知る





最期の一息
それそのものの絶対の表現
人は
最期の一息まで
それそのものを表現している

いのち

それをどんな風に味わうことが出来るでしょう

生きている

それはどんな味わいなのでしょう


そのことを知る

それが
最期の一息の
真の意味とわかるまで











スポンサーサイト

誰もいない






無限の創造性は

その無限の可能性の淵から


無限の愛と光で


「気づき」という


しあわせを照らし出している







そのことに

気づき続けることは


自身を愛し続けること


自身の愛で照らし続けること





それは



無限の淵から

しあわせがこぼれだすこと





















神聖さの香り




061 (480x640) (2)







あまりに


あまりに


自然なそれは


あまりの自然さでほとんどの人は気がつかないだろう








いのちのダンス




心臓の鼓動が

まるで生命のダンスのリズム


こんなにワクワクするリズムは

他にない



目を開けろ

外を見て

光り輝く地上を見てって











その光は

その光は

暖かい

まるで

陽だまりのようです


やさしさは

やさしく

やさしく

とろける


いつも

いつどんな時でも

それに包まれ

それと共に


これ自身が

何で出来ているのか





























sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle