無空さんのセッション38回目

無空さん

いつも変わらぬ愛と

ご返信をありがとうございます



無事に戻られてよかったです~~(^0^)







青さん

感想ありがとうございました。


無空さん


 先ほどはセッションをありがとうございました

スカイプ最後に

もみくちゃにされろ~などと荒い言葉を投げかけてしまったことを

恥ずかしく思います

すいませんでした

在るは、まったく気にしておりません。

大丈夫です。

私も無事帰ってきました(^_^)



本当にこの1週間はツムラまで行きませんでしたが

泣いておりました~



何度も

寂しくなっていたのです

(行って帰って)


あはは

道は遠いなあ~って思いました

大きく自分が進んだように感じたりしたのは夢だったかな~って感じです

浄化や抵抗のマインドが起こるたびに、そのように考えてしまいがちですが、

まったくそうではありません。

そのようなマインドは、ある意味、最後まで出てきますので、

理解しておいて頂くと、より振り回されずに進んでいくことができます。



セッションが始まる

30分前に

「幸せ」があり

このフィーリングを忘れていました~

本当に久しぶりでした


このフィーリングは

それが

それそのものですと

以前指し示していただいたそれそのものですが


私と言ったら「それ」

わたしはなにもの? という問いは

それそのものしかない

その体験の中で

実感として確信するに至るわけですが


それを

日常生活で

息子

旦那

認知のおばあちゃん

おじいちゃんに

見つめ合うだけで

もちろん

そのような問いは起こればいいですが

起こらない

ただマインドを満足させて欲しい

もっと深い部分からの満足したいという渇の自覚がない

だた目の前の

私の目の中にそれを見つけるだけだとしたら


それを

ずっと欲しがることに繋がっていくのではありませんか?


欲しがられることも

そのまま愛と感じて

それを受け入れていくのかなあ

私自身は

そこまでまだ成熟してないのか

もっとわがままで

この身の満足

この心の満足がはじめに終了してしていないと

やはり

何ひとつ家族も含め

この愛は広がることもないです。。。。



遠いです。。。


浄化ですね

遠いという思いが浄化ですね。




もっと

もっと

この奥深いところの部分の満足がないと

本当に先に進めないです。。。



マインド出まくりですが・・・

はい、出るマインドは出しておきましょう^^

そしてまた、何度も出てくるマインドはマインドとして、ただ気づいていて、

そのままにしておきましょう。

本当の青さんは、マインドではありません。

(愛が)起こる、起こらないに囚われるものではありません。

ただ愛として“在る”ものです。

それが起こる、起こらないは、全体の必要性の中での自然な現象です。

誰かに起こり、誰かに起こらないのも、

全体性、関係性、そのときどきの環境等により自然なことでもあります。

(全体の必要性から愛が起こらないことも、愛です。

それがそのときの相手の方にとって必要であれば、

そのように愛が起こらないということもあります。)

究極は誰もいません。

愛だけが“在ります。”

愛は、在るものです。

現れのレベル、起こるレベル、多様性の世界で、

一律的な起こり方を理想とし、目指していると、無理が生じてきます。

それはとても不自然でもあります。

(それにとらわなくなったとき、逆に安定した起こり方となる場合もあります。

 また、まだ在るが分かっていない、目指してもいない場合などは、

一定の現れの理想などがあった方がマインドの方向性が出てよろしいですが

(マインドのあるがままは無秩序、不調和になってしまう可能性もありますので)、

青さんの場合、すでに絶対的な秩序、現れのすべてを正し、整える基盤、

調和そのものである在るが分かっていますので、

現れレベルの理想は軽やかに持っておき、より在るに焦点を当てるようにするのがいいです。)

そのような思いがあり、また何度も起こってくることはかまいませんので、

それはそれで(そのマインドはそのマインドで)、という感じでただ気づいて、

そのままにしておきましょう。

そして、多様で複雑な現れから、シンプルな在る(ニュートラル・愛・幸せ)に戻りましょう。

ただ戻りましょう。

そこがすべてを正し、整えるところ

現れも含めたすべてを満たすところ

すでにすべては満ちていると分かるところです。


満足がない部分が満足すると、マインドも落ち着き、

スムーズに先に進めるという視点もありますが、

それをしていると、きりがなくなる場合もありますし、

とても時間がかかる場合もあります。

満足とは逆ではありますが、取り組みとしては同じである「欲望をあきらめる」という視点からの

ニサルガダッタ・マハラジの言葉を「I AM THAT」から紹介します。

『質問者

そのように欲望をあきらめるには、時間が必要ではありませんか?

マハラジ

もしあなたが時間にまかせるならば、何百万年もが必要になろう。

欲望をひとつひとつあきらめていくことは、果てしない過程となる。

欲望と恐れは捨て置き、欲望と恐れの背後にある主体に注意を向けなさい。

「誰が望んでいるのか?」と問いただしなさい。

欲望が起こるたびに、あなた自身へ注意を戻しなさい。』


満足がない部分は、そのような思いがあるとただ気づいていて、

焦点は、ひたすら「在る」(ニュートラル・愛・幸せ)です。

もっとも大切なものに最初に確立しましょう。

.現れも含め、すべての面倒を見てくれるものに、まず落ち着きましょう。

マインド、感情は何度も起こってくるでしょうけれど、

その度に、「在る」(ニュートラル・愛・幸せ)に戻りましょう。

そして、感覚、フィーリングを超えた深い理解へと進んでいきましょう。

それは、感覚を超えた感覚、フィーリングを超えたフィーリングです。

そうすれば、たとえ、ご家族に対する反応がこれまでと同じであっても、

絶対的な愛が変わらずに在り、その上でそのような反応やパターンが

軽やかに起こっていることがわかるでしょう。

絶対的な愛の理解に確立してくると、そのような反応やパターンが起こることも

もはや問題ではなくなります。

(反応やパターンの方に焦点が強く当たっていると、そこが活性化し、

それがより現実的なものとなります。

そこに焦点が強く当たらないようになってくると、

もはやその反応やパターン(起こらないことも含め)は、力を持たなくなります。)

問題でなくなると、反応やパターンも変わっていきやすいですが、

現れの様相にはあまりこだわらず、とらわれずに、

また、こだわりやとらわれが何度も起こってくることにもとらわれずに、

ただただシンプルに、まず一番大事なもの、すべてを満たすものに確立していきましょう。

より深く、より深く確立していきましょう。




さて

共鳴の感想ですが

無空さんのお顔がお侍のようでした

在るには、すべての質、側面があります。

アイコンタクトは

優しい柔らかい感じで

頭の後ろをずっと撫ぜられているようでした

瞑想では

大きな意識の中に吸収されていて

安心感が堅固な感じでした

ハートの共鳴では

深い部分に光が当たっているようでした

その味わいは

ニュートラルのようでもあり

立場を変えての時でもありという感じでした


立場を変えては

肩甲骨の間がカ~っと熱くなり

とても気持ちがよかったです

以前鍼灸で針を打たれた時を思い出しました

人智を超えているという感じです

真後ろから

私ではない大きな意思の様なものが

前面に向かい流れ出していました

共鳴中は、やはり必要なことが自然に起こりますね。


立場なし

ニュートラルは

口を開けたとたん

話したいことがありませんでした

一瞬に

すべてが消えました


わかんないでした

ニュートラルですね^^

そこには、顕現した具体的なものはまだ何も無く、

すべてが潜在的な無限の可能性そのものとして

未知の状態で実在しています。






今日も

貴重な時間をありがとうございました



成長は本当に

少しずつ、少しずつですね~

そうですね~

それが身についていくということでもあり、

実現されていく、ということでもあります。




これからもどうぞよろしくお願いいたします










こちらこそよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

無空





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle