無空さんのセッション16回目

青さん

メールありがとうございました。


無空さん


セッションありがとうございました

今日は
一日フワフワと変な感覚のまま
始まったセッションでした

開始1時間前まで
突然の傲慢な私が出てきておりました

おかしい
これでは何一つ学ぶことも
受け取ることも先に進むことも出来ないぞ

以前感じた感覚でした

自らのうちに謙虚さと
思い出せコミットメントと
念じながら・・・

なんとか10分前に
それでも
こんな私でもじっと見つめ
待っていていてくれている無空さんを感じ
素直な自分にもどれて

スカイプが開きました




いつもとおり一週間の事を聞いていただきました
ありがとうございます

嶋田さんのことを思い出すことは
私にとって本当に大切な
大切な宝のようなポイントです


愛そのもの
いのちそのものと言ってもいいでしょう(変な言い方ですが)

そこからセッションスタートありがとうございました


始めの共鳴は

包まれてあたたかく
リラックスでした
安らぎの中に
今ままでとは違い大きかったです

愛されています

感覚もその時々で違ってきます。

アイコンタクトは背面を感じました

神聖な気配でした
護ってくれている感じでした

ありがとうございます

本質はこの神聖さ・・・も、ですね

そうですね。


瞑想では
内側の心地よさが
温泉につかったときのほ~って
身体がほぐれながらの
しかしび~んとしびれるような
気持ちよさが

上のほうに上がっていき
頭のところで

神様がきてる~って感じでした
変な感じですとお話しましたが・・・

今までの恍惚感が~という種類のものではなかった感じです

温泉につかっている感じは、他の方々も体験されています。
よい感じですね。

ハートの共鳴は
不動の愛が大きく広がっていきました~
よかったです(^0^)

これまでとは違っていたとのことで、
変容が進んでいますね。





ありがとうございました

また来週おねがいします






こちらこそよろしくお願いします。

無空


スポンサーサイト

合同共鳴ありがとうございました

ヒロさん

虹子さん


いつもありがとうございます

もうあとから消えていきますが

今日は「空」の味わいがありましたよ

何度も真っ白い空間の中眠りそうになりましたが

ふ~っときたときに

泣きそうになりました



ハートの共鳴で

言葉がうかびました

「美しい」です

誰かささやきましたか?(^0^)


アイコンタクトでは

上にどんどん引き上げられてる感じでした

頭の窓が開いて

空気の入れ替えのように

すっきりしてました

その後「空」の味わいがふ~っとやってきました


いつも

胸の奥で

呼吸と共に感じているものと同じでした

すべてのエッセンスがあるところと感じているところです



感想の順番違いますが

思い出した順番です(^0^)


最後のみんなで共鳴は

本当に楽しかったです



この地上で
この貴重な体験を共に味合わせて頂いている
ことの感謝が沸き起こりました


本当にありがとうございます



最後に「世界の平和」と言葉がやはり浮かびましたが
誰かささやきましたか?


ふふ・・・変な感想ですいません



ありがとうございました

PS
虹子さんのお声好きです~
リラックス満点です~ありがとうございます(^0^)








こんにちは。ヒロです^^

いつもご感想ありがとうございます。

空の味わいを感じ取れるのは、
それだけ青さんの意識が
開かれてきていらっしゃるのだと思います。

美しさというのは、空の芸術的で
神秘的な素晴らしさを感じ取れますね。

「美しさ」「「世界の平和」」
空のささやきかもしれませんね^^


> この地上で
> この貴重な体験を共に味会わせて頂いている
> ことの感謝が沸き起こりました
>

そうですね。

本当に感謝ですね。

いつもありがとうございます。

またよろしくお願いします。

ヒロ



合同共鳴ありがとうございました

しみっちさん

kamaraさん



合同共鳴ありがとうございました

木曜日がくるとその間の1週間が消えてなくなります(^0^)

いったい何かありましたか?って感じですね~

合同共鳴は

共鳴ってこんなんだったけ?というほど

とらえるのが難しく何も起こりませんでした

最後に

最後の全体の共鳴の時にあきらめて

寝転んでいました

何でしょうか・・・正されたように感じました

共鳴のパワーですね(^0^)



カマラさんのすばらしい共鳴でしたねのお声に

そうかすばらしかったんだと思いました





後半は

座りなおし目をつぶったら

グッと深く

白い空間でした

何もありません

かすかに味わいが漂っておりました

その味わいはほんとうに優しく

かすかなので

かすかを味わっておりましたら


眠ってしまったようです


また

来週よろしくお願いいたします

ありがとうございました










無空さんのセッション15回目

クンダリーニの影響は
消えることはあるのでしょうか…

プレム・ラワット氏の示した味わいは
それはとても深い深いものでもありますが

アイコンタクト、ハートの共鳴時にもやはり
流れております

そこから攻めていく長年のクセが

無空さんとのセッションを困難なものにしております





今回

アイコンタクトのときに
中断されてしまいましたが

その味わいは
いつどんなときでも
自らのうちに流れているものであり
(中断されて消えてなくなるものではありません)
この呼吸が送りだされてくるところのもの(命の源)
でもあります


もちろん

意識から
攻めることは
出来ると思います

改めます



無空さんと

体験をシェアしたいです



このままだと

欲求不満のセッションが続くだけです




味わい一辺倒でしたが

どうやら

意識から

試みてみます



無空さんの

思わず
見過ごしてしまいそうな

さりげなさ

ぜったいに
押し付けることのない
優しさ

辛抱強さ

これが「在る」の人の姿ですと

いつも

そこに

いてくださり

見守っていただけることを

ご縁を

心から

感謝いたします





ありがとうございます












青さん

メールありがとうございました。


無空さん

先ほどはセッションありがとうございました

お話を聞いていただくことが
大切なことがよ~く分かりました

今更ですが
無空さんは
強烈に発信型だったのですね(^0^)

それぞれタイプというものもあると思いますが、
それもゆる~く捉えられていられるとよろしいですね。
あまり観念化してしまうと、その他の可能性が開かれることの
障害になることもありますので。

私はただ在るだけで、相手の方の状態を詳細に感じ取ること、
自分自身の状態を詳細に感じ取ることなどに意識は向かず、
(必要な時はそれも自然に起こることもあると思いますが。)
セッション中(共鳴中)は、セッションを受けられている方の
変容(気づき、浄化、トータルな目覚め等)、
その一点に全エネルギーが自然に注がれているという感じです。

すべての源で在るそれ(真我・空・純粋意識・在る・無限の愛)は、
どこまでも無限に、ただただ与えるだけです。


今日で15回目ですが・・

そうそう
今日青さんの記事を
アップしていただいて
それを読んでいるとき
ものすごい
シャ~って涼しい感じで
胸のあたりがス~ス~していました

もっとください
透明になりますからって感じでした(^0^)
やはり
現師匠は強いと実感しておりました

ありがとうございます

ある程度進んでくると、ブログ記事との共鳴も
起こってきます。
そして、自分自身(真の自己)が満ちた存在であることが
より分ってくると、「もっとください」も落ちていきます(^^)。
残るのは、感謝だけですね。


今日は余計なマインドをあまり通すことなく
セッションが進めたように思いました

よい感じでしたね。

始めの共鳴では
強い光を感じて息が出来ないって感じでしたが
何度か自分の周りの空間も意識しておりましたが
何かが頭の中を通っていった感じでした
クリアになりましたねと言われました
その後最後のほうは「空」の感じといわれましたが

そうだったんだ「空」
って感じです(^0^)

その感じをより意識的に自覚できるようになるといいですね。

アイコンタクトでは
始まってすぐになんともとろけるような気持ちよさを感じ出したら
気づいている意識!!!と中断されてしまいました

感じていることは悪くありませんが、気づいて消えるようであれば
やはりそれはひとつの体験ということになります。
見つけたいのは(すでに在るものなので、再認識という感じですが)、
どんな体験のときにも、どのような状況にある時にも
変わらずに在るものです。
それぞれの体験に気づいている意識、
気づきそのものはどんなときでも変わりません。
自己理解が起こり、真我(気づきそのもの)としてしっかり在ることが
出来るようにれば、様々な体験をしながら、
それで在ることが自然にできるようになります。
青さんの場合、意識はすでに分っていらっしゃいますが、
長年の習慣やクンダリーニの影響等により、
どうしても他に意識が向きがちなところがあるのは、
今のところある程度仕方がないことかもしれません。
浄化を続け、徐々にそこ(意識)に落ち着けるようになっていき、
自己理解、自己受容を進めていきましょう。


これ
あとで思いますが
プレム・ラワット氏のことをお話させていただいたこと
覚えておられますか?「私の大好きな~」と
その時に私は内側に愛を感じてお話しておりましたが
その味わいにかなり関係してます


とろけていく先に
溶けてひとつとなるところがある~って予感です。

そのようであれば、それでもいいですね。
それが習慣となっているようですから、そこから入っていくのでもかまいません。
ただし、溶けてひとつになったとき、気づいていて(起きていて、目覚めていて)、
自己理解が起こらなければ、ただのよかった体験で終わってしまいます。
何度も体験できるかもしれませんが、それでもそれは一時的なものでしかありません。
真の平安、変わらない幸せを実現するには、
気づいていること、自己理解(本当の自分は何ものであるか)が
起こることが大切であるということを意識の中に入れておいてください。
真の自己理解が起これば、それはどんなときでも変わらずに在るものであることが分ります。




かなり芯のところに関係しているように思います
その周りぐるぐると私の場合マインドが渦巻いておりますから
そこは浄化と成熟が要のところですが・・・(^0^)

そうですね。
それを促すのが、共鳴であり、気づいている意識に意識を向けること、
気づきに気づいていること、それそのもので在ることです。


今も不思議に
その味わいと・・・たどるだけで
何でしょうか
思考停止が起こります

今、一瞬記憶がなくなっていました


セッションの記憶が消えていきます


・・・・・


よい状態ですね。
空の状態で、記憶がクリアされます。
共鳴中にもそのような体験、状態も起こってきますが、
やはり気づいている意識がそこになければ、
直知、自己理解は起こりません。
(体験の中味としては何もないですが、意識が在ることが大切です。)
そのような空の状態に徐々に慣れていき、気づきを保てるようになっていきましょう。



アイコンタクトの心地よさは
愛も
喜びも
慈しみも
その丁寧さ
親切さ
すべての
ものが凝縮されていますよね

よく感じとれていますね。
素晴らしいです。
それだけにクリアになられてきたということですね。




瞑想は
瞬時にとお話されましたが
いきなりスパルタですね(^0^)

時間もほとんどなかったこともあったので、
そのような言葉が起こりましたが、
それ(真我・在る・空・真の自己・意識)はいつでも在りますから
慣れてくると、即座に深い瞑想状態も可能です。
(必ずしも深い必要はありませんが。)


そんなあ
「空」も
「真我」も「在る」も

毎週きれいさっぱり忘れておりますから
どうぞよろしくお願いいたします

今回起こった言葉(瞬時に)はあまり気にしないでください。









共鳴が
わからないという
ことを始めにお話させていただきましたね


本当にすばらしいことでしょう?

毎回違うんです

楽しめばいいとお話しくださいましたね

ありがとうございます

はい、それは無限で未知でもありますので、
概念化したり、定義したり、人と比べたりするものではありません。
何かを掴もうとするまったく必要はありません。
理解は起こる時に起こります。

あるいは、どんなときでも、

ただそうである。

これでいい。

となっていきます。

そう在れるようになったときには、もう成熟していますね。






芯のところで

ブンジャジの4分で目覚めではありませんが

無空さんの共鳴のすべてを

味わって楽しめるようになれるといいです


よりクリアになっていくと、自然にそうなっていきます。




そうすると

きっと瞬時に瞑想です~   

そうですね。


どうもありがとうございました











ありがとうございました。

無空









合同共鳴ありがとうございました

ヒロさん
NORIKOさん

お昼の合同共鳴ありがとうございました

始まる前から光の柱が立っており
その中にすっぽりと入っているって感じでした~

NORIKOさんのガイドで
いきなり明るい真っ白で甘い空間に入っておりました

気持ちよくなっておりましたが
ぶつぶつと心は独り言をしておりました

アイコンタクトで一度身体が痛み身体に意識がいきましたが
ふたたび気持ちよさを感じていくときに
凧上げをしているように思いました
意識の糸を離さないように持っていないと
寝てしまうぞみたいに・・・

皆さんと共に楽しみ味わっていると実感しながら・・・



ところが
その後の共鳴は
覚えていません

時々白い甘い明るいなあ~と
感じていましたが
何度も意識不明でした~

終わりの合図にびっくりです




楽しかったです

ありがとうございました


今も温泉に入っているような暖かい余韻がうれしいです~





こんにちは。ヒロです^^

早速のご感想ありがとうございます。

明るい真っ白で甘い空間というのは、
とても味わいのある表現ですね。

皆さんと共に楽しみ味わっている実感や、
温泉に入っているような暖かい余韻を感じられて何よりです。

またよろしくお願いいたします。

どうもありがとうございました。

ヒロ


合同共鳴ありがとうございました

しみっちさん
NORIKOさん

合同共鳴ありがとうございました


楽しかったです♪

10分前より包まれて一つから始まりました~

静まり
うれしさからどんどんワクワクへ
感覚は移り

ときどきボ~っと意識がしてたりしましたが
変わりゆく景色を眺めるように楽しんでおりました

しみっちさんを意識すると

ぐんっと喜びが喜びになり
味わいがぎゅ~んと伸びていくような不思議な感じがしたり

あっという間の共鳴でした

完璧だったな~と言う感想ですが

何が?ときかれると
あはは~分かりませんという感じです

ありがとうございました

明日の合同共鳴も楽しみです♪





無空さんのセッション14回目

無空さん

限りない感謝を捧げます


もう14回目

まだ14回目です


感覚的には200回目ぐらい…

何度お話を伺っても


心が未熟です

申し訳ありません



今回も

ねっとりとしつこい自我が炸裂の

セッションの感想です

(一部抜粋です)




青さん

メールありがとうございました。




無空さん


今日は1時間後に泣いています




これから男も女もない純粋な意識ですというところで

以前青さんのメールで書かれていた神宮でのお祈り、

『真我実現に堅固な心をとお願いしております
それに向かうなかで
このとらわれているエネルギーの感覚が
なくなり感情的にも
エネルギー的にも落ち着いた日々が送れますようにとお願いしました』

一番核である
本心の部分を応援するということで
純粋意識について、それは男性でも女性でもないとお話し、
そこでは今起こっている現象に捉われることはないということを
お伝えしたつもりでしたが、もうひとつのパターンの方に
ひっかかってしまったようですね。

全体を読ませていただき、また、これまでの状況を見ていると、
もともとお持ちのパターンや、起こってくる感情などが
やはりクンダリーニによって強めらているのかもしれませんね。

2回目のセッションのときに
私が「もう人ではありませんね」とお話ししたのを覚えていただいていますか?

あの時はもう少し感覚的で薄い認識でしたが

今回もそのように
さらに中性になっていきますと言われて

ここも、単純に「在る」は中性であるということをお伝えし、
これから、さらに透明になっていくと、望まれているように、
今煩わされている現象を超えていくことができるということを
お伝えしたつもりでした。


上に書かれてある

「これから男も女もない純粋な意識です」というところもそうですが、

私自身は、表現も書かれてあるような表現ではなかったと記憶していますが、
もしかしたら流れでそのように出てしまったのかも知れませんし、
青さんが、マインドを通してそのように聞かれたのかもしれません。

いずれにせよ、
純粋意識・在るを確立したからと言って、
男性性、女性性がなくなる訳ではありません。
それを超えたもの(純粋意識・真我・空・在る・愛)をベースに、
現われのレベルでは男性性、女性性がよりクリアに、
よりトータルに開花していくでしょう。
(洗練された男性性、女性性という感じでしょうか。)
また、真我を知ったとしても、それぞれのタイプもあり、
現われ方は無限に多様です。


ますます
それではなぜ
この肉体を(女性)を持ってこの世にいますか?

が突きつけられました

何かをきっかけにこのパターン(問い)のところにやってきますね。
これからも起こってくるかもしれませんが、
これがパターンだということをよく覚えておいてください。

ニサルガダッタ・マハラジ「I AM THAT」から、それぞれ違う視点からですが、
ご参考までに。

『質問者:
クリシャナムルティも気づきのなかに生きることを語っています。

マハラジ:
彼はつねに究極を直指している。
そうだ。あなたの言うとおり、究極的にはすべてのヨーガは意識(花嫁)と生命(花婿)の
結婚であるアディ・ヨーガに行き着く。
存在と意識(サット-チット)は至福(アーナンダ)のなかで出会うのだ。
なぜなら、至福が訪れるにはそれに出会いが、接触が、二元性のなかでの統合の主張がなければ
ならないからだ。

質問者:
ニルヴァーナ(涅槃)を達成するには、人は生きている存在へと進まなければならない、
と仏陀もまた言っています。
意識は成長のために生命が必要なのです。

マハラジ:
世界そのものが接触だ。
世界はすべての接触の全体が意識のなかで実現されたものなのだ。
魂が物質に触れて意識が起こる。
この意識が記憶と期待に汚染されるとき束縛となる。
純粋な体験は束縛しない。
体験が欲望と恐れに捕らえれて不純になり、カルマをつくり出すのだ。

質問者:
統合のなかでの幸福がありうるでしょうか?
すべての幸福は必然的に接触を暗示します。
それゆえ、二元性を生み出すのではないでしょうか?

マハラジ:
葛藤をつくり出さないかぎり、二元性には何の問題もない。
争いのない多様性と多彩性は喜びだ。
純粋な意識のなかには光が在る。
暖かさには接触が必要だ。
存在の統合の上には愛の統合がある。
愛が二元性の意味と目的なのだ。』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『質問者:
ひとつだけ理解できないことがあります。
あなたは内なる自己を、賢明で、善であり、美しく、あらゆる側面で完全だとし、
個人はそれ自身存在をもたない、単なる反映だと話しています。
その一方、あなたはたいへんな困難も顧みず、個人にそれ自身を実現させる助けをしています。
もし、個人がそれほど重要でないならば、なぜそれほどまでしてその幸福を気にかけるのでしょうか?
誰が影のことを気にするでしょうか?

マハラジ:
あなたは存在もしないに二元性をそこにもちこんだのだ。
身体があり、真我が在る。その間にマインドがあるのだ。
そのマインドのなかに、真我は「私は在る」として反映されている。
マインドはその不完全さ、その未成熟さと落ち着きのなさ、識別と洞察の欠如ゆえに、
それ自身を真我ではなく身体と見なしてしまうのだ。
必要なことはマインドを浄化することだけだ。
そうすれば、真我との同一化を実現することができる。
マインドが真我のなかに没して消え去るとき、身体は問題を呈しなくなる。
それはそれであるものとして、認識と行為の道具、内なる創造の炎の表現としてとどまる。
身体の究極的な価値は、宇宙全体である普遍の身体を発見するために仕えることだ。
あなたが顕現のなかで自分自身を自覚するほど、あなたはあなたが想像していた以上のもので
あったことを、絶えず発見し続けていくのだ。』


そのときにも
伺っていました
なぜこの体がありますか?と

すると
無空さんはそれは
リーラとおしゃっておられました


今日のセッション1時間前まで泣いていましたが
そのあたりがどうしても抜け出せないところです


焦らずにいきましょう。





今日のセッションは
始まる10分前には気持ちよくたぶん共鳴状態ですね
ほとんど記憶がないところにいましたが

始まって
お話は男も女もない個人を落とす
個人を超えたところと

前回も 青さんという言葉で導いていただいておりましたが

もうすでに
男も女もないところで生きてきたのに
さらに、いったいどうあればいいのでしょうか
と言う感じでした

悩み、悲しみ、苦しみのもとである自我を浄化し、
透明にしていくということですね。
理解が助けになります。
自我・個人は海の波のようなものです。
自我は、海の表層の状態のひとつである波が起こっているときに、
波がそれ自体を他のすべての波と分離し、
独立して存在していると思い込んでしまったようなものです。
それはただの思い込み、傾向、習慣による見方・視点からくるもの、
自己理解の認識違いからくるもので、
どんなときでも真実は、海そのもの、すでにそれであるものです。



今回のセッション感想は

 (前半にお話に時間を取っていただいた為)

共鳴が短かったですが

最初の共鳴では内側の

味わいに囚われている私の感覚器官を

ぐっと外側にむけて広がっていきました

どこまでも広がっています静かな空間です

真我は広大さそのものでもあります。
とてもいい感じですね。


アイコンタクトでは

最初おでこが優しくそよそよとしてきましたが

気持ちよくなってきてぼーっとした状態に入るのかと思ったら

暖簾が目の前をサッと開ける様にいきなり

無空さんの顔もハッキリと見えました

すっきりとした感じでした

よりクリアになられましたね。

ハートの共鳴では

ハートと言う言葉で

胸のあたりいつも「在る」の中心を感じていたあたりですが

しっかりガードして押し返すような感じが起こりました

押し返しました~とお話しましたが

後ろから回ってきた気持ちよさに負けて目が開けられなかったです

え、そんなところから~と言った感じでした


いったい誰に

はむかっているのか・・・

共鳴のエネルギーを「愛」と受け取ることが

こわいのです

そのように受け取ってしまうマインドがあります

(しかしエネルギーとだけ受け取れば

本当に苦痛なだけのエネルギーの出入りとなってしまうのです)

マインドの純化、浄化、成熟が必要ですが、
今は仕方がない面もあると思いますので、
場合によっては、ハートの共鳴なしで行っていってもいいかもしれませんね。
基本的には、通常の共鳴の中にすべてが含まれていますので、
まったく問題ありません。


愛である

優しさである

暖かさであると言う感覚は

実際どこで感じているのでしょう


意識そのものは

意識そのもの

それを感じることが出来るのが

その意識

その意識があるから

ということでしたね

そうですね。
ただ意識と言った場合は、気づくことができる
と言い方をした方がいいかもしれませんね。

愛ややさしさ、暖かさを感じるといった場合は、
意識(真我)の別の側面であるハートで感じる
と言った方がより適切かもしれませんね。

または、愛そのものとして愛を感じている。
優しさそのものとして優しさを感じている。
暖かさがそれ自身を感じているというところでしょうか。



その意識は

「愛」

「安らぎ」

「優しさ」「強さ」

でもあるということですが

では自らがそのことを知るのに

自らがその美しさを知るのに



共鳴のメソッドは

トータルに「在る」に迫っています

そこに純粋な鏡として目の前に映し出してくださっておられます

ですが、では

それを

それと分かり感じるために

個別に分かれているのですか?


なぜ

個と分かれて

ここに?


何のために

もともとひとつであったものがなぜ

ここに?


新たな問いです

真我から起こってくることに、「なぜ」はありません。
ただそうであるから、そうであるのです。
それは自然本性によるものです。

もう少しマインドよりな視点から見ていくためのポイントをいくつかあげてみれば、

それはただひとつのものであり、それ以外何も存在しないということ。
そして、それは意識・知そのものでもあり、
その性質ゆえ、それ自身が在るということに気づく、
それ自身の存在を知るということが起こるということ。
あるいは、永遠に気づき続けているということ。
それ自身を知り続けているということ。

ここで、

ひとつであるものが意識であるがゆえに、

在る(不動・無為)=気づく・知る(動・行為)

ということが分ります。

その気づき、それ自身への気づきが、
それ自身の中で永遠に起こり続けているというのは、
例えて言えば、海(ひとつであるもの)があり、
そこに無限の波(気づきという動き・それ自身の中でのゆらぎ・振動)、
多種多様な波が起こっているようなもの。

その波が個人、そしてその他森羅万象であるというような理解も、
ひとつの見方としてはできるかと思います。

ですから、個人(波)は、ひとつであるもの(真我・実在・空・愛)が
意識であるがゆえに必然的に起こってくるということが言えます。

そして、その波である個人は、当然、そのまま意識(海)であり、
それが存在する(在る)という属性を帯び、
あるいは、それが反映され(すべての波に)、
(個人的な)「私は在る」が生まれ、波の数だけ無数の視点が現われます。

それ(真我・空・愛)はそれ自身の中で、
無数の視点(波・波である海、個・個である全体)を持ち、
それらの無限の相関関係、無限の反響、無限の共鳴の中で、
無限に、そして永遠に、それ自身を知り続けていきます。

自分自身が波(個)でしかないと認識しているうちは、
視野も狭く、波であるゆえにアップダウンがあり、
また、他の波(個)との関係性の中で、苦しみに巻き込まれることがありますが、
本当は海であることを再認識すれば、
分離していたと思っていたすべてはひとつであるということが分り、
ひとつの波(個)と現われている自分自身を含め、
すべての波を自分自身で在るものとして
認識、肯定、受容することができるようになります。
それが愛の状態でもありますね。

実在・真我は、ひとつのものであり、それが意識があるがゆえ

在る(不動・無為)=気づく・知る(動・行為)

であること

ただ在ることにより、すべては為される。

ただ在ることにより、そこからすべては意図せず、ただ起こってくる。

本当は何も起こっていない。

絶対安心。

絶対安全。

絶対大丈夫。

すでにそれである。

なども導き出されます。


まだまだ

なにも見えてきません

浄化、純化を続け、視界をクリアにすることです。

自らが「愛」と分かり

それを


生きたいです

すべては愛(ひとつ・全体)であり、
愛しか存在していませんので、
すでにそれ(愛・ひとつ・全体)であることは
絶対的な真実ですが、
長年の習慣からくる認識、視点がそれを見ることを困難にしています。
それ自身の認識を曇らせているものをクリアにし、
真の自己を知っていきましょう。









まだまだ時間がかかりそうです

何卒どうぞよろしくお願いいたします









全体で進んでいきましょう。

無空













合同共鳴ありがとうございました

 しみっちさん

先ほどは合同共鳴ありがとうございました

とてもなめらかで優しいガイドでした

ありがとうございました~

途中座り込んでしまったところを

しみっちさん戻ってきてこっち、こっち

と案内してくださっているようでした

いきなり視界がひろがりワクワクとうれしくなる空間に連れていってもらいました

全体に平和と生きている喜びを感じていました




後半は

充実した空間から始まりました

真っ白い空間でした

このごろ

眠くならないなあとぼんやり思っていました

何回か気持ちがよく

呼吸のみ

記憶が飛んでいます

今夜はいつも後半15分でリタイアのところ

30分どっぷり楽しんでおりました


ありがとうございました

またよろしくお願いいたします









無空さんのセッション13回目

無空さん

ありがとうございます




青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

今日もセッションありがとうございました

前回のような集中は出来ませんでしたが

まだ2時間しか経っていないのに

ものすごい速さの中に居る感じがします

爽快です~

いい感じですね。


ややこしい話で時間を使ってしまいましたが

そういうことでもセッションでは

起こることはちゃんと起こっているんだと

綿密で親切な「在る」の愛を感じます



最初の共鳴では

横隔膜のところと申しましたが

もう少し身体ではないところ中心です

私が「在る」の中心と感じるところです

(エネルギーで振り回される問題のところです)

今日の合同共鳴で柔らかくなっていて

「ほらごらん、もう大丈夫」と言われているようでした

じっとしていると甘くなってきて、そのようにお話しました

(セッション後にそこをもう一度確かめにいきましたら
その甘いところは何にもとらわれていない思考停止のところに簡単に切り替わりました
視点の違いでもあるように思いました)



アイコンタクトでは

しっかりとまとわりつく感情の浄化を手伝うように

はがして持ち上げて軽くなるように

輝きだすようにという愛を感じました

とてつもなく優しくやわらかいものでした

ありがとうございます

ドリルでもいいですよとお話したら

にっこり笑って

そんなにいっぺんには

はがしてはいけないとおっしゃておられましたね

また「在る」がそのように起こっていると



いやいや

無空さんのお人柄や個性があっての「在る」だと思っております(^0^)


お優しいです

在るが優しいんですね^^

やはり

いつもセッションではそのように起こっていたのですね

受け取る側の変化で理解がこうも変わってくるのかと

びっくりです(いったい最初のころの私はどんな風に映っていたのやら)


ハートの共鳴では


「どうですか?」とたずねられて

キュ~ンのことを話そうと思ったら

思考停止モードに入って

気持ちよく青い空状態でした

それもとても素晴らしい状態です。
徐々により自然なものになってきます。


何とか思い出して

嶋田さんのことを思い出し

泣き出しそうになりましたと

お話させていただきました


本当に胸の中央がキューンとなって泣きたくなりました


しかし

いい感じですねと言われて

そうなんだと思いました!

あれ~


おもしろいですね共鳴って

不思議です

変なところに

感心していると思われるかもしれませんが

素直に感想を書いております


まだまだ

理解していないこと



感覚や感情に関して思い込んでいること

もちろんそれから付随しての考え方など

いっぱい出てくるだろうなあと

思った今日のセッションでした

自然に無理なく、でもどんどんクリアになっていきます。


どうもありがとうございました

そういえば

そういう感情が出てくると気づいていてくださいと言う言葉が

ここ最近あまり無空さんから聞きませんね


泣きたいときは

泣いて

出してくださいとは

少し前からおっしゃっていただいておりますが


起こることは

そのように起こっていると受け入れています

とてもいいですね。
その姿勢、態度が成熟を促し、浄化、変容をよりスムーズなものにしていきます。

透明であること。
今それがどんどん進んでいますので、
その辺を意識されるとよろしいかもしれませんね。





どうもありがとうございました

また来週おねがいいたします










ありがとうございました。

無空








合同共鳴ありがとうございました

ヒロさん

カマラさん


合同共鳴ありがとうございました

いつもお昼の合同共鳴は

エネルギーを感じるよりも

全体の風味を楽しみながら

ゆったりと

記憶をなくして~みたいなことでしたが

今日は

ちょっとはじめからスペシャルやな~と思いながら始まりましたよ


始まる少し前から熱いものに

リードされている感から始まりました(^0^)


その熱いものは

そのまま

ヒーリングのように

起こっていました


具体的に

横隔膜のいつも悩んでいた部分が

柔らかく溶けていきました~

開ききってもいいよって感じです

ずっと頭は会話していましたが


何度も

会話が止まったら

引き込まれていく

いやいや何が起こっているか見ておきたいの

はざまで30分終了でした(^0^)




ほんと毎回

共鳴体験ておもしろいです


ありがとうございました













あれあれ

書いていて

横隔膜のところが

やっぱり戻っていきますね

閉じたり開いたりするのかな?

なんだろ…





青さん

こんにちは。ヒロです。

早速のご感想いつもありがとうございます。

本日も最初からスペシャルでしたね^^

悩んでいた部分も柔らかく溶けていったようで何よりです。

全開に開いちゃってください(笑)

毎回の共鳴は新鮮で面白いですね^^

またよろしくお願いいたします。

どうもありがとうございました。

ヒロ





合同共鳴ありがとうござました

しみっちさん

RUBYさん

合同共鳴ありがとうございました

今日は朝から本当に忙しくて
しかもなぜか朝からかなり情緒不安定で・・・

共鳴の15分前までばたばたと雑用に追われていましたし・・・

しかし何とか座って

共鳴始まって
やっぱりこの静止感ってすごいなあ

そして空っぽ
この広がりと
充実感

眠くなるのか・・
ならないか・・

内側の沸きあがってくる優しさの中を
最後までずっと楽しんでおりました



ありがとうございました






sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle