無空さんのセッション134回目





無空さん


ご返信をありがとうございました(^0^)



青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

感想を書くのに口を開けたくない。。って感じでしょうか^^


感想は

また別の作業になってしまいそうです

とてもよい感じですね。



今日の共鳴セッションは







「ゴールしました」





この表現がどんな風に伝わるものなのかちょっとわかりませんが^^


今日

共鳴を始める前のお話しのときに

グルのお話をさせていただいておりましたね


その愛

その究極の愛は自分自身です

はい。

どこにそのグルを見る必要も

もうなくなりました

いいですね。



青は

若い頃にこの真実を示されることが起きており

その当事にその導き手でもあるグルの存在というのは

本当に絶対的な大きな存在でもありました



無空さんは青にとってグルなのでしょうか?という問いが

出てきてはおりましたが

今日のセッション

その答えはあまりに大きなものでした


^^




さて

始めの共鳴は



速やかに

健やかなる

その次元に移行いたしました



「お久しぶりです」

そのような言葉が出てまいりましたね^^


懐かしく

爽やかなその時空で

それは

本当に久しく

そのままに在りました

そうですね。



アイコンタクトでは

甘い

甘い

あかちゃんのような

いのちの香り

神聖でふくよかでありました

よく感じ取られていましたね。



瞑想では

わたしは金剛薩埵である


その理解は

金剛のように

これ以上の堅固さはない

でした

素晴らしいですね。



ハートの共鳴は

「ゴール」しました


長い長い道のりでした


やっと

やっとたどり着いたのです


ありがとうございました

おめでとうございます。


立場を代えては

すいません

実は考え事が流れていきました


無空さんちの

生活音が聞こえてきて^^

この日常の

すばらしい喜びがあふれ出すのを感じておりました



立場なし・ニュートラルでは



時間が本当に無いその時空です

爽やかさだけがありました

これもまた、素晴らしい共鳴でしたね。





今日も

本当に稀有で素晴らしい共鳴セッションをありがとうございました(^0^)



心から

感謝申し上げます


ありがとうございました

こちらこそありがとうございました。




また来週

どうぞよろしくお願いいたします







こちらこそよろしくお願いいたします。

無空





スポンサーサイト

無空さんのセッション133回目



青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

青は正直です

青は隠し事が本当に出来ません

隠されていることまで

ほじくりだして来る勢いで生きております

「在る」(真我・愛)は、青さんのブログタイトルのように、

「スッカラカ~ンと♪いつも青空」 のようなものでもあります。

また、「在る」(真我・愛)は、「開き」そのもの、「開いている」そのものでもあり、

その質が、青さんの中で強く働いているのかもしれませんね。




浄化というのがどのように現れてきても

その温和さで

計り知れない

この大きな愛のままに

いつもありがとうございます



この大きさは

無限ですね

無限に面倒をみられています

その面倒は愛という名のもとに^^ですね

はい、それが愛そのものである「在る」の在り方です。




さて

始めの共鳴では

35分に待ち合わせておりました~~友人たちとの

約束のことで興奮状態のままでした^^

セッション後すぐの時間ですね^^


状態には関係なく「在る」ですね(^0^)

はい(^o^)


アイコンタクトは

幽玄でした

「その美」は言い表す言葉はありません

マハラジも「幽玄」という表現をしていたところがありましたね。

ニサルガダッタ・マハラジ「I AM THAT」より

『グル(師)は私に自己の本性と世界の本性を見せてくれた。
それを実現したため、私は世界と一つであり、しかもそれを超えているのだ。

私は欲望と恐れのすべてから自由になった。
私が自由になるべきだと論証したのではない。
まったく予期せず、何の努力もなく、私は自由であることを見いだしたのだ。
この欲望と恐れからの自由は、それ以来、私とともにとどまっている。

もうひとつ見いだしたことは、私は何の努力をする必要もなく、
何の遅れも軋轢もなしに、行為が思考にしたがうということだった。

私はまた、思考が自己充足するようになり、
ものごとがすらすらと、正しい場所に落ち着いていくことも見いだしたのだ。

主な変化はマインドのなかだった。
それは不動で、沈黙し、素早く反応するが、反応を永続させなくなった。

自発性が生のあり方となり、真実は自然になり、自然さは真実となった。

何にもまして、生は無限の愛、幽玄で静穏な、すべての方角に輝き、
すべてを抱擁し、すべてを興味深く、美しく、意味深くする幸運なものとなったのだ。』




瞑想では

愛の愛による誘導瞑想でした

その先は

青自身が見えていない未来

その希望

その望みという名の

実現可能な世界のひとつ手前を

その爽快感の中で見ていたように思いました

必要なことが起こっていたようですね。


人はその本当の望みを

知っているのでしょうか

青自身が

始めの頃より「なぜこの肉体を持って

この世にいますか?」など

なかなかにしつこい疑問なんです~~

究極的には、「ただそうである」ですが、

個々それぞれ、またそのときそのときで、

(そのときの状態や状況、立ち位置、視点、理解の深さ等により)

無限の答えがあるとも言えます。

一例として

源としての在ると、その現れという視点からは、

在る(の素晴らしさ等)を体験を通して知ること、

在るの表現、実感、

その無限の可能性の実現、

等をそこに見ることができますね。



まだまだ

すっきりと

ぴったりと

真我の実現は実感してないといったところでしょうか~

ひとつのポイントとして。

ニサルガダッタ・マハラジ「I AM THAT 私は在る」より

『ほとんど気がつかないほどの真我の実現が起こるかもしれない。
だが、とにかくそれには確信が必要なのだ。
変わったにもかかわらず、それに気づかないでいる。
そのような劇的ではない場合のほうが、
しばしば、もっとも信頼におけるものなのだ。』

無空庵では、気づいたら変わっていた、ということがよく起こります。
そのような変容、真我の実現は、とても信頼できるものです。
それは、日々、日常を生きている中で、とても自然に起こっていきます。

(そのゆえ、ご本人がそれに気づかない場合や、
気づかないゆえに実感が薄い場合もあります。
それを確認、自覚、確信できるように、セッションでご報告を頂いたり、
共鳴を通して、確認等を行っていきます。
そして、その確認、自覚、確信により、それはより確かなものとなります。

━実在が、より実在するようになります。
実在も気づかれなければ、認識されなければ、
あるいは、それに対する真の理解がなければ、ある意味、無いに等しいとも言えます。
(気づかれていなくても、真の理解がなくても、実在に支えられ、包まれ、
大きな恩恵を常に受けていることもまた、確かなことではありますが。)
それは、気づかれるべく常にそこに在り、
あるいは、自分自身(真の自己)として実在、常在していて、
気づかれるそ可能性はいつもある状態であるとは言えますが、
焦点がそこに的確に当たっていないならば、
あるいは、それに対する真の理解がないならば、
それはあるレベルでは活性化されておらず、
潜在している状態、眠っている状態とも言えるかもしません。━

また、継続のセッションということで言えば、
確認により、在り方がより確かなものとなり、
今度は、その確かな在り方を足場として、
さらなる深まりへと進んでいくことができます。
そういう意味で、確認、確信というのは、とても大切です。)

真の変容や真我の実現も、それくらいとても自然なものとなっていて、
それは、けっして過ぎ去ったり、消え去ったりするものではありません。
そこには、それをとても素晴らしいものであると同時に、
とても自然で、とても普通で当たり前のものとして受け入れている
成熟したマインド(ハートとマインド)、
とても落ち着いたマインド(ハートとマインド)があります。

また、変容や真我実現が起こると、それはとても自然なものとなっているので、
「ずっと前からそうだった」という感覚になることもあります。
(以前の状態、在り方がなかなか思い出せなかったり、
本当にそうだったのか、あいまいになったりすることもあります。)
別の視点からは、「すでにそうであった」ことを思い出す、再認識する、
(初認識、初自覚とも言えますが。)とも言えます。
本質部分はまさに変わっていないとも言えますが、現れを含めた存在全体は、
大きな変容を遂げています。


その他のポイントして、まだすっきり、ぴったりしていないということは、
より的確な在り方、立ち位置に立てる可能性が十分に残されている、
ということでもあります。

「在る」(その本性、在り方等)をより深く、よりトータルに知ることで、
在り方もより的確になり、また、より大きく、よりトータルになり、
お持ちの疑問も解消されていくでしょう。




いえいえ

ここまででも十分にその理解は進み

それを生きるところではありますが。。

きっと業が深いのか。。

何か大きな理解が抜けているような

とっても大事な部分が(メインデッシュのようなもの)

抜けているような気持ちでいます

在るの立ち位置に在れば、「なぜ」は起こりません。

(「なぜ」もまた、究極的には、在るから起こっているとも言えますが、

在るは、それ自身から起こったすべてのものから自由でもあり、

「なぜ」を所有することも、「なぜ」を引きずることも、

「なぜ」にひっかかることも、「なぜ」に悩まされることもありません。

在るは、それ自身から起こったものから、ある意味、まったく影響を受けません。)

また、別の視点からは、(真の)「なぜ」を通して、存在全体の成熟も進んでいくでしょう。

在るの無限の可能性が開かれ、実現されていくでしょう。

現れの世界も、より豊かなものとなるでしょう。




ハートの共鳴では

表現できません


立場を変えても

引き続き表現不可能なままでした

立場なし・ニュートラルでは


あまりに大きくて

無限です

その愛は

このちっぽけな頭では理解することは出来ないです


または

この理解は

決して言葉では表現出来ないです

またはこの味わいも一言では言い表すことは出来ません




生きていることというのは

本当に大きなことですね

はい、そこに含まれているもの、

そこで今まさに実現されているものの大きさ、深さ、奥行き、

そして、それ自体が無限の可能性そのものでもあること、

もちろん、このような表現では表しきれるようなものではありません。

それは、とてもとても大きなものです。

それは、どこまでも無限に大きく感じ取ることができます。

その度合いは、感じ取るものの立ち位置、在り方、理解の深さ等によります。

(同時に、感じ取る者は存在せず、体験、認識がだけがあるとも言えますが。)

感じ取るもの、感じ取られるものは、ひとつであり、

感じ取られるものが無限なのは、感じ取るものが無限だからです。

ただひとつであるものだけが在ります。

それは、無限そのものでもある在る(愛・真我)です。








どうもありがとうございました


PS

何度も中座しての観想なので

書きたいことがグラグラしておりますう



「真我実現の実感がありません」というところなどは

何か大きな浄化もまだ出てくるかもしれないなあというのと

まだまだ大きな楽しみが出てくるなあ~という混在した心持ちなんです


今日の瞑想は

楽しかったです


そのいのちは

一滴であり

その大海ですねえ




どうもありがとうございました
















ありがとうございました。

無空

無空さんのセッション132回目



青さん

感想ありがとうございました。



無空さん


先ほどはセッションをありがとうございました


この広大な無限宇宙の深まりは

何にもたとえようの無い

愛の味わいです

本当にそうですね。




ほんの少しだけ

自然体であること

あるがままというものを知ることの出来た一週間だったように思います

そのほんの少しというところが

実はとても大きなものであったりします。





それは

本当に

美しい調べ

豊かで暖かいものの交流なんです

それでありながら

大きな流れの中で

ただそうである

って感じ~~


もちろんすべてをここに記すことはできません~~(^0^)

はい、ブログの方も読ませて頂きました(^o^)




さて

始めての共鳴では

お話し切れなかった

あるいは

表面に上がってきたものは

本当に小さな一点で

その奥にはとてつもなく大きく深く厚いのだと

そのものを実感しておりました

よく感じ取られていましたね。




無空さん

今思えば

「超えて在る」を感じていたようにも思います

そうですね。








今日はお話共鳴の時に

本当にグラグラとくるような愛を感じておりました


しばらく黙っていたのは

それを感じていたからです

すでに

大きな共鳴が始まっておりましたね^^

はい、それは、ある意味、自動的。

在るの自然(愛)でもあります。





何度も

その新鮮さ

新しさの波はやってくるのですね

はい、それは永遠であり、無限です。



アイコンタクトは

「アイコンタクトにいきましょう」という言葉で

これほどの味わいが変わるのだあああって感心しておりました


青はヨーギだった頃があります

そのことを思い出しておりました

どこにフォーカスするのかで

その部分は活性化いたします

さてどこにフォーカスしていくのだろうと

お任せしておりましたら

その愛は

あまりに爽やかで清かったです

在るがまま、起こるがままですね。




見るものと見られるものがひとつになったり

視点が移り変わっていくことを

頭はまったくついてはいかなかったです


体験していることを

頭の中で組み立てて言葉に変えるのは本当に難しいです


「それ」とか「これ」とかの「在る」でしょうかあ^^

ここには誰もいない

透明であれば透明であるほど

その深まりは無限ですねええ

そのとおりです。

その純度が、共鳴で伝わっていくところ、

受け取られるところ、

貫かれ、浸透していくところ、

あるいは、ただそれ自身により気づかれ、

再認識されるところでもありますね。




無空さんとセッションしながら

本当にその瞑想の宇宙を味わい体験していたようにも思います

さて

瞑想では

今まで青は

命の味わいとか

その命の源泉といったところの表現をしながら

その宇宙の深みへと

そのものへと反転していくかのように自己理解を深めていたように思うのですが


ううむ。。

どこまでも

どこまでも

どこまでも

これがいのちの源泉だと思っていたところは

とっくに超えてしまっておりました~~

はい、それが、真我(いのちの源泉・愛)の真我による真我のための共鳴、

ゼロ意識共鳴により起こることです。

(それ自身を超えていくことは、日常体験を通し、あらゆるところで起こっている、

とも言えますが、ゼロ意識共鳴は、それがとても凝縮された形で起こっている、

という言い方ができます。)

それは、真我の無限の深まり、真我の無限の更新を促していきます。

真我(いのちの源泉・愛)は、不変不動でありながら、常にそれ自身を超えていっています。

それは、くつろぎ、安らぎ、懐かしさ、安心そのものでありながら、いつも新しいです。




しかしながら

ものすごい吸引力

その愛に引き込まれていきました



ハートの共鳴は

さらに目を開けたままの瞑想でした

その愛の中心へと

無限に引き込まれていくのを感じておりました

愛が、それ自身である愛を招いています。

これが、ただひとつであるものの不思議、

玄妙な在り方、

それ自体が、愛でもありますね。

その存在そのもの、

そして、その在り方、

その働き、

そのすべてが愛。

それだけが在ります。



立場をかえては

無空さんに立場をかえて共鳴が

起こっているということの

無限宇宙のありがたさなんです!!!!



無空さんのような方に

共鳴

それが立場をかえて起こっている

そのことの貴重な体験

相手をしていただけることのありがたさ。。


うまく言えませんが


ずいぶん以前にセッションに

立場をかえてと立場なしが加わった時にも

このことの素晴らしさを感じていたことがあります


本当にすごいことなんです!!(^0^)


(そんな風に青は感じているんですねえ)

すべては、愛です。

ただ、そのように感じることができる、

ということの計らいもまた、素晴らしい愛ですね。




しかしながら

どうですか~?と聞いていただいた直後

なぜか

パソコンの不具合が起きてしまい。。

慌てました。。。

そのまま長く途切れてしまった時には

電話をさせていただくのがいいのでしょうか。。

はい、少しするとつながることがほとんどですが、

なかなかつながらないときは、電話して頂いて、

(携帯だとつながりにくいときがありますので、

固定電話の方がよろしいかもしれません。)

電話で話したり、共鳴しながら、

スカイプが復旧するのを待つ、という形が

よろしいですね。


すぐに復旧したのでよかったですが。。。

本当に申し訳ありませんでした。。

青さんの方の問題ではなく、

そのときの通信状態による場合もありますので、

お気になさらずに。





立場なし・ニュートラルは

何も無かったかのように

ニュートラルでした



何も起きていないという理解は

すごい理解でもありますね

はい、それは究極の理解とも言えますね。






今日も

素晴らしい共鳴をありがとうございました



また来週もどうぞよろしくお願いいたします







こちらこそよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

無空





無空さんのセッション131回目





青さん

感想ありがとうございました。


無空さん


こちらはいいお天気ですよ

今日はそちらはー27度の寒気がやってきていて

竜巻や突然の突風に気をつけて下さいって

今朝の天気予報で話していましたよ~~


って切り出そうと思っていたのですが^^

ありがとうございます。


「先週からどうでしたか~~?」の一声で

本当にきれいさっぱり消えてしまうんですねえ~~(^0^)


一生懸命

先週何があったか考えていました。。

またも

いろいろとお話を聞いていただきました

ありがとうございます

まさに

その話が起こっているということでした



感謝しかない


というのは本当のことですね

そうですね。

それは、ある意味、個人的な思考等とは関係なく、

あるいは、それらすべてを包み込み、溶かしながら、

在る(真我・愛・全体・生命)からストレートに

そして、トータルに起こってきます。

それは、

愛だけがある。

それだけがある。

意識だけがある。

等、覚者方が言われる真実(在る・真我・愛・空)から直接起こってくるもの、

その流れの中にあるもの、

そのエッセンスそのもの、

まさに、現れた在る、現れた愛そのものですね。



GW中は本当に不平不満。。いったい誰の??ってことですが。。

みんなの不平不満が炸裂だったはずなんです~~


うまい具合に

斜めに避け合って上空へ向けて

らせん状に伸び上がっていったようでした

ただひとつであるもの、全体、在るの計らいとも言えますね。




さて

始めの共鳴は

サットサン


真実

そのものの光


アイコンタクトは

繊細な美しさ

神聖さの源

天界に広がる海


瞑想は


深かったです

いのちの源でした

思い切りダイブでした~~^^

終了間際に

すっきりと覚めるのが分かりました

マインドの霧が晴れていったのでしょうか~^^

そうかもしれませんね。


ハートの共鳴は

一瞬

強い愛のフィーリングを感じました

その後拮抗するなあって感じましたが


斜めに螺旋を描くように上昇していくイメージをしている自分がいました

その後

いろいろと考え事が始まっておりました(汗)


立場を代えては

神聖な

いのちの一滴

瑞々しい

でした


立場なし・ニュートラルは

強い愛を感じていました

それは

慈しみの愛のように思っていました

今回も全体的に素晴らしい共鳴でしたね。






無空さんは

これで自然です

あるがままとおっしゃいますが




青は

今日は

無空さんは

本当に徳の高い方なのだろうな。。

なのにちっとも何か

偉そうでない



自分は

どうやって

こんな風に

この出会いを果たし

このように面会させていただいているのだろう!!!


共鳴が

深まってくるにつれて

味わう

この体験は真の理解を運び

そのいのちの流れを

本当に大きく高く

その質は

書き記すことは出来ないです

そうですね。

これは、言葉では伝えることができないものですね。

日常

生きている

一瞬一瞬が

宝石のごとく

尊く

その喜びです

本当に素晴らしいですね。




ありがとうございました


心から感謝いたします






また来週よろしくお願いいたします








こちらこそよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

無空







無空さんのセッション130回目



青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

「在る」のセッションをありがとうございました

自身を知ることが

すべての根本解決

根本解決とは

満たされた愛であるという自覚が

生活の隅々に広がっているということです

そこには丁寧さが

 謙虚さが

清さ、正しさがあります


ごまかしや

自分勝手

自己中心的な正当化など

青自身の中にもいっぱいありますが。。。

さて

今週は自分に都合の悪いことがぼこぼこと現れていました

ずっと怒って泣いてましたねえ~~

大変でしたね。

現れの世界では、個人が望むこと、望まないこと等

様々なことが起こってきますね。



その正しさ

その美しさは

すべての人が持つものではありますが

そこにフォーカス出来ている人は少ないですね

(自分も含めてです)

そこに目覚めたるものの存在の

真の力が知りたかったのかな^^

今日は少し無空さんに噛み付いていましたね

すいませんでした

大丈夫です。



さて

今日は

録音が出来てなかったので

きっと

すべて

きれいに忘れてしまうと思います

大急ぎで

書いていますが

最後の立場なし・ニュートラルでは


その理解は誰がしていますか?でした!!

衝撃でした

理解が在るだけなんですね

はい、“それ”そのものだけが在ります。



あまりに神聖な

「理解」そのものでした


自身を理解するということは

それそのものの根本でもあり


それは

それを知るもの

しかし

その知るものは

どこにいるのでしょう

それを知るものは、それ自身。

それと異なる何かではありません。

(在り方、起こり方、現れ方は様々であるとも言えますが、

本質的には、そのように言えます。)



生きていて

様々な状況や

いろいろなことが起きています


その中で

人が感じて

人が生きるということは

いったいどういうことなんだろうと思う今日この頃だったんです

マインドを超えたところでは、すべては純粋な体験です。

現れた人にとっては、人それぞれ、様々な体験となります。

それもまた、とても貴重で素晴らしいものであると言えます。

存在全体は、そのすべてを体験しています。




その理解を知るものはいないのですね

理解の「在る」があるだけなんですね

そうですね。

本質、変わらない真実においては、そのように言うことができますね。




そのことに気がついているか

そのことと共に在るのか(生きているのかどうか)

そんな答えをもらったようなセッションでした

よく受け取られていますね。





さて

始めの共鳴は

横隔膜に響いて「愛」でした

深いリラックスでした


アイコンタクトは

今週出てきておりました日常で

嫌だあ~~~~って叫ぼうにも

叫ぶ者がいないなあ~~って思っていました

そこに“誰か”がいないとき、

そこにはただ状況があるだけで、

何の問題もありません。


瞑想は

本当に心地よかったです

共鳴中始めから

その心地よさの中

再びじっくりと考えていました

(今は何を考えていたのかも思い出せません~(^0^))





ハートの共鳴は

貫かれている

「愛」でした


「在る」の根本理解は

それに向かう

それを知るもののみ有効なのでしょうか?

という問いが出てきました


その愛は

どのようにも流れていきますよね

知るものであっても

知らなくても

そこから何を汲み取るのかは

本当にそれぞれで

相手の自由に任せるものですよね

そうですね。

たとえ

それが

相手の都合の悪いことであってもですね。。


相手の望みや気持ちは痛いほどよく分かる青ですから

それを与えることでどんどん強固になっていく依存が苦しいのです

そうですか。

在るの根本理解は

こちらの青にのみ有効で

相手には何も起こってはいないのかなあ。。。(涙)

理解は

それを理解と欲するものの上にしか起きないのでしょうか。。

貫き在ることが大切です。

すべてを超えて貫き在ることです。

在るが貫けないものはありません。

ときを超え、時代を超え、次元を超え、時空を超え、すべてを超えて

それは、貫き在ります。



ということが出てきていたのです




さて

しかしながら

貫いている「愛」は揺ぎ無く力強かったです

立場を変えては

その貫く愛が

まっすぐに

立場を変えて起こっているようでした

とてもよい感じでしたね。



立場なし・ニュートラルは


本当の理解は

理解するものはどこにもいない

でした


神聖さだけがありました

はい、それだけが在ります。







無空さん

いつも

ありがとうございます


「在る」の理解が

まだまだ不確かな部分があります

マインドで処理してしまったようなところでしょうか

在るはこうあるものなのだ

みたいな思い込みや

ありそうですね。

そうでなければ

現世利益ではありませんが

いったいどうして

その「在る」を理解しようとしているのか?という

マインドが働いてきていました

はい。

そのこと自体にもちろん良い悪いはありませんが、

その立ち位置は、いろいろ悩みや問題が起こってくるところでも

あります。




生きていることは

「在る」からみれば

それが起こっているということ

そのような理解でいいのでしょうか

はい、シンプルにはそのように言えますね。

ただその理解の厚み、深まり等は無限であり、

感じ方や、そこから展開する理解もまた、

そのときどきである意味、違う

と言うこともできます。


生きていると言う言葉をひとつ使う時でも

どの立ち居地であるのか

どこに向かい話しかけている

言葉なのかによっても変わってきますよね

そうですね。




現実と呼ばれる状況や出来事は

「在る」からみれば

それが起こっているということですよね

深い在るでは

何も起こってはいないという感覚がハッキリとありますよね

はい。

その視点であって

起こる起こる起こる現実と呼ばれる状況や出来事は

だた気づいているという

その理解に気づいているということのほかに

愛であること

その愛の感覚に気がついていることと

他に自分自身が感じている感情や感覚などのほかに

どう在ればいいのでしょうか

在るの立ち位置からは、在ること、起こることすべてよし、です。

いつも全身全霊全力の青さんであれば、それがベストです。

全体で在り、全体ですべてのことに向かってください。

全体が動くとき、そこに間違いはありません。

全体が動くとき、そこに動きはありません。

動いている者もいません。

そこには、全体そのものである愛だけが在ります。






すいません


今週は

まとまらない感想ですね



また来週どうぞよろしくお願いいたします
















こちらこそよろしくお願いいたします。

無空









sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle