無空さんのセッション34回目

無空さん

いつも変わらぬ愛とご返信をありがとうございます



この愛は

存在することの愛

生きることの愛

生きていくことの

深い理解です



わたしたちは

この愛ですね~(^0^)
















青さん

感想ありがとうございました。



無空さん


セッションありがとうございました


今日は

お声がとても低かったですね

そのトーンはなんだろうと思っておりました

私はいつもどおり自然体ですので、

何か必要に応じてそのように起こっていたのかもしれませんね。



私の立ち位置は

ニュートラルではあったと思いますが

感情とマインドが

かなり浮上していたセッションでした

共鳴セッションでは、静かなときもあれば、

浄化として、感情やマインドがかなり浮上してくることもあります。

それはとても自然なことですが、

その中でも、ニュートラルで在れたということが素晴らしいですね。



旦那さんはその後

「昨日はごめん」とドーナッツのお土産をいっぱい買って帰ってきました

子供たちにあやまっていました

もちろん私にもです(^0^)

よかったですね。




しかし

無空さんと無空庵さんが


本当に

消え入るように遠く感じている今日この頃です

ニュートラル度が増しているからではないでしょうか。
それは進んでいる証拠です。

ニサラルガダッタ・マハラジ「I AM THAT」から、ご参考までに。

『グルは私に言った。「私を信頼しなさい。あなたに言おう。あなたは神聖なのだ。
それを絶対の真実として受け取りなさい。あなたの喜びは神聖だ。あなたの苦しみもまた神聖だ。
すべては神からやってくるのだ。それをいつも覚えていなさい。あなたは神だ。
あなたの思いのみが為されるのだ。」と。
私は彼を信じ、すぐに彼の言葉が的確であり、驚くほど真実だということを悟ったのだ。
私は、「私は神だ。私は素晴らしい。私は超越している。」と考えることでマインドに条件づけをしたわけではない。
ただ「私は在る」という純粋な存在にマインドの焦点を合わせ、そのなかにとどまるという彼の教えにしたがっただけなのだ。
私は、「私は在る」以外何もマインドの中に置かず、何時間も座ったものだった。
そしてすぐに平安と喜び、すべてを深く抱擁する愛が私の正常な状態となった。
そのなかにすべては消えていった
-私自身、私のグル、私の生きた人生、そして私の周辺の世界が。
ただ、平和と計り知れない沈黙だけを残して。』

ニュートラル(在る・愛)度が増して、すべてがニュートラル(在る・愛)になってきているのかもしれません。

愛しか存在していなかったと、すべては愛だと、より深く気づくことができるでしょう。



そして

ここはどこでしょう?



暖かく光に包まれています

そんな今日のセッションでした


(日中の今日の友人宅のランチ会でも

彼女たちが遠かったんです)

世界は遠ざかり、一なる愛がその全貌を現し始めます。

より深く真実を知った後は、また自然に軽やかに世界は帰ってきます。

大丈夫です。

愛は何も排除しません。

それはすべてを包むもの

すべてのすべてです。




始めの共鳴では

このセッション

このご縁のありがたさが

ガンガンとやってきていて

定期的に受けていると、

ついついそれが当たり前になってきがちですが、

そのくらいセッションを大事にされているといいですね。

いつも欠かさず、セッションの継続の恩寵に感謝されている方もいらっしゃいます。



「止めたくない」が突然やってきて

感情は

何の判断もすることなく

ただ溢れるままに涙でした


私がいつも感じて

ニュートラル

「生きている」ところでした

それそれそのものが望んでいるんですね。

これは、

真我(在る)の 

真我(在る)による 

真我(在る)のためのセッションです。

いのち(ニュートラル・幸せ)の 

いのち(ニュートラル・幸せ)による 

いのち(ニュートラル・幸せ)ためのセッションです。

それ以外何も存在しません。





アイコンタクトは

そのまま

感情が出てくるままでした


このありがたさは

このありがたさは

と泣いておりました


もう最後かもしれないとの思いもありました


いつも

最初で

最後ですね

そうですね。



とつぜん

ヒロさんのお顔が無空さんに重なり

あれ?と

冷静さがやってきました


水を上から打たれたように静かになりました

必要なことが起こりますね。


瞑想は

暖かくまぶしい光に包まれていました

ここはどこだろう?

小鳥の声もしているが

この世だろうか?という感じでした




ハートの共鳴は

無空さんは透明になって消えていきました

いつも消えていくとおりだなと思いながら

いつも

かすかに残るこのフィーリングを求めていたんだなという

感じです



そうです

「幸せ」のフィーリングだけがありました

それだけがありました

私たちはこのフィーリング「幸せ」だけなんだと思いました

それは幸せそのもの。

愛そのもの。

それだけが実在です。




立場を変えては

いのちの味わいそのものです


ニュートラルは

「もともとそうであったところ」と伺い

完全

立命

という言葉が出てきました

そのとき、とても的確だと感じました。




味わいは

ちょっと言葉に出来ないです

内側から悦び震えだしていたようです

いのちの悦び

在ること、生命そのものの悦びですね。




私が

「知っている」という言葉を

使う時

本当は何も知らないのです

無知の知というのもありますね。

なぜなら

本当にそれを知ったときは

そのように

「知っている」などとは言わないと思うからです


知っているという言葉を

もう少し丁寧に使いたいと思いました

まして

無空さんに向かいその言葉を使うときは

再認識のありがたさが

どれほどのものなのか


今日は

どれだけ涙を流していたでしょう

いつも

きちんと

お話できません


自分でも

この感情が何なのかよく分からない部分があります

しかし今日は

かなり

いろいろな感情がたくさん出たように思います

出て行ってクリアになります。

昨日の青さんのブログにも、これまでのセッションの録音を聞き返されたとき

そのときに感じていた感情はやはりきれいに無くなっていたと書かれてありましたね^^



今も

ニュートラルの味わいが濃厚に

至福感もひと味変わった感じです


ただ

ブログにも書いたとおり

恋をしているかのようです

真実に強く惹き付けられているのではないでしょうか。

その真実とは、真の自己、自分自身でもありますね。

ですから、けっして離れていません。

距離ゼロです。

惹き付けられている者が、惹き付けている者でもあります。

ただひとつのものだけが存在しています。

その理解に深く落ち着けるようになるといいですね。




これは

またエネルギーの関係でしょうか?

よく分かりませんが

トータルに「私」で「在る」ように

「生きていきます」

はい、それがいいですね。

「私」は、英語で「I」。

それは、アイ(愛)であり、ローマ数字のイチ(ひとつ)でもありますね。







また

来週もお会いできますように





こころから愛と感謝をこめて












ありがとうございました。

無空









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle