無空さんのセッション173回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどはセッションをありがとうございました



今朝観ていたテレビで

私が感じ見ていたポイントは

深く

人がその本質で生きるというのは

こういうことを言うのだ!!なあ~~って

世界的にも有名でそのパフォーマンスに

目が離せなくなってしまうほどの

指揮者・小澤 征爾さんでした~~(^0^)

本質で生きるということは、本当に素晴らしいことですね。



始めの共鳴では

そのテレビを観ていて感じておりました

その深いポイントから

うちなる「美」から目が離せなくなっておりました

それはそのまま不動でした

リラックスしながらも集中している様子は

以前やっておりました舞踏を思い出すようなことでした

声も音楽

舞はこの肉体だな

と感じ思っておりました


同時に

統合や全体について

もっと知りたいと思っていました

(口には出さなかったのですが

その流れの中にあり

統合について

全体とは何だろうって思っています)







アイコンタクトは


リラックスの幅が大きく変わり

目が開いているのが難しいほど

安心しておりました

そのまま眠ってしまうぎりぎりにいきなり

引き込まれていきました


瞑想では

その

大きく濃厚なエネルギーに包まれていて

それを感じている時は

日頃にも頻繁に起こっているようなことなのですが

クンダリーニエネルギーとも関係しているのだろうな

という感じでした

そして

そのエネルギーを感じている自分と

そのエネルギー自体そのもので在る意識(気づいている意識)の

ちょうど際のところに

自分自身の視点があるように思いました



青は

エネルギーに敏感なところもあり

様々に囚われるようなことが日常ですから。。


気づいているということに

再び

焦点を当てなおす必要がありますね



さらに

気づく

さらに気づくということですね

はい、そして、全体のバランスがさらにとれ、

全体としてより統合されていくようだといいですね。




エネルギーの影響は

外からだけではないのです

その内的宇宙

自らの内側のエネルギーなのですね


実際のところ

そのエネルギーは

過去の未昇華なものだったり

未浄化なものだったり

様々に体験を通し

その体験を引き寄せ

その体験から

何か

またひとつ

またひとつと光が当たり

解けていくかのようです

はい、それは、気づかれ、体験され、

解けていきます。







「気づいている意識はどうですか?」という

無空さんの呼びかけが

どこまでも広がっていくようでした



ハートの共鳴は

またも大きく濃厚な愛のエネルギーが

大きく流れているのを感じておりました



立場を変えては


ありがとうございます



立場を変えていただくことで

その濃厚なエネルギーが流れていきました


「愛」だけが残る



でした

流れていかないもの、

全てが流れていっても残るもの、

それが本質です。



立場なし・ニュートラルは

一点

「美」



自分自身に戻っていました


わたしです

そこです。

それです。

何度も自分自身に戻りましょう。

まず、在ること。

(個人が気づいても、気づかなくても

それは在りますが、

気づいていて在ること。

そして、自己理解が深まっていけば、

それは意識せずとも、自然なものとなっていきます。)

そして、そこから何かがただ起こり、

それを体験し、

そしてまた自分自身に戻る。

(それ自身から、あるいは、それ自身の中で、

何かが起こっているとき、

その起こっているものを体験しているときも、

自分自身であるものはそのまま在り続けていますが、

体験が終えたら、あるいは、自然に気づいたら、

その注意、その意識━それは、愛でもありますが━

を自分自身に戻すことが大切です。

━自然に気づいたらときには、

体験からは離れていますが、

自らを自覚できていることが大切です。)

在るはそのようにして、何度も自らを再確認、再認識し、

自己理解を深め、

また、自らを実現していっています。




無空さん


いつもありがとうございます


本当に

この稀有で貴重な

このセッションという名の時間を頂戴できることは


本当に

何ものにも代えがたいものです



乗り越えられないものはない


人生は自己理解しかない

その「在る」ことにフォーカスしていくしかない

そんな風にも思うのですが


それを一人きりで

向かい続けていくことは

もうまったく不可能なことでした


ありがとうございます

ありがとうございます













ありがとうございます。

無空

スポンサーサイト

無空さんのセッション172回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

無空さん


ものすごく

軽くなっています


信じられない!!


ありがとうございます


ミラクルですね

はい、在るは普通であり、同時にミラクルです。





さて


ここ今しばらく両親(20年前に亡くなった母と一人暮らしの父)が

現れるようです



肉親の愛

肉親の愛情は本当に深き河のようです



ここに触れると

とめどなく涙が溢れてきてしまうようです



今日は

なんだか大手術のような共鳴だったように感じました

今回も、自然に必要なことが起こったようですね。




始めの共鳴は

先にお話ししていたことで

泣き出していて

止まらず。。

いつまでも

その深いマインドの中でした

息が出来ずに

苦しさのまま

何かを我慢しているようでした


アイコンタクトは

肉親の愛情に触れた時のようでした


ここに触れると

いつも泣き出すのです



瞑想は

何もない

何もないのに

沈み込み

また浮かび上がる

満たされた感覚がやってきて

ちょうど目をあけてくださいという合図でした



ハートの共鳴は

「第2幕という感じ」

この深い河



えええ。。まだここ。。~~って感覚をお話して

立場を変えて

に入りました!!!


ちょん!!!!っと

ゴールでした



宇宙空間に浮かぶ観音さまが

そのまま「ここ」でした


完璧さ

はじまりと終わりが「ここ」でした

そうですね。



立場なし・ニュートラルは




本日のセッション

共鳴の流れが

本当に



ミラクル



言葉もありません










ありがとうございました





なんども

なんども


隅々に浸透していきながら

その愛を受けることの喜びは計り知れないです




ありがとうございます

今回も素晴らしい共鳴でしたね。



















ありがとうございました。

無空








無空さんのセッション171回目


無空さん

外は雪です

ご返信ありがとうございます







青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどはありがとうございました


貫かれたところに深く深く入り
そこを味わい楽しんでおりました



合同共鳴ありがとうございました

2,3の蓮さんとのコメントのやり取りですが
その交流、その共鳴は大きく
「本日、合同共鳴があります」。。。
その記事を楽しみにしている今日この頃です

「在る」=真の自己理解
ですね

はい。


今朝は
自分自身を振り返って
この3年あまりの無空さんとのセッションが
真に
自分の人生
その核心
それだった
ということをしみじみかみ締めておりました


先週にも浮上してきておりました。。

青のスピリチュアルな半生の歴史が
ここに終結してきております



アイコンタクトの時は
思考が起こっていましたと
感想を言いました

その後の瞑想の時には
何を思考していたのか
分かりました

青が散々クンダリーニエネルギーが!!といい
エネルギー問題なんですといっていた部分だったようです

濃厚な愛が流れ込んできたり
・・・・・・だったり

いったいどうなっているんだろうと
大なり小なり
青はこのエネルギーに振り回されてしまっているようなことだったのです

それは
やはり
在るの真の理解が肝心だということですが

合同共鳴から落ち着いてくる理解も
青には大変有効なもののようです

ありがとうございます

合同共鳴も含め、
ひとつであるもの(在る・全体・愛・生命)がとてもよい感じで働いているようですね。




さて

始めの共鳴では

どこまでも

光の水平線の彼方
でした

どこまでも

どこまでも



合同共鳴を思い出していました

そのことをお話させていただきました




アイコンタクトは


その濃厚な愛は(クンダリーニエネルギー)
その「在るの理解」が
その合同共鳴の在るの理解から
落ち着いてくることを直感していたようです

思考していましたと感想ではお話しています
(その必要でアイコンタクトの直前に
蓮さんを思い出すことが起こっていたようでした)

必要な流れが起こっていたましたね。



瞑想では
深くピュアな本質を味わっておりました

また
同時に
アイコンタクトでの思考を紐解いておりました

「在る」の理解に尽きる

とお話しております>

これは

頭の理解ではありません

しかし

変容した頭脳というのはどのように働くのでしょう~

とても興味深いことでもあります~



ハートの共鳴は

在る=真の自己理解ですと

お話しています

どこまでも

貫かれていました


広大かつ深き自己です

そうです。

真の自己とは、無限の広大さ

無限の深さが在ります。

それそのものでもあります。




立場を変えて



あまりにピュアなそれ

純度、純粋性、とても大切です。

それは、ただ度、自然さ、シンプルさ、

また、それ自身に対する誠実さ、正直さ、真摯さ等にもつながります。





立場なし・ニュートラルは

走馬灯のように

人生の場面が出てきていました

どの瞬間も自分です



その直感は

また自己理解を深めるものでもありますね

そうですね。




しかし

無空さん


自分を理解することというのは

これほど楽しいものはないです!!!

はい、それは本質であるよろこびそのものでもありますので。



3年あまり

お世話になっております

もちろん辛いときもありました

その時は

本当にさまざまに八つ当たりをして。。

ご面倒をおかけしたり致しました。。

すいませんでした


そして

ありがとうございます



心から感謝しております

素晴らしく変容されてこられましたね。

また、自己理解も広がり、深まってきていますね。



本日も素晴らしい共鳴セッションを

ありがとうございました







ありがとうございました。

無空

無空さんのセッション170回目

無空さん

ご返信をありがとうございます







青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどはありがとうございました



濃厚な愛が注ぎこまれてきております

クンダリーニエネルギーが関係しているようにも思いますし(過去の青から

そのように感じております)

最後に

宇宙連合が勢ぞろいで

その宇宙船の時空間の中に

青も立っておりました~~そんな風な

立場なし・ニュートラルだったのです


そんな風なセッションの日もあるということで。。。

そうですね。


これまで

3年あまり

どのようなセッションであっても

必要で起こってきており

またどこにもどれにも執着することなく

さらに流れ溢れ

広がる光のように


そのように

じっと

「在る」

その在り方を無空さんから学び

頂いているのだという認識なのです

素晴らしい認識ですね。




しかしながら~

本日の青は

混濁していましたか?

見えない世界のことはわかりませんが

野次馬も多く

また自身の過去のエネルギーや

その当時に掴んだエネルギー体など

まあ

様々にマインドの層は厚く

ここにあるなああ~~って

感じるようなことでした

混濁のように感じる状態は、

さらに全体的にクリアになるプロセスが

進行しているということでもあります。





どの共鳴中にも


現れては消えながら

青の過去の記憶と(とても深い記憶なのです

いわゆる霊体験のようなものです)

時空を超えたような体験は

若い頃よりありましたので

それらの記憶が浮上してきているとともに

浄化し消えていく姿と思っております

はい。



今しばらく

どうぞセッションの継続をよろしくお願いいたします

こちらこそよろしくお願い致します。





混濁した

青の若かりしスピリチュアルな体験の記憶と

エネルギーなんです




本日の

青の感想は

混濁する

青の過去のスピリチュアル体験と

そのエネルギー体を体験しているようなことでした

再度体験しながら、消えていくという感じでしょうか。



最後の着地点である

ニュートラルが

宇宙連合なんですもの。。


ちょっと

無空庵さんでは異色なものでしょうね。。

在るの中では、すべてが起こり得ます。



とりあえず

直後の感想です

ずいぶんと

混濁したままです。。



ありがとうございました

時間も経てば

消えていくものは消えていき

もう少し落ち着くことだと思いますが

そうですね。



本日のセッションでの理解は

とても大きく深いものだとも思っております


それら多角的な側面が同時に起こってしまったような感じでもあります


しびれるような「愛」の感覚が残っています

大きく深いセッションだったということが言えるかもしれませんね。



感謝の光が

何体も浮かんで消えていきました





すいません

まったく

まとまっておりません





とりあえず

送信させていただきます。。。。




いつもありがとうございます


どうもありがとうございました












ありがとうございました。

無空






sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle