世界

その彩なす世界です

人生のその奥深さ

また

その出会いのエッセンスともいうべき

「愛」そのもののダイレクトな体験ともいえるかもしれません



どうあっても

ひとことでは

表現は不可能です

とても深く、また、様々な要素が凝縮された濃厚なところを
感じ取れていたようですね。





もしも

言えることがあるのなら


「わたしはあなたを愛しています」

「こころからの感謝をささげます」




そのような言葉では

足りはしません





立場無し・ニュートラルでは

「人生」



です

今回も素晴らしい共鳴でしたね。





素晴らしい共鳴をありがとうございました










ありがとうございました。

無空




無空さんのセッション270回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

尊い神聖なセッションをありがとうございます

それを感じられる青さんが素晴らしいですね。


少し

こちらにお世話になりだした頃を思い出しておりました

また、青の若い頃の探求の時代に出会った師匠のことなどの

お話しを聞いていただきました


あの当時には

決して分からなかった青の未熟さや

荒々しい様を振り返り


今在る「ここ」で

さらに進む理解の現われ

また無空さんとのセッションのありがたさが

本当に身に染みております



ありがとうございます

こちらこそ、「これ」についての

理解の進み、深まりをありがとうございます。

それは、「これ」、真我、存在、生命、愛、全体、自然、

真善美のよろこびです。






ヨーガの最初の目的のひとつは

「チッタ(心)・ブリッティ(動き)・二ローダ(止める)」ということで

その動き回るマインド・心を静めていくことを

最初の目的としております


その静寂は

こちらのセッションで

「在る」ところでございます

はい。

その理解は

無限であります

そうですね。


そして

その理解のひとつに

それらすべてを見通す力・智慧・叡智という言葉には

かえられないところの領域

直感より直感

「それである」そこがあります

直観より直観されているところからの

素晴らしい表現ですね。




それがすべてとはいえ

それですら

理解というものの「ひとつ」なのですねえ

はい。

それが、無限であるものです(空、在る)。




ううむ

言葉におこしていると

よく分からない文章になってしまいました。。。

いえ、よく分かります。

在る、真我からの自然な起こり、流れ、展開ですね。

頭で分からなくても、そこには、深いところからくる

真実性、存在性が在ります。

さらに、理解が深まり、統合が進むと、

より分かりやすい文章も、起こってくるようになるでしょう。



「真我」というものの多角的な理解

またそれを捉えることというのは

実体験を伴いながら

生きる青にとって

無上の喜びです~~

はい、これは、書かれているように

実体験を伴いながら、

まさに、生きて、体感しながら、

知っていくものです。

そのよろこびは、存在にとって、

無上、至上のよろこびですね。






さて


はじめの共鳴では

前夜の合同ゼロ意識共鳴での状態が

いきなりやってまいりました

強く気づいている意識の光が通されていきました!

話されていたので、自然な流れですね。




アイコンタクトは

自分では超えきれないカルマなどの浄化が起こっていました

(具体的には下腹部のチャクラに光が当たっておりました)

存在(全体、生命)から、必要なことが起こっていましたね。


瞑想では

その光が

ハートの方へと上がっていき

さらに

頭の上から

癒しの光が注がれておりました


温泉につかっているかのように

体中が熱くなっていました

必要、かつ、自然な展開ですね。



ハートの共鳴では

これ以上に無い

愛の強いポシティブ感


ハートから光が放射されていました

素晴らしいですね。


かなりの解放感を感じながら

心地よかったです

存在(真我、愛)のひとつの在り方、自然本性として、

自己に対し、そして、自己の現れであるすべてに対し、

ただ与えるもの、無条件に与えるもの、

という在り方があります。

放射は、そのひとつの形、バリエーションのひとつとも言えますね。

(すべての存在がそのように在りますが、太陽などは、分かりやすい例かもしれませんね。)

別の言い方をすれば、それは、存在の呼吸とも言えます。

それは、存在の表現、実現であり、とても自然なものです。

自己(真我、在る、愛、自然)が実現されているとき、

そこには、心地よさがあります。




立場をかえては

「ありがとうございます」



存在全ての響きとして

感謝いたします

大きく全体として感じ取られていますね。


立ち場なし・ニュートラルでは

全知全能

サット・チット・アーナンダ


素晴らしく至福でございました

在るそのものですね。






ありがとうございます

今回も素晴らしい共鳴でしたね。




振り返り

無空さんの「気づいている意識」その叡智の光の

ありがたさ

また無空さんの個人の持つ温厚な性格

私自身の

絶妙な

この人生での歩みを

このいのちに

心から感謝いたします




ありがとうございます













ありがとうございます。

無空




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle