合同共鳴ありがとうございました



しみっちさん

虹子さん


合同共鳴ありがとうございました


寛ぎと

安堵の共鳴でした



深く

沈むように

広がり

何も無くなりました



まったりとしております~~(^0^)


今日も素晴らしい共鳴でしたね^^

いつもありがとうございます










スポンサーサイト

ニュートラル




1753_525896077444767_754146381_n.jpg



ニサラルガダッタ・マハラジ「I AM THAT」から、ご参考までに。

『グルは私に言った。「私を信頼しなさい。あなたに言おう。あなたは神聖なのだ。
それを絶対の真実として受け取りなさい。あなたの喜びは神聖だ。あなたの苦しみもまた神聖だ。
すべては神からやってくるのだ。それをいつも覚えていなさい。あなたは神だ。
あなたの思いのみが為されるのだ。」と。
私は彼を信じ、すぐに彼の言葉が的確であり、驚くほど真実だということを悟ったのだ。
私は、「私は神だ。私は素晴らしい。私は超越している。」と考えることでマインドに条件づけを
したわけではない。


ただ「私は在る」という純粋な存在にマインドの焦点を合わせ、そのなかにとどまるという
彼の教えにしたがっただけなのだ。



私は、「私は在る」以外何もマインドの中に置かず、何時間も座ったものだった。
そしてすぐに平安と喜び、すべてを深く抱擁する愛が私の正常な状態となった。
そのなかにすべては消えていった
-私自身、私のグル、私の生きた人生、そして私の周辺の世界が。
ただ、平和と計り知れない沈黙だけを残して。』








無空さんのセッション64回目

青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

昨日はセッションをありがとうございました

ずいぶんと

ズケズケといいたい事を話していました

聞いていただきありがとうございました


どこまでも

無限に自由というのは

個人にも言えることなのですね


どのような人生を歩み

そのように在りたいかは

ただ「在る」というところに向かいながらも

いつも様々に移ろい顕れてくるものです

立ち位置は

「フラットな愛」でいたい青です~^^

それが自然体で

どこまでも青空な感じです^^

いいですね。




さて

共鳴の感想ですが

昨日は友人の講座に参加しており

気持ちがずいぶんハイになっていたようです

共鳴後

台所で

力が抜けて楽になり~~~リラックスしてました

ありがとうございます


アイコンタクトも

瞑想も

ハートの共鳴も

その講座の影響にあってなかなか

いつもの共鳴状態が深まるという感じは

全くつかめなかったです。。

でもそれも~~完璧です~~^^

在り方がとてもやわらかくトータルになってきましたね。


立場をかえての時は

さらに

しみじみと今日までの流れが影響していました

(年末からもすべてです)


立場なし・ニュートラルは


こころのなかに

大自然があって

深い森林を眺めているような

しっとりとマイナスイオンに癒されながら(^0^)

広がり清々しながら

神聖な心持ちで

小さな

小さな

祠に手を合わせに向かうという感じがしていました





そのようにこころに見えているものは

地球上の風景を見るときと寸分変わらないなあ



美は内にも外にもあるのだということを

今回は

味わいが映像で処理されていたという感じでした

美を内にも外にも感じることができるということは

とても幸せなことですね。





目の前に現れている


無空さんとの

個人セッションを楽しんでいるのだなあという

感想です^^



とても軽やかでいいですね。




どうも

ありがとうございました


ああ

本当に

ずけずけといいたい事を

体当たりに話してしまいました

すいませんでした

さらに

感想でも

突っ込んでます~~^^

深いところでは何も分かってはおりません。。。



どこかまだ浄化が起こっているのですね。。

それはとてもよいことでもありますね。



自然体であっても

こう在らねばならないというスタイルはまったくありませんものね

そうですね。




聞いていただきありがとうございました




どうぞまたよろしくお願いいたします









こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

無空










合同共鳴ありがとうございました




しみっちさん

rubyさん


合同共鳴お世話になりました


暖かな春の日だまりのような合同共鳴でした^^

さわやかなrubyさんのお声が気持ちよく

始まりました~~

やさしさに変わっていくのを感じていました

アイコンタクトでは

慈愛の暖かい柔らかい愛が差し込み

ここちよく~~~

ハートの共鳴では

ほとんど深い眠りのような~~~

最後の共鳴もまったりと心地よくなっていて

深いところで何か楽しさが湧き上がっていました

終了の合図でスッキリとしています^^



どうもありがとうございました











無空さんのセッション63回目



無空さん

いつも変わらぬ愛をありがとうございます




青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

無空さんと向き合うと

何が起こっているのでしょうね

そのときに必要なことが起こっています。

そのときに何も起こらないということが必要であれば

何も起こらないということが起こります。


わたしは「在る」だけですとおっしゃいますが

その「在る」はいったいどういうことなんでしょう

「在る」は、「在る」です。

どこまで行っても、「在る」です。

それはただそれ自身において、その純粋でシンプルな

在り方(愛)が貫かれています。

「在る」は、「在る」ことがすべてです。

「在る」は、「在る」ことですべてを為しています。

「在る」は、「在る」ことですべてが達成されていて、

「在る」は、「在る」ことですべてが成就されています。

それ自身の中で、それ自身において、ただそれ自身であることで

すべてが完結しています。

「在る」の中にすべてが在ります。

「在る」がただ「在る」ことで、

気づいている意識でもある「在る」の中で、

その意識の作用(自然本性・愛)として、すべてが自然に現われ、

その中ですべてが展開されています。

(そしてそれは、「在る」が「在る」ことに全く影響を与えず、

「在る」にとっては、何も起こっていないということと同じです。

在るの中では、すべてがただ自然に起こっていて、

そして、何も起こっていないのです。)

その「在る」の中で起こっていることの反映が

現われの世界であるとも言えます。

あるいは、現われの世界は「在る」の中に在り、

「在る」にまるごと包まれていて、

「在る」の中で起こっていることが、そのままそれ(現われの世界)であるとも言えます。

(現われていながら、本当は現れていない。

無限の旅をしながら、実はそこから一歩も出ていない。

絶対安心、絶対安全、絶対大丈夫の中ですべては起こっている。体験されている。)


ただ「在る」ことで、現れの世界の中で必要なことが起こります。

ただ起こります。

ただ自然に起こります。

その自然な起こりは、愛です。

それは、「在る」という均質で、けっして分けることのできない

ひとつであるものの中で起こる

まるごとひとつとしての起こりです。

全体が全体のまま動く全体的な作用、全体的な現象(愛)。

それは、その自然な必要があれば、

それ自身の視点、在り方を正していきます。

それ自身を癒し、溶かし、浄化・純化し、調和し、統合していきます。

その自然な起こりは、

それ自身の本質を思い出させ、

それ自身を無限に体験し、

それ自身を無限に深め、

それ自身を無限に知っていく

それ自身への愛です。


共鳴中に起こることもそれ(愛)です。

在ることは、愛です。

そして、そこ(愛)から起こることもまた愛です。

そこ(愛)から何も起こらないということも愛です。


すべては愛です。

愛がすべてです。


実際に「在る」ことで、それがより分かるようなってくるでしょう。

ただただ「在る」ことで、より深く、よりトータルに、よりシンプルに、

「在る」という愛が分かるようになってくるでしょう。


「在る」という愛は、

存在するすべては、愛そのものである

それだけを思い出させていきます。

無限に思い出させていきます。



幸せとか

幸せでないとかがよく分からなくなってきております

一時的な混乱は、本質をより的確に、より深く認識するためには

よいことでもありますね。

また、マインドの変容が起こってくると、

それまでの幸せの定義も変わってきます。

(より本質的な幸せへと意識が向かうようになってきます。)

もちろん、幸せの定義などというものはないとも言えますし、

人それぞれ違うという言い方もできますが、

変わらない幸せということでしたら、「する」というレベル、

現われの領域ではなく、それは「在る」というところに在ります。

また、その「在る」の立ち位置から、

すべての現われは、「在る」の現われであり、

「在る」そのものであるという一元的な見方(愛の視点)ができれば、

何が幸せで、何が幸せでないかという問題はなくなります。

その視点からは、

すべては「在る」であり、

すべては愛であり、

またそれは、相対的な幸せを超えた絶対的な幸せそのものであり、

それがただ現われの世界に、多様性として様々に現れているだけだ

ということが理解できるようになるでしょう。

すべては、どの視点に立っているか、そのことにより見える世界、

体験する世界、そして、そこからの理解が違ってきます。

それ自身が現れであり、移ろいやすい個人の視点をベースにするのではなく、

すべてを包括し、変わることのない「在る」の視点をベースとし、

その上で、多様な現われを理解できる無限の視点を持てるようになるといいですね。



目の前のことを丁寧にこなしていく

ささやかな喜びを感じています

それだけの毎日になってきております



いえいえ日に数回

もちろん根深いこだわりがあってそれが

あーだこーだと葛藤を引き起こすと

簡単に泣き出すということは起きてはいました。。。

もう二度とそこには落ち込みたくないのです^^



でも

今日は朝からずっと晴れていましたよ^^


さらにもう少し注意深く

気づいているように

また気づくということは

ブログひとつ

コメントひとつにも言えることで

かなり気づいていることを強化した先週の在り方でした


この顕れの世界は多様に織り成し

ユニークで本当に驚き楽しいものだ思います


残りこの地上での人生を悔いなきようにと思う今日この頃です

はい、そのような思いがあるということに、ただ気づいていましょう。

「在る」は、人生を超えています。

「在る」は、すべての存在の無限の人生を貫き、支え、

すべてを包み込み、ただ在ります。

それは、人生の中にあり、人生を悔いなく生きようとする個人を救い、

個人に成就をもたらすものです。

個人を超えること、人生を超えることは、

けっして、個人を、そして、個人の人生をおろそかにするということではありません。

在れば、必然的にその現われである個人は正され、純化され、

人生のクオリティはより高いものとなるでしょう。

地上での人生に悔いなきよう、思いが残らないよう、一瞬、一瞬、在りましょう。


どこかに

その焦りと悔いのようなものを感じています

また今までと違うマインド浮上でしょうか(^0^)

書きながら消えていきます~~~

ありがとうございます


そうですね

今週は

気づきそのものであり続けることをさらに

気をつけるように心がけてみますね

気づきそのものであることがすべてを正し、

その必要があるものすべてを浄化、純化、昇華、統合していきます。







さて

今日の共鳴は

「在る」の愛に開かれていくという感じでした


この神聖さは

この純粋なクリアな感じは

比類なき

ですね

それだけ純粋にクリアに感じ取られている

青さんの本質が、神聖であり、

純粋でクリアそのものです。




初めの共鳴では

中心から

四方八方に三千世界に轟く光という感じでした

少し経つと

す~っと無空さんと私が重なっていました



アイコンタクトでは

慈愛が上から上から降ってきておりました

マリア様のような愛をずっと感じていました

深く深く優しい愛でした


瞑想では

白い天使が見えかけて

強烈に気持ちがよかったのですが

そちらよりも

マインドの浮上に気をとられて

もくもく上がる感情や思考の相手をしてしまいました

強めのマインドが浮上してきたときは、

気をとられるのも自然なことです。

気をとられていたことに気づいたら

また「在る」に戻りましょう。

なかなか戻れるないときは、

ただ気づいて、その場に在りましょう。

そのままで在りましょう。



ハートの共鳴は

大きな大きなエネルギーの流れを感じておりました

深いところでは

愛のエッセンスがありました

今回は、愛をよく感じ取っていらっしゃいましたね。


立場を変えては

爽やかさそのものでした


立場なし・ニュートラルでは

創造主からの愛を受け取っているかのようでした

すでにすべての存在にすべては与えられていますが、

何をどれだけ受け取れるかは、その人次第。

その人の焦点がどこにあるか、どこに注意が向いているか

どれだけ純粋にその焦点、その注意の対象(自分自身も含め)に向いているか、

あるいは、焦点、注意は特定のどこにも向かず、

その理解の深まりにより、自然にただ在れるようになっているか、等によります。

その視点から見て行くと

今回の青さんの在り方は素晴らしかったということが分かりますね。

今回は、愛をたくさん受け取ろうとしていましたでしょうか。

それとも、ただ在っただけだったでしょうか。










その神聖さの

穏やかな海が広がりますように


感謝とともに

ありがとうございました



また来週よろしくお願いいたします












こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

無空







静寂のみなもと




愛は空

空ゆえに

無限

変化自在であり


収束する



愛は空


ゆえに

どこにも行かず


どこからもこない



ここに在るということのみ





気づいている意識






愛は「空」



言葉のない世界




無限に


新鮮

無限に






無限に













合同共鳴ありがとうございました





satorinさん




合同共鳴ありがとうございました


万物すべてに開かれているを感じていました


私というものがどこにも居なければ

すでにそこは開かれており

すでにそこはここにあるんだなあという感じでした




いつも素晴らしい愛の気づきをありがとうございます

















無空さん




あまりにも

あまりにも


純粋な意図

そのもの






合同共鳴ありがとうございました

   

しみっちさん

kamalaさん


合同共鳴お世話になりました

ありがとうございます



愛ですね

「在る」の愛にどっぷりと・・・でした


すいません。。。


あまりに安堵で

起きていられなかったです^^



始まる前は


気づいているそのもので

あまりの神聖さにスッキリとしておりました~~


終了の合図で

眠り込んでいたところから

起きて

マッタリと愛に充満しています^^





おかしな感想ですいません~~^^

共鳴前後しか覚えてません~~^^



ありがとうございました











いのちの喜び







いのちは


いのちだけで


喜んでいるね








自己理解



本当の自分は、愛そのものであるという自己理解、

そして、すべては愛であり、愛以外何も存在しないという実感を伴った真実の理解を

深めていきましょう。

何に焦点を当てているか、それがとても大切です。

愛に焦点を当て続けていきましょう。

そうすれば、すべての体験は愛になります。








~無空さんのセッション44回目より抜粋

平安




この広がる平安の海に


ただ寛ごう









無空さんのセッション62回目

   




青さん

感想ありがとうございました。



無空さん

無空さんって

「はい、いい感じですね」

ぐらいしか言わない^^

もうちょっと言っても

「はい、いいですね

はい、次はアイコンタクトに行きましょう」ぐらい^^

何にも言わない

それでいながら

ものすごいことが起こっているのですね^^

それを

おくびにも出さない

無空さんって


はあ

無空さんですね~~

変な感想ですが

あらためて

無空さんの個人セッションをかえりみておりました。。

わたしはただ在り、その時に必要なことが

ただ起こること(愛)を知っているのと、

本当は、何も起こっていないこと(愛)を知っているだけです。




今日は

セッション中に2回も電話かかってきて

途切れてしまいましたね




聞きなおして

わたしが電話に出て、玄関に行っている間の

無言の録音に

涙が出ました


もちろん、

PC前に戻ってきた時に場が出来ていて

座ったとたん共鳴に戻りましたとお話しましたが


無言で座っておられた

無空さんを思いました。。。

共鳴(愛)は、電話がなっても、席を外されても、

スカイプが切れても、途切れるものではありません。

在る(真我・愛)は、そのように在ります。



熱いです

無空さんの愛は本当に優しくあたたかいです

また

大きな愛です


愛は

本当に

こんなわたしのちっぽけな頭では到底理解しきれるものではありませんが



しかし

一歩

一歩

この歩み

このプロセスを

お話を聞いていただくことで

その愛の深み

またその理解を深めていくことが出来ることは

本当に安心です

この理解を聞いていただけることが本当にありがたく思っております

話すこと、確認できることで、さらに理解は深まり、確かなものになりますね。

それは、在る(愛・真の自己)がより確かなものになる、深みのあるもの、豊かなものなる

ということでもあります。



いつも本当にありがとうございます



今日は

10年ぶりにお会いしたぐらい

久しぶりで

懐かしい無空さんのセッションでした

合同共鳴もそうでした~~^^




愛ですね


愛を

学んでいるのです






無空さんのセッションは

まちがいなく

愛を学んでいるのですね

そうです。



感想が

まとまってないですが



初めの共鳴で

電話に出ていて

帰ってきたら

共鳴のカプセルが出来ていて

座ったとたんに

内側から喜びの噴水が沸き起こり

上からは光のシャワーでした

心地よく満ち満ちていました


このエネルギーが

単にエネルギーではなく

喜びと

愛に感じられることは本当に幸せです

それが、在ることの深まりです。

すでにすべてはそこに在ります。

感じる側、受け取る側がどう在るか、

どう在れるようになっているか、

そのことが大切です。

そこで感じるもの、受け取るものに

違いが出てきます。




アイコンタクトでは

一瞬のうちに

自分が

真後ろに

大きく膨れ上がっていました

同時に

座っている自分の肉体を通して

天と地の間で

ものすごいやり取りが起こっているという感じでした

大きな身体のまま

それを心地よく感じられるのは

「神聖」を以前に感じることがあったので

今回もどれだけやり取りが起ころうともまったく平気になっているかのようでした

まずは、大いなるそれ を知ること。

そうすると、その後で、その中で起こる、あるいは、それを源として起こる

様々なことに翻弄されなくなりますね。





瞑想では

そのエネルギーのやり取りが気になっていましたが

最後のほうは

しっかりと自分自身の中心深くに入っていきました

ポッカリと

その奥は何も無く

しかも爽やかでした

そこはやはり

揺るがぬ安心の平安ですね

そうですね。


合同共鳴の広がる空間も

この深い中心も同じです

不思議ですね

本質は同じですから。

一なるもの(在る・愛)は、そのように無限の在り方で在ります。

広がる空間として

深い中心として

そして、それだけでなく、

狭さ

浅さ

中心からのずれ

としても在りますね。

すべてであるひとつ(在る・愛)は、そのようにすべてとして在ります。





ハートの共鳴は

あまり変化が感じられませんでした


立場を変えては

さらに深いところの愛を掘り返しに行ってた感じです


立場なし・ニュートラルでは

ぶれない軸

揺るがぬ自分自身

「ここ」

愛は

本当に

こうしていても

いろいろと味合わせてくれますね

それが、無限の愛です。


最後の

無空さんのお言葉の

愛はひとつですから

そのように現れているだけですから

とおっしゃるのを聞きながら

胸打ち震え泣いてしまうのは

やはりその愛を学んでいるのですね

はい。



また来週

大きく変容していくようにも思いますが

随時

いろいろと聞いてくださること自体が

本当にありがたく

感謝しております



そのスタンスで

聞き取り

また話をしてくださるのは

全くのニュートラルを本当によくご存知で

またそれそのもので在られるからだと思います

(えらそうにすいません。。そのあり方を本当のところで

わたくし自身も当たり前になれるといいなあって思っております)






その快感をしっかりと感じています

何にも囚われることのないスタンス

いい感じですね~^^といい

なにひとつ

チリひとつ無い感じ


全くの

「在る」

無空さんがそこに居ないのではなく

大いなる存在がそこにおられるのですね

その存在に触れることの出来る

幸せを

心から感謝いたします












今日も

素晴らしい共鳴をありがとうございました

また来週どうぞよろしくお願いいたします












こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

無空









合同共鳴ありがとうございました

   

satorinさん


しみっちさん



お昼の合同共鳴ありがとうございました


フラットですね

すべからく

平等 平和です



この広がり

この平安を知るわたしたちは本当に幸せですね


ありがとうございます














合同共鳴ありがとうございました



しみっちさん

rubyさん



合同共鳴ありがとうございました


なんとも

爽快さと

聡明感あふれる

清楚な光溢れる空間で

のびのびと

ゆるやかに

満ち足りてくるから始まりました~~




静けさのなかで


チリーンチリーンと愛が響いているようでした






^^








ゼロ意識

  

 2014_525071357527239_1996943877_n.jpg




ゼロ意識

愛そのもの














愛によって




images666.jpg




あまりに

近すぎて

観ることが叶わないほどの


存在しているという感じ



「在る」は

すでに

すべてを

受け入れていて

認めていた

そうでなければ

いかにして

われわれは

ココに存在しているのでしょうか






無空さんのセッション61回目








青さん

感想ありがとうございました。



無空さん

楽しかった~~~~~

楽しい楽しいセッションでした

ありがとうございました


いったい

いったい

今日の体験は

今日の共鳴はどうだったのでしょう


素直

とお話いただきました


はい

素直な青でした


こんなこと今まで無かったかもしれないです


こんな

真っ直ぐに

受けることが出来ることを

心から感謝いたします

大きなこだわりが落ちた結果ですね。

とても自然体でよかったですね。




最後の

立場なし・ニュートラルでは



神聖な一撃が起こりました

ただただ

「神聖」が

貫き響いておりました

すごいです

驚いていました

これが無空さんのセッションなのだと思いました

それは、青さんが変わったからですね。

わたしは、ただ在るだけですが、

青さんの大きなこだわりが落ち、

受け取れるものの質が変わってきましたね。

すごいものを受けられましたね。

無限の真我から、どれだけのものを受け取れるか、

どれだけのものを引き出せるかは、

皆さん次第です。

皆さんが、どう在るか、それ次第です。

真我は、すべて、そして、それ以上を用意しています。




またまた

後先になってしまいましたが


始めの共鳴では

ポッカリと

いのちの泉が

湧き上がり

トルネードのようにここ

この部屋、この家全体に包まれて共鳴しておりました

全体が共鳴場となっていましたね。



正しい

素直とお話いただきました


アイコンタクトでは

完全に目は内側を向いていました

真っ白です

無空さんも真っ白でまぶしかったです


瞑想では

爽快感で内側に入っていきました

その爽快感のまま

さらに内側へと引き込まれるように入っていきました

そこは本当のわたし自身です

はい。



ハートの共鳴では

さらに緩んで

たおやかに自由でした

ゆったりと~

ゆったりとしています

本当の自分、真の自己、

自分自身であることができているときは、

本当に自由で、ゆったりできますね。




立場を変えては

久しぶりに

いのちの味わい

ダイレクトでした~~~

愛のエッセンス

甘い一滴でした

強烈です

素直だと、まっすぐに、トータルに

純度100%の強烈さで受け取れますね。








無空さん


前回のご返信で


そこからが、ゼロ意識共鳴の真骨頂です

と頂きました


ありがとうございます

ここからですね


本当に

はい。




これから

どうぞよろしくお願いいたします



ありがとうございました










PS




新しいブログは

~LIFE~

いのちの喜び




こちらに

今までの

無空さんとのセッション、合同共鳴の感想

真我からの閃き~~などを書いていきたいと思います



今までの「空と青のブログ」の方は

日常生活メインでいきます

すいません

ちょっと気分的に分けて書いていきたいと思っております

お立ち寄りの皆様

気まぐれな青のブログにお付き合い頂いております

いつもありがとうございます~~

これからもどうぞよろしくお願いいたします(ペコリ)



無空さん

いつもあたたかく見守っていただきありがとうございます

これからもどうぞよろしくお願いいたします






こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

無空











無空さんのセッション60回目





青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

セッションをありがとうございました

大きなこだわりがとれて

気づいている意識が

寸分離れず自分自身、それそのものと

日常が豊かでおおらかなものと映し出されております

とてもいいですね。


この気づいている意識は

いのちそのもので

その優しさは

そのまわりを柔らかく包みながら

その親切さにはいつも涙が出てくるのです


心のそこから

この人生を楽しみに生きていく

そのことを選んでいくことが出来ることに

感謝です

選んでいく(個)という立ち位置、認識と同時に、

必然(全体)・自然・ただそうであるという立ち位置、

認識が今はありますね。

個と全体の統合が進んできて、とてもいい感じですね。



共鳴は

話しているときも

話していなくても

その意識だと思うのです

そうですね。

ですから、共鳴が大事である、と言い方ではなく、

どう在るかが大事である、と言っています。

それに尽きると言ってもいいですね。

そこが究極であり、真髄とも言えます。



今在ることがすべて

そのままの響きと

共鳴が無くなることは

あるのでしょうか?

かたやまさんの記事にすこし驚いております

かたやまさんの理解も深まってきています。

今、どんどん進み、開かれていってるプロセスの途上

というところでしょうね。

その過程で、さらなるマインドの純化、成熟、

立ち位置のシフト、主体がより真我へと移行していくと

さらに素晴らしいですね。

これからも、引き続き、真実に誠実で、真摯に在れば、

それ(真実)はすべてですので、さらにトータルな視点から

見たり、表現したりできるようになっていくでしょう。

様々な視点からの理解等が統合、整理され、

表現することにより与える全体への影響などにも

より意識が行き届き、配慮されたものとなっていくでしょう。



共鳴は

何か真我に在るためのメソッドでもあるのでしょうね

そうであれば

真我そのもので在る世界が全世界実現すれば

そのメソッドの必要性はなくなるでしょうね

それが、共鳴のひとつの側面とも言えますね。

でもそれは、ある意味、共鳴の表面的なレベル、

ほんの一部に過ぎないと言うことができます。


しかしその深さは無限です

そのように感じております

この無限の深さを楽しみたいと思います

まさにそのとおりです。

無空庵のブログを読み続けられ、

そして、セッションで、そして日常で、その本質に触れ、

また、表層的なところから深遠な領域まで、

様々なレベルの理解が整理、統合されてきているのなら、

共鳴、そして、無空庵でいうゼロ意識共鳴とは、

どのようなものかがよく見え、よく分かるはずです。

感想などではほとんど登場されませんが、

無空庵でセッションを受けられている方の中で、

とても成熟されていて、素晴らしく自然体であるお一人の方からは、

これ(ゼロ意識共鳴)は、1000年、2000年続くものだから、

(ご自身がセッションの提供をはじめるのに)急ぐ必要はない

というような言葉が起こってきていました。


起こってくる言葉で、

または、その響き具合で、

その方がどのくらい本質、真髄を捉えているかが分かります。

普遍的なもの、本質は、消えて無くなることはありません。

共鳴をどのようなレベルで捉え、理解しているか、

それにより、見える世界、感じられる世界、生きられる世界が

違ってきます。

これも無限の在り方、無限の理解、無限の多様性を許している真我の愛ですね。

それで自然(愛)です。

ですから、現われのレベルは、「それぞれ」 でいいんです。

すべてである真我はすべてを応援し、それぞれが進みたい方向、

それぞれが開かれていく方向、そのすべてを同等にサポートしています。

真我のサポートは、全方向へのサポートです。

(もちろん、必要なときには、「正す」ということも起こります。)


相違は、現われの世界にあります。

無くなる、無くならないも、そうですね。

本質、真髄は、そこをはるかに超えています。

そこに在ること、それであることが大切です。

そうすると、無くなる、無くならない、という現われのレベルの話しに、

翻弄されなくなってきます。


さて、共鳴の本質、真髄はどこに在るでしょう。

それはやはり、現われのレベルを超えたところに在ります。

それは、青さんが書かれてある「意識」、「気づいている意識」のレベルにあり、

それは、気づいている意識そのものです。


では、「共鳴の本質は、気づいている意識(真我・愛・生命)そのものである」という視点から

少し見ていってみましょう。

真我、唯一の実在、存在そのものがそれ自身に気づく、(気づいている)

この「気づく」という動き、

ただひとつものである真我における自分自身への距離ゼロの動き無き動き、

不動の動き、

(それは、「ただ在る」ということでもありますが。)

ゆらぎ(ゆらぎ無きゆらぎ)、

あるいは、凹凸ゼロの波(平ら。それがすべての波を含んでいます。)、

無音の響き(無限の響き)、響き無き響きが、ゼロの共鳴です。

それを「原初の共鳴」という言い方もできるかもしれませんね。


原初のゼロ共鳴。

それは、そこからの現われるすべてのレベルの共鳴を含み、

それ自身の中に、

ゼロという形無き形の中に、

それらすべての共鳴を内在させています。

そしてそこが、無空庵で言うゼロ意識共鳴のレベルであり、

そこに、ゼロ意識共鳴の核があります。

それは、気づきに気づいている共鳴、

ただ在ることの共鳴、

ただ自分自身(真我・真の自己・愛そのもの)であることの共鳴、

そのままであること、

在るがままであることの共鳴であり、

それを、共に在ることで強力に活性化するのが、

ゼロ意識共鳴です。


ひとりで真我に焦点を当てるよりも、現れた二人が共に在るとき、

真我のゼロレベル、形無き形、響き無き響きのレベルで響き合うとき、

その感覚は増大し、それ(真我)自身をより強く感じられます。

(ネットの辞書などで、「共鳴」という言葉を調べてみても、

「振動体や電気振動回路などに固有振動数と等しい振動を外部から加えたとき、

大きい振幅で振動すること。」とあります。

同じゼロ振動のレベルで共に響き合うことで、それは互いに増大、増幅されます。)

ゼロ意識共鳴は、真我の自然本性による無限の深まり、無限の広がりを

より強力に推進していくものということができます。


源から現われまで、無限の層があり、様々なレベルでの共鳴があります。

単に共鳴と言っても、どのレベルでの共鳴か、どこに注意が向けられた共鳴か、

理解がどこまで及んでいるのか等によって、それぞれの響きが違ってきます。

ですから、どう在るか、どこに注意が向いているか、

主体が個人(マインド)ではなく、真我(愛)であるか(ただ気づいているか)、

真我である在り方、その理解がどこまで深まっているか、

存在全体として統合されているかどうか、などが重要であるとお伝えしています。



それから、無空庵ブログの方に、何度も書いていますが、

ゼロ意識共鳴は、真我の真我による真我のための共鳴です。

それは、それ自身の自然本性により起こっているもの。

そこには、無限の深まり、無限の広がり、無限の継続性があります。

それ(真我)は、それ自身に気づいて終わり、それ自身を自覚して終わりではありません。

もしそうであるならば、現われの世界、多様性のある世界はとっくに終わっているはずです。

でも、創造は続き、世界は続いています。

(別の視点からは、世界はなく、真我だけがあるとも言えますし、

世界ははじめからない、と同時に、世界は無限に続いていく、とも言えます。)

真我は、その多様な現われの世界を通し、自分自身に気づくことができ、

自分自身を体験することができます。

そして、それだけでなく、現われの世界を通し、言い方を変えれば、大きな意味での共鳴を通し、

真我は、無限にそれ自身への気づきを深め、広げていくことができます。


セッションを受けられている方々はすでにお分かりのように、

本質(真我)に気づいてもそれはスタートに過ぎません。

そのことは、禅の方ではずっと前から悟後の修行ということで言われたきました。

真我に気づいてから成熟していくプロセス、

真我の純粋性により、不要なこだわりやパターン等が落ちるよう

マインドを純化していくプロセスが必要です。

個人から真我へと主体がシフトしていく流れ、

そして、存在全体が統合されていくプロセスがあります。


真我が主体として確立して、ある意味はじめて、

それは個人利用されるものでなく、そこから真のゼロ意識共鳴が始まります。

そこからが、ゼロ意識共鳴の真骨頂です。

終わるのは、主体としてある個人の立場であり、

そこで共鳴が無くなるとすれば、それは個人・マインドに必要な共鳴です。

青さんがブログで書かれた真我と真我の響き愛が、恒常的に始まるのはそこからです。

理解が深まっても、巧妙なマインドはしぶとく、根強く残っています。

より微細になればなるほど、本人が気づかないような微細がマインドが働き始めます。

真髄に触れたとしても、真実は広大無辺、無限です。

そこにスポット的に触れて、それがすべてだとするのは早計です。

(もちろん、触れた一点一点がすべてであり、そこにすべてがあるとも言えるのですが。)

また、深いレベルを知ったとしても、主体が個人であることが多かったり、

個人と真我の間を行ったり来たりしているような段階、

特に、そのことに気づいていない段階では、

真我が主体であるときは、純粋で素晴らしい響きがありますが、

まだ存在全体としての統合がなされておらず、ひとつひとつの視点、理解も不安定、

次々と変わって行ったり、様々のレベルについての理解も、整理、統合されておらず、

混濁しています。

真摯な姿勢での悟後の修行の継続がとても大切です。

真実に対しての誠実で、真摯な姿勢があれば、

その混濁は、純化、統合、整理されていきます。

姿勢、在り方、どう在るかが最も重要です。



さて

共鳴の感想ですが

立場を変えてのときに

とても深く

真実はこれほどまでに美しく深いという

感想でしたが

これを書きながら

蘇っております

前後しますが

最後の立ち場なし・ニュートラルは

次々と細胞分裂を繰り返すように

創造が行われている

ものすごいスピードで構築されていく

活動を感じていました


すべては

 毎瞬更新されていますね

相変わらずの

感覚的な感想ですいません

いえ、素晴らしい共鳴でしたね。



始めの共鳴

アイコンタクト

ハートの共鳴は

ちょっと思い出せません



録音を聞き返すと

また再び新しいものと

心の中で響き喜びが広がります






いつも

本当に我慢強く見守ってくださり

感謝しております

自分勝手で

一方的なものの見方しか出来ておりません

そのことで

苦しみが起こっていたのだなと

少しは緩んできたところです


これからも

どうぞよろしくお願いいたします





2013年

良いお年をお迎えくださいね












ありがとうございました。

青さんも、良いお年をお迎えください。

無空













ゼロ意識共鳴

原初のゼロ共鳴。

それは、そこからの現われるすべてのレベルの共鳴を含み、

それ自身の中に、

ゼロという形無き形の中に、

それらすべての共鳴を内在させています。

そしてそこが、無空庵で言うゼロ意識共鳴のレベルであり、

そこに、ゼロ意識共鳴の核があります。

それは、気づきに気づいている共鳴、

ただ在ることの共鳴、

ただ自分自身(真我・真の自己・愛そのもの)であることの共鳴、

そのままであること、

在るがままであることの共鳴であり、

それを、共に在ることで強力に活性化するのが、

ゼロ意識共鳴です。




瞬間





毎瞬

毎瞬を

大切に

ただ気づいていよう






いのちの泉






この

滾々と沸き立つ泉

この悦びは

永遠の恍惚




それが服着て

歩いてる




初心




わたしは誰でしょう


誰でもなく

わたし


シンプルに


生きている











481869_512210208813354_1642339388_n.jpg




このうちなる

永遠の美

それを見つめることの出来る人は幸いです


そのことに

気がついた人は

最高の幸せものです


なぜなら

この宇宙には

この永遠の美が

ありとあらゆるところに

広がっており

またそれを

愛でることが許されているからです








2013年



75933_519328274768214_44781318_n.jpg



ここまで新しい

この夜明けは

どこまでも











お昼の合同共鳴ありがとうございました


satorinさん



あけましておめでとうございます

昨年中は本当にお世話になりました~~

今年もどうぞよろしくお願いいたします


濃厚な愛でした

背中がホカホカと温泉につかっているようになっていました

気もちいいなあって~~

内側から広がる濃厚さ

次第に溶けていきました

外の雪がせっせと降り続いています

音のない世界です

先日お参りした釈迦如来を思い出しておりました

お釈迦さまもここにという感じでした

無空さんもここに

satorinさんもここに

みんなここに

愛でした


本当に濃厚な愛でした




ありがとうございました












輝ける2013年合同共鳴ありがとうございました

しみっちさん

satorinさん



輝ける2013年
合同共鳴ありがとうございました

この静けさは何だろう
表現が出来ないなあ~から始まりました^^



アイコンタクトでは
いきなり
ビジョンでした
煌く空間ここは宇宙船の中と言われても
そうだろうなあ~て思っていました
その後
ものすごいマインドでした
夢を見ました
すべて画像でマインドでした

ハートの共鳴は
ふたたび
静けさに戻りました
ポッカリと
いのちの喜びです
聖なる空間です

最後の共鳴は
しみっちさんと
satorinさんが大きくクローズアップされて
力強さと
たおやかな愛を感じておりました
その後

いきなり
座ったまま爆睡しました


終了の合図で
びっくり
起きました~~


はああ
楽しかった~^^


今年もどうぞよろしくお願いいたします


大晦日合同共鳴ありがとうございました





しみっちさん

大晦日合同共鳴をありがとうございました

しみっちさんの1年のご挨拶をうかがっていたら
もう感激で涙がジャアジャアでした。。。

この感激は
この1年の感激でした

そしてまた新しい年明けの感激でした。。。

共鳴は

深まるほどにポッカリと広がる空間が

いかようにも華やかに
またこれ以上ないほどの静けさでありました

何度も
しみっちさんの力強い愛を感じておりました
また

皆さんの
愛溢れる笑顔が広がっておりました
合同共鳴
本当にありがとうございました

2013年もどうぞよろしくお願いいたします







sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle