無空さんのセッション90回目



無空さん

ご返信をありがとうございます



無空さんが

そこにおられること

そしてご縁を頂いたこと

心から

心から

感謝いたしております


心に沁みて

今在ることがすべて愛おしく

嬉しいです







ありがとうございます



青さん

感想ありがとうございました。



無空さん


これを愛と感じることができる

そのことを心から嬉しく想います

この愛は

しまださんも同じですね^^

そうですね^^

しまださんのヒーリングも何度か受けられたことがある青さんでしたら、

それがよくお分かりですね。



先週一週間は南の島へ行ってました~~~

本当によかったです(^0^)

私は島でした

在るが在るところ、すべてそれそのものですね。


しかし

共鳴の時に感じたことは

その島はこの意識の先に現れているという感覚です

この地上、この地球もそうなんですね^^

この意識が先に在るという感じです

それはすべての源、

すべてに先立つものと言えますね。

(それは、源と現れという視点からは、そのように捉え、

感じることができます。

また、色即是空、空即是色、即それ、すべてはそれという視点からは

後先という順番はなく、すべては同時に━ひとつであるものとして━存在している

と言うこともできます。)


自然は本当に大きかったですが

無空さん

わたし

この人と人という大自然は計り知れないという感じでした

全く全くその通りです。

深き癒しの源である私たちでした

それは無限そのものですね。



さて

始めの共鳴では

静けさ

いのち深い瞑想状態に入っていました

いくらか島の風景が流れていきました

共に過ごしていた友人のことを思い出していました


アイコンタクトは

無空さんの前に座っているのは

わたし青ではなく

その友人である彼女でした

そのまま深く愛を感じていました

必要なことが起こっていますね。

それはまた、青さんがただ在り、透明だからこそ

起こったことであるとも言えますね。


瞑想は

島の映像がハッキリと見えていました

そして

先に書いた感想です

大いなる意識の現われである自然、島。

癒し源泉であるこのいのちの私たちという感覚です

素晴らしいですね。

先に書いた、すべてはそれという視点には、

その視点からの素晴らしい味わい、感覚がありますが、

もうひとつ、「すべてはそれ」を、源と現れ(現れた源)という流れ、

動き、その関係性から見た視点にも、その視点から生まれる

独特の味わい、本当に素晴らしい感覚がたくさんありますね。

そのように、無限そのものである在るには、無限の視点が存在しており、

それぞれの視点に、その視点から見ることによって、自動的に生まれる世界、

自然に創造され、認識される世界があり、それぞれの世界には、

それぞれの世界特有の法則や世界観、景色、素晴らしき味わい、感覚等があります。

日頃から、どう在るか(ただ在るかどうか、愛であるかどうか、

自然であるかどうか、シンプルであるかどうか、トータルであるかどうか等)、

何ものであるか(自己理解、自覚、自己認識)、あるいは、何ものでもないもの(それ)

であるかどうか(自己理解、自覚、自己認識)、

どの立ち位置、どの視点であるかどうか等が大切であるということをお伝えしていますが、

(自己理解がそのまま立ち位置、視点を決めます。

無限そのものという自己理解があれば、無限の視点を持つことができます。

無限の視点を持つことができれば、無限の世界、無限の認識、無限の体験を

楽しむことができ━楽しむ者・楽しむ個人はいません━、

また、他の現れているすべての存在の視点をも、肯定、許容、受容、理解することが

できます(その上で、全体の必要性、自然な流れ、あるいは、全体の遊びにより、

否定、拒否、拒絶等が起こることさえも自由)。

無限の視点が持てるようになることで、存在全体の安定感、余裕、平和、自由、

自然さ、純度、あるがままそのまま度等は、計り知れないものとなります。)

それにより、“自動的に”創造される世界、あるいは、見える世界、体験される世界、

感じられる世界が変わってきます。

在り方が、そのままどのような世界に住むのか(在るの視点からは住む者はいませんが)、

どのような世界に生きるのか(生きる者もいませんが。)、

その体験、認識、味わいを決定します。

それそのものであるかどうかが、

『それ(真我・愛・在る・生命そのもの・純粋な意識・真・善・美)』が

生きられる(実現される)のを実感し、

体験されるのかどうかを決定します。






ハートの共鳴では

愛です(^0^)

(^0^)



立場を代えては

目を閉じました(が起こりました)

黄金の光がまぶしく

それは

過去に出会った人

これから出会う人すべての本質でした

本質は、そのように尊いものですね。


立場なし・ニュートラルは

その感動

その震える中にさらに深く入っていきましたが

すっと

素にもどっていました

それが自然体ですね(^0^)

そうですね。

どのような素晴らしい体験をしても、

いつもそこに自然に戻れるようになっていることが

大切ですね。

そこはいつも正しい。

正常です。

それが素であり、いつでも戻ってくる巣、住処、在り処でもあります。

そこには、何の立場もなく、自然体、

そこでは、ただひとつであるそれそのものとして在り、

そうあることで、自ずと全体のバランスがとれ、歪みやズレ等があれば、それは正され、

必要以上の重さを感じていれば軽やかになり、

複雑さがあればシンプルになり、

純度が落ちていれば、純粋さが回復されます。

そこは、無限の可能性そのもので満ち満ちたゼロの場。

そこは、それ自身、そして、それ自身であるすべてに対して、ニュートラルです。






どうもありがとうござました










ありがとうございました。

無空












スポンサーサイト

合同共鳴ありがとうございました






satorinさん

しみっちさん


合同共鳴ありがとうございました



今日は

先ほど無空さんのセッションを終えてすぐでした~~


合同共鳴では

さらに深くほとんど起きているのかいないのか~~

このリラックスはすごかったです

皆様の存在に心から感謝いたします

また

この合同共鳴の存在に心から感謝いたします


無空さんは(この合同今日共鳴を)サポート的とおっしゃいましたが

いやあああすごいですよね


わたしは

リアル合同を知りませんが

集まっての集中というのはやはりそれだけのことがあるのでしょう~~って感じておりました



広がる愛は

濃厚に

それでいて軽やかに

はずみ躍動して

また静まり

その静けさは

森林奥深い泉のほとり

秘のほとり






すがすがしく





どうもありがとうございました


















合同共鳴ありがとうございました



しみっちさん

rubyさん


いつもありがとうございます

今日は仕事から帰ってきて

全く忘れておりました~~~

なんとなくパソコンを開けてみなさんのブログを覗いていて

やっと気がつきました~~


大急ぎで

スカイプを開けて

どうしようかな~~って(^0^)

でもしみっちさんに繋げてもらったら


ううううん~~~ぐぐっとホームに引き入れて頂きました

愛の海にドボ~~ンでした


不思議ですね

この愛に光が差し込むような感じでしょうか

ポッと暖かい日差しを楽しんでおりましたよ

ありがとうございました












無空さんのセッション89回目





青さん

感想ありがとうございました。



無空さん

先ほどはどうもありがとうございました



毎週

セッションの日が本当に新鮮に楽しみです

2週にわたりいつもの金曜日から移動しての時間帯は

本当に楽しかったです^^

新鮮さを楽しめるのは、今そのものでもある在るならではです。


さて

今日は2度もパソコンが突然消えてしまうというアクシデント~~

すいませんでした。。。


なのに

全く動かない心ですね

これを不動心というのでしょうか~~^^

はい。

シャバアーサナでしたねという無空さんのお言葉が

うふふ~~でした

さて

今回は録音も不具合で出来ておらず

急いで記憶をたどりますが


最初の共鳴は・・・・・

アイコンタクトは・・・・(覚えておりません。。。すいません)

瞑想はいのちの味わいのなか切なさと満ち足りているは同じ・・・・とても微妙な

味わいでございました^^

よくクリアに、そして、トータルに感じ取られましたね。


ハートの共鳴は優しさ

立場を変えては

この一週間でまた青自身

一皮むけたというか感覚が大きく変わってきており

その感覚とは満ち足りているのですが

いのちの味わいもありながら

どこまでも突き抜けて静かなのです

素晴らしいですね。



立場なし・ニュートラルは

さらにそこに

神聖さと生命力のようなものを感じておりました

宇宙はすべてです(^0^)

そうですね(^0^)




んんん

どこかで大自然と話したような記憶が~~

アイコンタクトのときですね。




明日から屋久島へ行きます

屋久島の大自然は

ここ

私の大自然でもあり

この空間も屋久島の空間も

同時にここなのです(^0^)


はい(^0^)




どこまでも広がる

大自然の空間

風(愛)を感じておりました




おもしろいですね

共鳴って不思議ですね(^0^)

存在の妙、楽しんでください(^0^)




また来週

どうぞよろしくお願いいたします

こちらこそよろしくお願い致します。




PS

前半お話しておりました

旧友の身内以上に身内という感覚で

勘違いをしてしまいそうとお話しましたのは恋愛感情のようなものです

しかし、一方かぎりなく無償の愛を見ております


今日の共鳴の微妙な味わいのなかにも含まれており

その認識は

このいのちを深く理解していくことでもあります

そうですね。

切なさ(求める気持ち)と満ち足りているは表裏一体と思いましたが

このいのちの味わいというものは

本当に深く深く

味わい深いものです





どうもありがとうございました










ありがとうございました。

無空











人生




人生万事



自身が深く納得し

晴れ渡り

満ち足りればそれでいいのです





さて

その


取説ともいうべき

「在る」の理解は

理解という名の

人生そのもの









無空さんのセッション88回目











青さん

感想ありがとうございました。



無空さん

爽やかに

朝のセッションをありがとうございました


いつも

いろいろとお話を聞いていただきました

振り返り

裏も表も

ひっくり返して

どこまでも(汗)

そのお話が

青のここまでの成熟を物語っておりますね



本当に

この1年数ヶ月のセッションの価値

重みを感じております


本当にありがとうございました

青さんの真剣さ、真実(愛)に対する絶対にゆずれないという思い(愛)が、

ここまで青さんを導いてきましたね。





最後のニュートラルの共鳴は

「在る」

どこまでも「在る」でした

それが唯一の実在の

唯一の在り方です。






さて、始めの共鳴は

いきなり

20数年前までの青の集中していたポイントに立っておりました

そこは

根深い欲求不満のところでもあり

肉体的には痛くなる横隔膜のところでもあったのです

切なさと悲しみと

表現をどこまでも尽きないほどのエネルギーが巻き上がっているところでもあったのです

ものすごい勢いで回転し吹き上がるエネルギーの中に立っていましたと

お話しました


懐かしく

あとは言葉には変えられない。。。何かがそこにありました

大きなひとつの流れの中で、必要なことが起こっていましたね。


アイコンタクトは

届きそうで届かない愛

もどかしさを感じておりました


瞑想は

ハイ

(愛の煌きの中に)


ハートの共鳴は

愛のウエーブ

立場を変えて

とてつもなく強かったです


今日は

昔の仲間との懐かしい再会が待っていて

かれらもまた

とてもパワフルな方々なので

大きく

後ろに背負いながらのセッションだったような感じでした


どんな感じでしたか?のお言葉に

思わず

「どんな感じでしたか?」と聞いてしまいましたね(^0^)

巻き込まれている風ではないとのお言葉でした

味わいは

濃厚なまでに

味わい深くしかも軽やかで

ちょっと表現しようがなかったのです




立場なし・ニュートラルでは

とても強い

「在る」

「善」でした~~

在るは、真・善・美。

その「善」は、全。

相対するものなき全。

全きものそのもの。

「全」は、善。

すべてよし。






今日もすばらしい共鳴をありがとうございました

こちらこそありがとうございました。


引き続いてのスカイプ合同共鳴もさらに

クリアになっていったようです

何度も引き剥がされたような感覚がありました

よかったですね。

スカイプ合同共鳴は、セッションのフォローということで

行っていますので、よい感じですね。





新鮮な気もちで

また

新たにスカイプの前に座ります

また

来週どうぞよろしくお願いいたします

こちらこそよろしくお願い致します。



では

行ってまいります^^







どうもありがとうございました











ありがとうございました。

無空

















合同共鳴ありがとうございました



satorinさん


いつもありがとうございます


今日は
無空さんのセッション後の合同共鳴でした^^

お会いしたことないのに
好きだな~~satorinさん~~から始まりましたよ

自然体の青はどこにあるって
ちょっと停滞気味の今日この頃だったんです

satorinさんの自然体は大好きです
今朝、彦(犬)の散歩の時も思っていました。。

あ、こんなところで愛の告白してますね


さて、初めの共鳴は流れていきました
アイコンタクトは抜けていきました
ハートの共鳴は会いたかったと泣き出しました
最後にみんなで共鳴は
この穏やかな海で~~
でした

今日は引き続いての共鳴でした
意識が次々と引き剥がされていくかのように
カーテンがめくられていくような
新しさがめくられていきました~~


どうもありがとうございました










合同共鳴ありがとうございました




ここが

ホーム


いのちの愛を思う存分


深いご縁を感謝いたします














しみっちさん

satorinさん

お世話になりました

ありがとうございます


愛でした~~~

始めの共鳴ではいのちの愛で「ひとつ」でした

どこにも境界線のない

深い

深いいのちの愛に潜っていくようでした

静寂です

アイコンタクトは清浄な光

ハートの共鳴は「在る」の愛

最後にみんなで共鳴は

愛でした~~~~(^0^)






今日もすばらしい合同共鳴でした

どうもありがとうございました





無空さんのセッション87回目




無空さん

ご返信をありがとうございます



真我の視点である、今にすべてがある(今がすべてである)という理解からは、
今、この瞬間あるものすべて(全体まるごと)への完全な受容と調和、
あるいは肯定、あるいは、ただ気づいていること(愛)が大切です。




この視点から

外れている時は

本当にまったく

いつもの命の愛の味わいは感じておりませんね^^


どこか

過去や未来に焦点が移っているのかもしれません


そして

苦しいです

今の現実から逃げたい一心のようです





























青さん

感想ありがとうございました。


無空さん


人生の悩みを聞いていただきありがとうございました





ここにきて

「自然体で生きる」

青の自然体はどんな風なのだろう。。。

ひとつの視点からは、それぞれの方のそれぞれのプロセスに、
そのときそのときの真実があるように、
自然体というのも、それぞれの方のそれぞれのプロセスに、
そのときそのときの自然体があると言うことができますね。
それは、「あるがまま」とも同じことです。

真我を知らない状態でのあるがまま・自然体もあるでしょうし、
真我を知っても、まだ個人が主体で、そこからさらにクリアになっていけば、
落ちていくものがたくさんあるという状態もあるでしょうし、
存在全体がクリアになり、すべてが統合され、ある意味、真のあるがまま、
真の自然体が実現された状態もあるでしょう。

将来的に、このようになりたい、というようなものがあってもよろしいですが、
真我の視点である、今にすべてがある(今がすべてである)という理解からは、
今、この瞬間あるものすべて(全体まるごと)への完全な受容と調和、
あるいは肯定、あるいは、ただ気づいていること(愛)が大切です。

(必要があれば、その次の瞬間、何か行動が起こったり、時には抵抗や否定が
起こったり、ということはあるでしょう。
そして、抵抗が起こること、否定が起こることも、肯定しましょう。
ただ気づいて在りましょう。)

そのような在り方が次の瞬間への自然な橋渡しになり、自然な流れを生み出します。
落ちていくものは落ちていき、変容するものは変容し、変わらないものは変わらないでしょう。
あるがままです。


自分自身が生きるということは

いったいどういった状態なのだろう

お話をしながら

すぐに出る答えではないなあ~って思っていました

これを考えているのは、個人ですね。

(その背後、あるいは、核には真我がありますが。)

~の自然体、~が生きる、答えを求める者。

それはもちろんよい悪いではなく、今の自然体、今のあるがままですね。

今はそうである(愛)と気づいていることが大切です。




たしかに

深く生きることの本質を知ってきてはおります。。。

しかし

そのことと

今の日常生活が時々大きくずれているのか

それはずいぶん以前から

危機感として感じ続けていたものでしたが



無空さんの個人セッションが始まってから

次々と明らかになってきていた自分自身の感情やら

願いやら。。。


それらは精査されていきました

要らないものは落ちいきながら

日常はどのようにも変えていくことも出来るようにも思うのです

パートに出るといったことや

何か活動することや

自分自身がやりたいことをやりつづけていくことです

その中で、さらなるマインドの純化、成熟も起こっていくでしょう。

大きな視点から言えば、それは真我がやりたいことと見ることもできますね。



青は

本当に

自分勝手で

傲慢ものです




自分自身の生きたい

その魂の求めていたものは

一体なんだったのだろうかという思いです

愛そのものとして在ることを繰り返していけば、

それはさらに精査され、クリアになっていくでしょう。




またもや

共鳴で

いのちその

本質を知って

さらに

出てくる問いなのです

その問いが出てこなくなるとき、

ひとつの成熟の状態と言えるかもしれません。

それは出てくるうちは出てきます。

出てこなくなるまでただ出てきます。

そして、いつか出てこなくなるでしょう。




生きている

その現実は

尽きない探求の道でもあるのでしょうか

視点によりそうとも言えますが、

マインドの成熟はあります。

マインドの探求が終わることはあります。

真我それ自身が自分自身を無限に知っていくという

プロセスは、その本性により続いていく、ということが言えます。

マインドの探求は(その一番奥では、もちろん真我が働いていますが)、

ある意味、満ちていない状態での探求ですが、

真我それ自身の探求(無限であり、未知そのものでもある自分自身を無限に知っていくという意味で)は、

満ちたままでの探求です。

これでいいという状態でありながら、ただ自然にそれが起こっていく、

それ自身が知られていく、未知なる素晴らしきそれが自然に開かれていくという在り方です。




愛そのものが

答えそのものをいつも

連れてきていますよね

そうですね。

そして、それそのものがすでに答えとも言えますね。

愛(生命・真我・在る)そのものであること。

そこから「生きる」は自然に起こっていきます。

いのちそのものであること。

そうすれば、青さんがいつも言われるいのちの味わいは自然に味わわれます。

愛と言われる生命、

生命と言われる愛、

それだけがあります。




無空さんに

言われてみれば

幸せそのものである+家族のピカピカ


って最強ですね^^




しかしながら

常に誰かの期待をおいながら

自分自身の願いよりも

親や周りの見えないものの価値観などに左右されてここまで

生きてきました

前述したように、そのときに起こっていたことは、

個人の願いではなかったかもしれませんが、大きな視点からは、

個人にとって完璧で、個人にとって必要なものだったということも

言えるかもしれません。

(ただ、状況によりとてもそうだとは思えないような状況もあるでしょう。

ですから、個人を超えていくことが必要です。

個人を超えた視点から見ることができるようになることが、個人を救います。)



そこから離れた時に

本来の自分自身は

どう在りたかったのか


いえ

それも含めて

このようにここまできているのですが

これから先は

この本質を生きることを

どう表現していけるか

という根深い欲求不満です

そうですね。

何か根深いものがあるのかもしれませんね。

でも、大丈夫です。

愛そのものであれば、それは自然に表現されていくでしょう。

(主体・立ち位置が個人ではなく、愛の立ち位置に在れば、“表現していく”ではなく、

“表現されていく”、“表現が起こっていく”という表現になりますね。)

そして、その本質である愛が表現されていることに対して、

決して個人も不満ではないでしょう。










流れのなかで


起きて来ることは起きてきますよね

必要なら起きてきますという

以前聞いた通りだと思っています





なので

「ただそうである

あるがまま」という

無空さんの言葉を

深く

胸にしまって観てみます

はい。









さて

始めの共鳴は

「自分自身への感謝」と

心の中で唱え続けておりました

その感謝という言葉が

広がり爽やかな感じでありました

とてもいいですね。

まずは、自分自身です。

そして、そこから自然(自分自身の現れ)に周囲へと広がっていきます。





アイコンタクトは

深くリラックスしてスッカラカンでした


瞑想は

さらにさらに深くいのちでした

いのちの愛にひとつ



突然画像がスッキリとして

無空さんが映っていました

はじめに話されていたものが

ある程度クリアになったということかもしれませんね。



ハートの共鳴は曇り一つない


立場を変えては

まぶしく

懐かしく光だけ

私たちは光です

気づきの光、存在の光ですね。


立場なし・ニュートラルは

もともと立場などあったのでしょうか

深きいのちの愛


始めから

ここ

ここ以外にない

でした

はい、日常でも、何度もそこに戻りましょう。

個人も純化、変容し、満たされていくでしょう。





今日もすばらしい共鳴をありがとうございました

こちらこそありがとうございました。





PS

隣の部屋で

息子たちが声を合わせて歌っています

その声にあわせて

彦も歌っています


それが幸せでなくて

いったい何を求めているのでしょう。。。。。。





この瞬間というものは

いつも

幸せに満ちています


そうですね。

無空










合同共鳴ありがとうございました



しみっちさん

虹子さん

合同共鳴ありがとうございました

始めの共鳴は

濃厚な爽やかさでした

アイコンタクトは透き通る

ハートの共鳴は何もない

最後の共鳴は

合図の呼びかけが

ではみんなでただ在りましょう~~でしたっけ

おおお

いつも

虹子さんのお声で

では最後にまたみんなで共鳴しますと

聞くと

ふふふと笑みがこぼれるように

嬉しさがこみ上げるのが常でした~~!!

と、ところが今夜の呼びかけは

不思議でしたね

ただ在りましょう

スッと透明になり消えていきました


限りなく透明感でしたよ^^



どうもありがとうございました^^



sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle