無空さんのセッション230回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

この無限をどのように理解したらいいのでしょう~~

って昨夜の合同共鳴での感想から

お話をさせていただきました(^0^)

また!

さらに

いろいろと話を聞いていただきありがとうございました

つっかえていたものが取れた感じです!!!

よかったです。

ありがとうございました!!




さて

始めの共鳴は


サットバ

気づきの光

ニュートラル

無風

エネルギーが止んでいる

でした

(これは無空さんのセッションを受け始めた頃の

青の理解するニュートラルでしたね^^)


アイコンタクトは


一筋の道が拓かれていきました


それは王道でした

王道がいいですね。

在るは、王道です。



瞑想では

サット・チット・アーナンダの道でした



至福そのものでした



ハートの共鳴では


無空さんに感想を言いながら

笑う自分に

ゆうこさんが重なっていました


ゆうこさんと共に共鳴してる



でした^^



立場をかえては


愛でした



純粋さを増していく愛を感じておりました




立場なし・ニュートラルでは


「どうですか?」という無空さんのお声で

すべてが消えました




ありがとうございます

今回も、素晴らしい共鳴でしたね。



一度として同じ共鳴はありませんね



しかし

確実に理解が進んでいることを実感しております

はい、その理解を推し進めるのが、ゼロ意識共鳴です。


本当にありがたいことです


いつもありがとうございます



また

次回どうぞよろしくお願いいたします








こちらこそよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

無空




スポンサーサイト

無空さんのセッション229回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

素晴らしい共鳴をありがとうござました



まあ~言葉に変えてしまうと

なんとも~~それだけ~~!?ってことになりそうですが



その素晴らしさは

この出会いから

その瞬間まで

すべて

です


この瞬間というもの

いのちの根源とも表現されますが

それをこのようにダイレクトに味わうことができるのですね!!!!

すごいことだと思います

はい、ゼロ意識共鳴は、ダイレクトです。





意識そのもの


超えるということ

それを理解できるということ

その理解が

府に落ちるということ



生死


人生の苦において


今までの聖者方が

今まで説いてきたことの真実を体験することが出来るんだ!!!って




すんなりと納得している青でした

体験を重ねることで、それはとても自然なものとなりますね。






始めの共鳴は

シンプルでした

淡々として

そのリズムは

規則正しい

安定している

でした


そのうちに

ヨーガスートラの中に出てくるのですが

人間の性質には「サットバ・ラジャス・タマス」とあるのですが。。

(青は最近ヴァガバッド・ギーターを読んでいて。。少し気になっていたのです)

サットバって何だろうという気持ちが出てきて

すぐに答えが返ってきました

サットバは

気づいている意識

この明るさ軽さがそうなんだ

と思っていました

よい理解ですね。

在ることで、自然に必要で的確な理解が起こってきます。





アイコンタクトは


愛の一滴が

ひろがりました

その波紋は

美しい音楽を奏でていました


その音楽は

私にしか聞こえない

尊く美しいことですね。



瞑想は

深くくつろいでおりました


ハートの共鳴では

ライムのような

フレッシュさ

明るい

柔らかい

でした




立場をかえては


意識にフォーカスしていました

時空を超えるというのが手にとるようでした

わたしたちは肉体だけではないというのを味わっておりました


立場なし・ニュートラルは


宇宙の塵です


その構成要素は

時空を超えて

何一つ

無駄なものなどなく

ぴったりしている!!(^0^)


そんな感じでしょうか

うまく表現できません~


聖者の話す真実を味わい体験できるのだなあ~~って

ここにすべてがあるんだな~~って

思います

はい、在るは、すべてのすべてです。





ありがとうございます



思いのほか

普通に当たり前に

シンプルに


素晴らしいと言う言葉ですが


その中に

どこまでも真実があるんですね~~

はい。




いつもありがとうございます







ありがとうございます。

無空




sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle