誰もいない






無限の創造性は

その無限の可能性の淵から


無限の愛と光で


「気づき」という


しあわせを照らし出している







そのことに

気づき続けることは


自身を愛し続けること


自身の愛で照らし続けること





それは



無限の淵から

しあわせがこぼれだすこと





















スポンサーサイト

無空さんのセッション103回目


無空さん


ご返信をありがとうございます



青さん

感想ありがとうございました。



無空さん

セッションをありがとうございました

全体を通して「至福」感いっぱいのセッションでした


その昔

目の前に黄金の仏が現れて
その光とひとつになり
とろける様な共鳴を思い出しますが



それが普通になっているようなことでした^^

「在る」の普通の中で、すべての素晴らしきことは、
普通に起きていきます。

また、その素晴らしきもの、黄金の仏の光は、
すでに青さんの中では、普通のものになっている
と言うことも言えますね。




始めの共鳴では

この時空は

やはりこの「今」という瞬間にすべてがある

という実感と共に


「在る」の愛は

本当に壮大そのものです


「感謝と愛」とお話しました


その愛も感謝も

いのちそのもののそれです^^


わたしはそれです

はい^^

自己理解が進んでいますね。


アイコンタクトは

「仏光」

三千世界にあまねく射し

この時空をこえて

過去未来

すべてのご縁

などなど~~を感じておりました

すごいなああああ

すごいことだなあああ

と「それ」でした

「それ」ですね。



霊波動



五井先生や岡田先生など

その光で宗教が起こっていた方々を思い出しておりました

岡田先生の霊波動と

無空さんからの共鳴がとても似たような感覚を呼び起こしていたのです


このことを宗教ではなく

「在る」ということで

その理解をすすめているのだ

という思いを確認しておりました

すべては、ただ在るから起こっていることですね。

その光、その波動、その理解は、

ゼロの場から全体へと伝わっていきます。

すべての存在の内側と外側、

その両方から全体を支え、育み、包み込んでいきます。







瞑想では

至福感のままに


ものすごい誘致感がありました

「在る」に吸い寄せられていく感じでしょうか

「在る」は、すべての存在を吸い寄せます。

そこは、すべての存在のマイホーム、ふるさとです。




ハートの共鳴では


この愛は

深く大きく

物理的にも

地球を軽く包んでいるなあ~~ってほどに

地球全体を感じておりました

よく感じ取られていましたね。




立場を変えて

これほどの軽さ!!!

爽快感

光より光

今までとはまったく質が変わってしまったような

自分自身を感じておりました

変容、更新が起こりましたね。



立場なし・ニュートラルでは

宇宙の彼方

太陽系を見ていました

同時に

何も起こってはいませんでした

はい、すべてがただ起こっているのと同時に、

本当は、何も起こっていません。

在る(愛・全体・真我・生命)は、ただ在るだけです。

「それ」だけが実在しています。






うううむ


「在る」ですか~^^


先にお話させていただいていることは

具体的なことは何もお話していませんが


形になってくる前の自由自在感というのが

この真我の醍醐味でもあるのだろうなああ~~って感じです

ひとつにそのように言うこともできますね。



なので

具体的にはまだ何もお話できないところです。。



「在る」の愛が

特に!!

男女の愛について

どのように落ち着くのか

青自身の当初からのテーマでもありましたので^^



男女を越えて

在る


それもありながら

男女もあるよ

そこなんです^^

在るは、すべてを含んでいます。

それは、それ自身で在りながら、同時に、それ自身をも超えて在ります。

また、個人としても現れながら、個人を超えて全体として在ります。

在るは、マインドでは矛盾するすべてを含んでいながら、

それ自身としてひとつにおさまり、

静かに普通に自然に在ります。

ひとつの存在として、

秩序立ち、調和して在ります。

現れたひとりひとりは、すべて(在る・全体・愛)そのものです。

そして、個人としてもあります。

とても当たり前に、すべての存在がそう在ります。

ただひとつである全体(在る・愛)が、“ただ”そのように現れているということです。

あとは、実感、実体験、直知、そして、日常生活、日常体験を通しての

理解と成熟(純化を含む)を進め、深めていく、というところですね。

無限に多様なる現れを含めたその在り方、その全体的なバランス、

その彩りに関しては、

これといって決まったもの、こうでなければならない、

というのは何もありません。

それぞれの方が、そのいのち(在る・真我・愛)の純粋な導き、響きに従い、

あるがままに在られ、

それぞれの真・善・美を実現されていかれるとよいでしょう。

(在るそのものとしての視点からは、それはただ在ることで、自然に現れ、

バランスされ、彩られていくでしょう。という感じになります。)

その美しさ、その尊さは、全宇宙、現在、過去、未来、すべての時間の中で、

他の誰のものとも比べることのできない比類なきただ一つのものであり、

それは、無限の多様性の中の無限分の一であると同時に、

無限分の無限でもあります。

それは、ただひとつのすべて。

在るの純粋な主観性という視点から、

世界に実現された、唯一の輝き、唯一の栄光、唯一のリアリティです。




いろいろとぶつかりながらも

この2年間本当にお世話になっております




ステージが

夏より加速して変わっていきました


ここを抜けていくことが

この人生の大きな望みでした



本当に

ありがとうございます



すべてが

無空さんとでしか

起こりえなかったと思います

ご縁ということかもしれませんね。




心から感謝いたします



言葉では書き切れませ~~~ん




(^0^)

















ありがとうございました。

無空

無空さんのセッション102回目



青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

今朝はありがとうございました


これほどの静けさがあるんですね

録音聞き返していてもびっくりです

存在の静けさは、無限です。


春には小鳥のさえずりが

夏にはセミしぐれ



今日は朝から

目の前の道路工事の音がうるさかったはずなんですが。。。


本当に静かだったのですね

はい。



朝は

興奮状態でした

愛全開で駆けていきました~(^0^)


絵本読み聞かせのイベントは大成功でした

よかったですね。



帰ってきて

あまりに何もなかったかのようで

びっくりしています

今そのものとして在り、

終わったことをつかんでいませんね。






始めの共鳴では

その興奮と強いハイの状態のままでした

様々な角度で

その興奮や、幸福感

また強い愛を感じて恍惚感やら

まさにそのオンパレードで過ごしていた一週間だったなと

振り返っています

それらは個人が感じているものだったのですね

そのことを

話したかったのですが

どのように説明したらよいものなのやら。。

またそのような体験は過ぎていくものとも思っておりますし

どのように過ぎていくのだろうと思っています


ただ「在る」ことで自然に落ち着いていく

そのように^^

との思いで向かっています

はい。


大きな宇宙空間チューブのように自分自身を感じています

そこをエネルギーが流れていく

その時に

様々なクセがあり

そのエネルギーが通り抜けていく時に

とんでもない快感を感じていたり

その快感を自分の都合のいい物語を作って

そのマインド劇場の中に入り込んでいくというようなことをしていたんだな

って振り返っていました


セッション当初は本当にそれが

 本当に顕著なことでした

今は

その引っかかりも少なく

あまりに太く大きな流れは

それらに取り掴まるよりも

それらを手放していく

またそこでスッと力がぬけてリラックスする

安心の質がさらに向上していくという感じでした

とてもいいですね。



ところが



アイコンタクトはチューブの話をさせていただいた辺りから

ロックオンしていました

強いハイ(ポシティブ)またはなじみのエネルギーが頭上に待ち構えていました

チューブというところに意識が向いたからとも言えるかもしれませんね。

チューブは、ある意味、(透明な)個人とも言えるかもしれませんね。

(現れた真我、現れた在るとも言えます。あるいは、真我が現れるための器という

見方もできます。)

在るは、全体そのものです。

在るであるとき、愛そのものであるとき、いのちそのものであるとき、

チューブという感じはあるでしょうか。

(透明な)個人感覚(体感覚も含め)は、とても自然に起こってきますが、

主たる立ち位置が在るである上で、起こってくるようだといいですね。

あるいは、在るを基盤に、個人も含めすべてが統合された在り方で

より在れるようになるといいですね。



そのエネルギーのことを少しお話させていただきました


瞑想では


そのエネルギーにフォーカスして

巻き込まれていたところから

「在る」はさらに

もっと大きく広いものですねと

意識が緩んでまた「在る」に向かい溶けていくようでした


どんどん

近づきながら

遠ざかって広がるような

自在の空間で

本当に楽しかった瞑想です



怖くない

無空さんとの瞑想は

本当に楽しいです(^0^)



怖くないと書きましたのは

漆黒の宇宙空間ではありますが

そこでそのまま広がり自由を感じることは

今まで怖かったのだなということです

在るは、安心です^^




ハートの共鳴は

何も起こっていませんでした

それは起こるものではなく、在るものです。

とてもいいですね。




立場を変えては

スッカラカンと抜け切っていました

いいですね。

それ(真我・在る・愛)は、すべてを超え、すべてから抜け切っています。

(在るは、はじめから解脱しています。
変わらない在るというその本質の部分に関して言えば、
解脱やアセンションなどは、ある意味、はじめから問題外です。
そして、その問題外のところ、超えたところに在ること、
超えているものそのものであることで、
現われレベルの変容、進化、解脱、アセンションなど、
もしそれが、全体の中で自然に起こるものであれば、
全体的な形でそれが自然に促されていきます。
起こることは自然に起こっていきます。)

そう在ることではじめて、全体としてバランスされた状態で、
すべてにとらわれず、かつ、すべてを深く味わうことができます。

それ(真我・在る・愛)は、すべてを超えていると同時に、すべてに浸透しています。
その在り方は、玄妙、霊妙、神妙です。
それ(真我・在る・愛)が、すべてのすべてであるものの在り方です。




立場なし・ニュートラルは

その心地よさ

何度も味わっていましたが


彼のことを思い出していました。。


その心地よさについて

話したかったのかもしれません。。。


チューブのことや

そのエネルギーのことです。。

それらを超えながらも

同時に「在る」というバランス

そのトータルなバランス、在り方が大切ですね。









長い感想になってしまいました。。



明日

友人との共鳴をさせていただきます


そのことが

起きるということを

こころから

感謝いたしております


ありがとうございます

あるがままに。












ありがとうございます。

無空

無空さんのセッション101回目



青さん

感想ありがとうございました。



無空さん



毎週

毎回

ひとつとして同じセッションはありませんね

それは生命そのもの、生きものですから。


それだけ

まだまだ適切

必要なことが起きているということでもありましょうか?

在るは、いつも適切。

適切そのものでもあります。



父親との確執から

解き放たれて

本当に感謝と愛の心

行き渡る時間を持てたことを

報告させていただきました

本当によかったですね。


また

男友達のことも聞いていただきました

彼は

JRAで馬の調教師をしています

なので馬と話せるとお話したのです^^

植物とお話できる人を知っていましたが

あれれ・・こんな近くにそんな能力者が~??って

どうやら

そんな時代になってきているのかなって感じております


話する前に

心の声を聞くことが

このクリアさのなかではっきりと分かることができます

それは

織り成すマインドでありながら

真我の見せる鮮やかさ

人生の奥深さでもありますね

はい。



今までも

無空さんへのメールなど

その場で返信ではないですが

その深い慈愛を感じることも多々ありました

今ではそのまま「在る」の理解へと深まる方向ですね

本当にその存在そのもの

そのことは

ひとりひとりの関係性の中で

気づいていくことでもあるとは思いますが


青のプロセスで

ここまで来ており

そのことの感謝は言い尽くすことはできません。。

無空さん

本当にありがとうございます

こちらこそありがとうございます。

青さんの変容、存在の深まりは、

青さんの真実に対する姿勢の素晴らしさによるものです。

ご自身にも最大限に感謝してください。







さて


始めの共鳴は

自分がいつもこんなクセを持って

相手に合い対しているのだ

そればかりを使わずに

「こんな風に在ってごらん」って正されている

感じがしました

ご自身のクセに気づかれたことは、とてもよいことですね。


アイコンタクトは

言葉に変えられない

これほど

神聖なのだ

無限の宇宙空間が広がっていました

それもとてもとても神聖です。


瞑想は

目の前に

神さまのような存在がいたように感じていました

ずっと頭に手を当てられていたように感じていました

それは暖かく


癒されていました

必要なことが適切に起こっていましたね。


ハートの共鳴は

その愛が全身に広がって

今までに感じたことのない愛を

さらに奥深く感じていました

それが、今回お話に出た「気づいたら戻ること」、

再認識によりもたらされるものでもありますね。



立場をかえては

エネルギーが前方に向かって放出されていくのですが

抜け切らない

なんだか詰まっているように感じていました

立場なし・ニュートラルは

エネルギーが背中、尾てい骨とブルブルと動いていました

様々に必要なところが活性化、調整等が起こっていますね。





この頃は

無空さんとのセッションの録音を聞いていると

最後まで起きていることが出来ません

かといって寝てしまっているのではないのです

本当に深い瞑想状態に入ってしまうようです

そこからの理解は生きている知恵ですね~~

そうですね。


このまま生きている

そのまま生きている

無空さんからの生きているセッションを受けている


愛が

ひろがる

本当にありがたいです

その広がりは、無限です。




ありがとうございます








ありがとうございます。

無空

そこは






1375096_425972304174196_445276536_n.jpg



目を閉じると






目を覚ますと












無空さんのセッション100回目



青さん

感想ありがとうございました。



無空さん


昨日はセッションをありがとうございました

びっくりです
セッションで無空さんの前に座ると
スッカラカン100%でした

キョトンは広大な様になっています

とてもいいですね。

そのまま

父の個展に向かいました
ありがとうございました

夜の京都を腕を組んで
食事に向かいました
夢のようでした

それはよかったですね。

ずっと「在る」でした
父はずっとそのことを望んでいたように感じました

本当に厳しい僧侶のようでした
ちょっとでも我をはさむようなことを嫌うようでした
ただずっと自分を持たずに相手へと開き続けていました

ずっと機嫌がよかったです
私は完全に酔っ払ったようになり帰路へつきました



生きているそのままが
分けることなく
「そのものである」
それを生きるのに
マインドをある程度
「絵」を描くことなど夢中になるようなことや
何か大きな自分の望み(人の幸せを願うこと)に向けておくことや
「仕事」を持つようなことは
有効なことだろうな~って思いました

フラフラ、だらだらと彷徨い続けることがないように
聖者の方々の本を読み
この真我への理解を深めたいということで
真っ直ぐに向かっていくことは
すばらしいことだと思うのですが~~^^
それも人それぞれですが
どうも青は
無空さんとのやりとりや
生活のすべてが取り入れて
また気づきのすべてだと感じており
そこで安定していくように向かっているようです
(30年前などは一生懸命読んでいたのですけどね~~本当に
今は読みたいとも思えないのです、
本よりも生きている人、そのものがすべてという意識があります)

「在る」
キョトンのひろがり
スッカラカンと青空で生きることが
そのまま
日常生活でどこまでも
ずれることなく安定するように
マインドも整えていく必要があるなあと思っています

マインドの成熟ですね。

在るの実践と日々を丁寧に生きること。
それが大事ですね。




さて

始めの共鳴では
いつも聞いているロックが頭の中で流れていました。。

アイコンタクトでは
最初にお話していた
囚われていた濃厚な愛の感覚が流れ込み
グラッと気持ちよくなっていましたが
さらに爽やかさを感じていました

瞑想では
いつも在るそこです



びっくりするほど
当たり前でした

これは
そのままこの日常です

静かにうれしいです

在るは、日常そのものでもありますね。



ハートの共鳴では


突き抜けていったこの彼方はどこ~~~って感じでした

爽快感とともに
「在る」で生きることがさらに明快にやってきているようでした

最初にお話していたことの
回答が与えられていたのですね~~(^0^)

セッションでは、よくそのようなことが起こりますね。



立場を変えては

彼方の視点そのものでした



立場なし・ニュートラルは

視点が消え

「切ない」がキラキラと降ってきていました




巻き込まれていない切なさはこれほど美しく

また命の微妙な味わいなのだと感じておりました

すべては、在り方次第ですね。



ありがとうございました












ありがとうございました。

無空


創造の前




777.png




刹那





sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle