無空さんのセッション138回目



無空さん

ご返信をありがとうござます


セッション時に何をお尋ねしていたのか。。。

「伝えたい」という「愛」のすぐそばに

青は浮上してくるマインドがあるようで。。

それは

以前から何度も噴出してきているものでもありますが

混濁しております。。

やはり。。この部分はどうもスッキリとはいかないところでもありそうです


無空さんのセッションの当初の頃より

出てくるマインドです

覚えていて下さってるでしょうか?



このことを伝えることと青の結婚生活は青の中でとても密接していることでもあります


生活の中

それそのもので伝わるものの愛は

それそのものの栄光でもあるでしょう



出来れば

セッションなどでそれを伝えることと

日常生活でも周りの家族なども

深く理解が進んでいるのは本当に望ましいですね






青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

ありがとうございます

今日のセッションもすばらしかったです(^0^)


まっしぐらに

自分自身で在りました

はい、それが一番大切なことですね。

ある意味、それが唯一大切なことだとも言えます。

真に自分自身で在るとき、すべてであり、

また、現れのすべてとつながり、調和しているとも言えます。

そのとき、すべてを益するものとして在ります。

自分自身で在ることは、相対を含み超え、

絶対的な善(全・全きもの・トータル)

それは、真・善・美そのものです。


ありがとうございます

そのことが

どれだけ貴重なことなのか

うううう

ここでずっと書きつづけてもいいのですが。。。



少しお話をさせて頂いたとおり

ブログを通してのやり取りではありますが

たいへん自分自身であるということを

確認しつづける一週間だったように思います

とてもよい1週間でしたね。


もちろん

そのことは意識的でも

無意識的でも

ずっと起こり続けてはいるのですが

宇宙連合も含めて

今日のセッションは

さらに青の中でスッキリとしてきたようです




言葉というのは

部分的ですから

青から出てくる言葉が

どう伝わるのか~

。。。

そうそう。。

愛というのは

どこまでもフラットですから

そこには

やはり

純粋かそうでないのかなどは

まったく関係してこないですね



純度ということであれば


このゼロ意識共鳴以上の純度はあるのでしょうか?



青は

基本無空さんしか知りませんので

それ以外は

単に体験ですね


体験ではない

「そこ」というのは


相手には全く拠るところではないのではないのかな

と思っております



完全に自分自身であるところでは

共鳴は恒常的に起こっているとも言えますし

それこそが

純度100%なのではないのかとも思うのです



純粋な思いから

「これを伝えたい」というのは

ううむ

創造も出来ないところですね

すべてのことがただ起こってくるのと同じように

それ(「これを伝えたい」もまた、

ただ起こってくることもある

ということですね。

現れた姿形だけでは分かりません。





そうである人がいるなんて!!!

驚きです

「伝えたい」という方が、プロセスの途中だという

お話しをされていたので(ある方のブログを読まれて)、

すべてがそうとは限らない、という可能性のお話しを

させて頂きました。

多くは、青さんがおっしゃる通りかもしれませんが、

そうではない場合もありうる、ということも

頭の片隅に入れておかれるとよろしいと思います。

(前述させて頂きましたが、現れた姿形だけでは

分かりません。)

参考になるかどうか分かりませんが、

関連するところを、ニサルガダッタ・マハラジの「I AM THAT」から

ご紹介させて頂きます。

【質問者 私が完成に達するまで、世界を救うことは待ったほうがよいのでしょうか?

マハラジ もちろん世界を救うがいい。たいしたことができなくても、その努力はあなたを成長させるだろう。

世界を助けることに、何も間違ったことはない。

質問者 確かに、普通の人で偉大な援助を行った人びとがいました。

マハラジ 世界が助けられるべきときが来たとき、偉大な変化をもたらすための意志と智慧と力が、何人かの人びとに与えられるのだ。】

(それが、全体の必要性から、ただ起こる場合がある、ということですね。)

その他、別の視点もありますので、マハラジの「I AM THAT」から参考までにいくつか挙げさせて頂きます。

【世界から自由になってはじめて、世界に対して何かができる。

その囚人であるかぎり、それを変えることはできない。

それどころか、あなたが何をしてもかえって状況を悪化させるだけだ。】


【あなた自身を救う前に世界が救えるだろうか?

そして、救われるとはどういう意味だろうか?

何から救われるのか?

幻想からだ。

救済とは、ものごとをあるがままに見ることだ。】


【あなたの世界はあなた自身の反映だということをまず悟りなさい。

そして反映のあら探しをするのはやめなさい。

あなた自身に注意を払い、精神的にも感情的にもあなた自身を正しなさい。】


【行動する前に、あなたの視点を正しなさい。

あなたのマインドを澄ませ、ハートを浄め、聖を神聖なものにしなさい。

これがあなたの世界をもっとも速く変える道だ。】


【実際には、他者は存在しない。

それゆえ、自分自身を助けることで、あなたはほかの皆をも助けるのだ。

もし人類の不幸に真面目に取り組むなら、あなたが持っている唯一の手段を完全なものにしなければならない。

それがあなた自身なのだ。】


そのほか、「伝えたい」等に関しても触れている記事(結構長いですが)が無空庵にもありますので、

参考にしてみてください。

(2年以上前の記事で、その当時の無空庵として起こったものであり、今はまたさらに皆さんと共に

進んでおりますので、参考ということでお読みください。

ただ、在るから起こることは、やはりその起こった姿形、言葉という形、その意味内容を超えての響き、

時間の経過に左右されない真実の響きというものはあります。

その辺りも感じて頂ければ幸いです。)

「師から弟子へ」

http://mukuuan.blog9.fc2.com/blog-entry-2665.html

自我(個人)が伝えたいのか(主体が、分離のもとにある自我)、意図、願望なき真我からただそれが起こってくるのか、

そのようなところで違いがあると言えますね。

「伝えたい」に限らず、純粋にただ起こってきたものは、

不思議とマインドにひっかからず、違和感、マインド的な重さ等もなく、

そして、必要であれば、まっすぐハートに届きます。

ハートに吸収され、その痕跡をまったく残しません。


さて


始めの共鳴は

自分自身でありました

いいですね。


アイコンタクトは

コズミックダンスという言葉が浮かびました

宇宙からの祝福が降り注いでおりました

ものすごい濃厚な「在る」でした

リンスしているような感じでした


その後

その濃厚さは

綿密な無限のいのちが密集している様子でもありました





瞑想は


銀河大に広がる宇宙船の中で

伸びやかに広がる自分自身を感じておりました


これは本当に気持ちいいです



(不思議なことに様々に青が今まで体験してきたことが

すべて繋がってスッキリ~~~~でしたよ)


ハートの共鳴は


スッキリ感が半端無かったです

その爽快感は

ちょっと表現できる言葉が見当たりません




立場を変えては

引き続きスッキリでした

何もない~~

自分自身であることの爽快感でしょうか

(濃厚な愛でもありました)

そうですね。





立場なし・ニュートラルでは


美しい調べでした






少し読み返して

わかりづらいことを書いているなあと思いましたが

すいません

そのまま送らせていただきますね

在るからの反応、応答もまた、

それに合わせたものになりますが、

ご参考までに。




純度の辺りが

青はよく分かっていないようです。。

徐々に、ですね。










どうもありがとうございました









ありがとうございました。

無空
スポンサーサイト

無空さんのセッション137回目



青さん

感想ありがとうごありがとうございました。


無空さん


先ほどは

どうもありがとうございました


いつもお世話になりありがとうございます


無空さん



浄化って何なのでしょう





先ほど

ふと思っていたのですが


この浄化といわれるもので

それが軽く現れようと

深く、重く現れようと

このセッションから離れていく方もおられます


これは

浄化から来るアクションということもありましょうが

それ以外ももちろんあるとは思いますが




セッション自体の

真実の光からの反応は

本当に人それぞれなのでしょうね^^

そうですね^^




さて


始めの共鳴では

突き抜けていきました

貫かれて銀河まで

そのまま

ここで

ここに戻り

愛でした

戻ることがとても重要なのだと感じました

はい。

戻ってきて

目の前の世界

二元性の美しさとお話ししましたが


このいのちの美しさ

味わいでもあります


アイコンタクトは

しばらく

押し問答をしているような感覚を感じておりました

(二元性の美しさとお話ししたからです。。)


そのうちに

押し戻されて

青は

青の自宅の

パソコンの前の

ここ

ここでたいへんに濃厚なものとなっておりました。。。

自分自身(愛・真我・在る)に戻ること

在ることが大切ですね。




瞑想は

完全に寝ておりました

いえ起きておりました

瞑想しておりました^^

心地よかったです

^^




ハートの共鳴は


ヒーリングシャワー~~~でした

癒しが起こっておりました



立場を変えては

その大きなヒーリングのウエーブの中に

小さく

しかししっかりと光る愛


そこに落ち着いていくのを感じていました

いいですね。



立場なし・ニュートラルは

その愛は大きな流れとなり

究極の愛へと変わっていきました


その大きな流れそのものの愛です

素晴らしいですね。







先ほど

無空さんのブログの

心の問題解消・マインド・幻想

から「真の癒しは、共鳴により自然に起こってくる」

http://mukuuan.blog9.fc2.com/blog-entry-225.html

という記事を見つけて

心底納得しております




初めて読みました。。

ありがとうございます



分かってなかったけど。。


知っていました

そうですね。



ありがとうございます



これからもどうぞよろしくお願いいたします








こちらこそよろしくお願いいたします。

無空







無空さんのセッション136回目



無空さん

ありがとうございます



青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

いつもありがとうございます

今日のセッションは

1週間仕事が忙しくて

本当に自分に関わっている時間が持てなかったようにも思います

そのようなときも在りますね。

忙しさもまた、在るであり、在るの現れです。




セッションを受けるということで

自分自身を振り返っておりましたが

いきなり

先週

出てきてそのまんまになっておりましたマインドが

いきなりやってきましたたね


「死んでしまいたい」

言葉に変換すると

そんな感情

そんなエネルギーの塊が

身体の中に巣くっております

これは

ずいぶんと永い付き合いの誤解でもありましょうかね


クンダリーニ症候群ですね

と言われたこともありました


本能と一緒です

分けることが出来ませんとお話しさせて頂いたこともあります

本質はひとつですから、本質的には分けることはできませんが、

純化は可能ですね。





分からず屋で

いや

この無知という

愚か者は


いつまでも泣いております






始めの共鳴では


そのエネルギーの噴出は収まらずに

鼻炎も高血圧も

その現われだな。。って思いました

その生死を越えたところは


本当によく知っている世界です

エネルギーを超えた

マインドを超えた

いのちそのものです

そうですね。


アイコンタクトでは

そのいのちは


独立しておりました




完全に独立していると思いました

青は

自分の中の愛だけを感じておりました

在る(愛)は、それ自身で(それ自身により)在ります。


瞑想では

どちらが

瞑想の世界だったのだろう

目を閉じたはずなのに

目を開けても

目を閉じても

始めから

目を閉じたのだろうか!!!

不思議な感覚でした

「わかりません」という言葉だけが出てきました

それ(在る・愛・真我)は、目の開け閉めに関係なく在ります。


ハートの共鳴では

表現不能の世界です


理解や体験は

じっくりとくるものではない

こともあるということでしょうか

はい、それ(真我・在る・愛)は時間を超えています。

それは、超えた在り方で起こってきます。

また、プロセスという視点からは、

気づかないところでもじっくりと準備され、

起こるときは突然起こる、と言い方もできます。

また、本質的な理解や体験は、いつも新鮮で、かつ、トータルなものであること、

その新鮮度とトータル性等から、連続的で継続性があるものではないと

感じられることがあること。

その他、超えたところでの少し深まりは、まったく次元が違うくらい感じ方が

違う場合があります。

そのため、じっくりくるものではない、と感じられることがあります。






理解やその体験は

人知では到底はかることなどなど出来はしませんね

そうですね。



立場を変えては

立場は変わっていたのでしょうか!!

その深いニュートラルのままでした

今回は、それが自然な(必要なひとつの)流れだったということでしょうね。



立場なし・ニュートラルでは


いきなり

やはりそのニュートラルの色が変わりました

天空から降り降り注ぐ愛でした

さらなる純化が起こるといいですね。






無空さん


無空さんは

どこまでも「在る」そのままで

そこにおいでくださいます


青は

いつまでも

なかなか

乗り越えられずに


ここというところで

苦しんでいます

苦しんでいるのはマインドですね


苦しむのも喜ぶのもマインドです


今回も

再び大きなマインドが出てきております

そのことで

今までも

何度も

無空さんの個人攻撃もしてきたこともある青です


今回は

それは卒業しております



どうぞ

ここを乗り切ることの力を与えてください

はい、すでにその力は在ります。

青さんにその力が在るというよりは、

青さんがその力そのものです。

(乗り切る乗り切らないは、マインド、個人です。

力を所有する主体も個人、マインドです。

それを在ると分けられない、という本質的な視点もありますが、

深い理解がマインドを貫き、深く浸透することにより、

主たる立ち位置が変わります。

そのとき、そこに立つ者(個人)はいません。

そこには、その立ち位置、

場、

在るそのもの、

愛そのもの、

いのちそのものだけが在ります。

その上で、あるいは、その中で、

ひとつの視点からは、

現れである個人、マインドは、なんの執着、粘着、

とらわれもなく、軽やかに楽しまれます。)

その理解が真に深いものとなれば、大丈夫です。











ありがとうございました。

無空










無空さんのセッション135回目

無空さん

ご返信

ありがとうございます







青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

セッションの感想です^^


始まる少し前から

熱い愛が流れ込んでくるかのように

それを感じておりました


無空さんとのセッションは

これが違うんだと考えていました


その愛を

青はしっかりと理解したい

そんな思いです

素晴らしい姿勢ですね。

その理解は間違いなく進んでいます。



ハートの共鳴の時に

一度途切れてしまいました



途切れている間も

ハートの共鳴は起きていました

そうですね。


本当に爽快な聡明な空間でした


やっとつながり

「ハートの共鳴をいたしましょう」と言われた時に


ええええ!!って気がついたのは

無空さんのあまりに素のままのお顔だったのです



ああ

私は

この方に

その愛を教えてもらっている

青が知っている愛

そうでなければ

分かり合うはずがない愛

その素のままの姿で

目の前に座って下さってる。。


これは

あまりに

当たり前で

その当たり前感は

もうほとんど日常であることを

何度も高速回転して

当たり前を超えて当たり前でした


ピタッときません。。

もやっとしたままなんです。。と始まる前に

お話させていただいておりましたが



このような流れで

青の浄化。。その理解を進めて下さいますね

本当に

ありがたいことです

在る(愛・真我)の大いなる計らい(愛)ですね。


この暖かさは

あとに何も残さないやり方ではありませんでした

その少し前まで戻して

青が分かるように起こっていたともいえましょうね。。

本当にありがとうございました

素晴らしく受け取られていますね。

それが、青さんの真実(愛・いのち・真我)に対する姿勢、

在り方の素晴らしさから来るものでもありますね。








ハートの共鳴では

切れる前と後では

その内容がまったく変わってしまいました

後の共鳴では人間無空さんを見ながらの共鳴でもありました


「ハートの共鳴です」という感想は

本当に

人である

ということの奥深さを感じておりました

色即是空

人即在る

在る即人

ですね。







さて始めの共鳴では

純粋な意識は身体にはどのように現れるのだろうか?でした

「鼻炎はありません!」でしたね(長く鼻炎に苦しんでおありますので。。)

すっきりですね。


アイコンタクトでは

上も下もなく

深い内的宇宙は

その外の銀河系へと広がり

それを司る愛の奥深さは

創造主のそれでしょうね^^

^^




瞑想では


本日始まる前に流れ込んでいた愛の中に

すっかりどっぷりと入っていきました

どうやっても癒されない

ピタッとこないのは

この愛の中で癒されるのだろうか。。なんて思っていたりしました


ともかく

先日までに感じ体験していた理解を

ええええって言うほど飛び越えていたように感じていました


続きはこうでしょう!!って

違うんですねえ~~^^

はい、真実の領域で起こることは、マインドの想像、連想等を

遥かに超えています。




ハートの共鳴では

「ではハートの共鳴いきましょう」で

その瞑想で味わう熱い濃厚な愛は

そのまま爽快で聡明な風となっていました

数秒後にプチとスカイプは切れてしまいましたね


フンフン~~♪と

途切れてしまっても

ポチポチと子機でお電話で大丈夫と思って安心しておりましたよ(^0^)



ところがプープーって。。2度かけ直しましたが繋がりません。。




そうこうしているうちに

スカイプは立ち上がって

繋がったようでした


青はハートの共鳴の感想を

そんな中でも続いておりました~^^ってお話するつもりでしたが


「ハートの共鳴にいきます」と

再びおっしゃっていただく無空さんに

!!!!!!でした


「ハートの共鳴でした」という感想をお話しましたが

在るは

跡形もなく

その姿を残したりはいたしません

しかし

今日のハートの共鳴は

ええええっていうほど無空さんを凝視している青がいました>

そのことがいったいどういうことなのか

何が起こっていたのか

青自身に必要なことが起きたということですね

(先に少し書きましたが。。)

ありがとうございました

素晴らしい理解で捉えられていますね。



立場を変えては

さらに

その部分に意識はフォーカスされてしまって。。

無空さんが

本当に素のまま

普通に見えておりました

在るは、素、普通、自然、そのまま、在るがままです。


それを見続けている

見せて下さっている

その当たり前のところ

意識の在りようですが

何も特別なことはどこにもありませんね

はい、何も特別なことがないことが特別とも言えます。

ただひとつであるもの(真我・愛・在る)は、そのように在ります。

何度か紹介させて頂いていますが、

リンクさせて頂いているまるまるさんのブログ記事「老子」も、

とても参考になりますね。

http://ameblo.jp/marumarusukkarakan/entry-11520241213.html






浄化が

少し(いえいえたっぷり)出てきているようでしたが

同時進行していく理解も大きく

本当にありがたいことです。。

はい、本当に理解も大きく進んでいますね。



立場なし・ニュートラルは


その神聖さも

日常の当たり前のところなんですね

はい。



満天でした



何度でも

様々に書き表現することは出来ると思いますが

その理解というのは

本当にひとつというものではなく

同時

多岐に渡っているという感じでもあります




先週

金剛薩埵であった青が消えてなくなったわけではないのです

その確信は

揺らぐことはありません

はい、それは「知っているところ(真我・愛・在る)」ですね。


ただ

浮上してくる

あるいは

まとわりつくように友人との

やり取りなので浮上してきております

その緊張感に関するマインドの浄化は

すいません。。


まだまだ

大きく引きずるマインドでございますね。。


どうぞ

厭きれられないようにと願うばかりです。。



未熟ものです。。

真の青さんは、真我そのものです。

それで在りながら、マインドが成熟していく様を

見守り、見届けていきましょう(愛)。


しかし

その真我実現まで

あきらめません


どうぞよろしくお願いいたします

色即是空、空即是色の視点からは、

すでにすべてにおいて真我は実現されている、

すべては現れた真我である、と言えますが、

それが深く腑に落ちて分かったとき、

その理解が存在全体を深く貫き、

存在全体に深く浸透したとき、

より自然で、あるがままの真我(在る・愛)として在れるようになるでしょう。




(ピタッときていたのですけどねえ。。

それは本当に。。http://ameblo.jp/beads-free/entry-11866309928.html

ゴールは間違いなく起こっておりました!!!!~~^^;)

ゴールそのもので在り続けましょう。

気づいたら何度もゴール(在る・真我・愛)に戻りましょう。

それそのもので在ることを重ねていくことで、

自己理解が進み、ゴールした者ではなく、

ゴールそのものとして安定して在れるようになるでしょう。

深い理解、真の理解が、現れの領域にも安定・絶対をもたらします。


来週もよろしくお願いいたします











こちらこそよろしくお願いいたします。

無空







sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle