無空さんのセッション27回目

無空さん


いつも変わらぬ愛を

ありがとうございます




青さん

感想ありがとうございました。

 


無空さん


セッションありがとうございました

あれ

もう

消えてなくなっていきますが・・・



いつも

ブログをお読み頂きありがとうございます

直後の様子はブログの方に書かせていただきました

読ませていただきました。
これからもセッション中に、うまく話せなかったこと等があれば
ブログに書いて頂くといいかもしれませんね。
また、さらに進んでいけば、セッション中にうまく話せなかったりしたことも
ただそのように起こったということで気にならなくなるかもしれません。

たとえ話そうと思っていたことがうまく話せなかったり、伝えられなかったりしたとしても、
私は皆さんの本質である「在る(愛・真実)」を絶対的に信頼しています。
それは、知っているという絶対レベルにある信頼を超えた信頼です。

それがすべてを整え、すべてを正していきます。

ですから、

大丈夫です。


生きている悦びを

この共鳴で実感していく

今日この頃です

とてもいいですね。
そして、それが日常のものとなっていきます。


エネルギーも落ち着き

味わいも安定して

うれしい朝の目覚めもこの頃は安定してきております

(酷い頭痛など起こっておりません(^0^))

とてもいいですね。

ありがとうございます~


無空さん


心から

感謝しております






さて

本日も

やはり

お話が長くなってしまいましたが

楽しかったです




いのちと

いのちの響きあい

結果

ここに来ているということでいいんじゃあないですか

という締めくくりでしたね

はっきりと

言葉で

納得したいというマインドの欲求があるんですね

在ることで、そのマインドがさらに成熟していくといいですね。
在るという直接体験から、自然にマインドが静かになっていくようだといいですが、
マインドが欲しがっていて、マインドが受け取れるものというのは、ある意味、真実の表面のわずか一片でしかありません。
実感、直接体験、在ることの方(そこから来る直知、直接理解)をよりメインにしていきましょう。
言葉での理解は、ときに真実を限定してしまったり、表面的なものにしてしまう可能性があります。


ここんところ

また

言葉に出来ないもどかしさみたいなものが

少しありますが


そのうちに

きっと

またもっと

私自身の話したいことをうまく伝えられるように

それがきちんと

無空さんに伝わるように話が出来るようになりますように

まずは、体験と理解をより深め、それに確立していきましょう。
そうすれば、短い言葉、簡単な言葉の中にもより多くを含めることができるようになってきます。
また、余分なものが落ちていきますので、より自然に、よりシンプルになってきます。

純粋さの他に、自然さ、シンプルさ等も時々、確認できるといいかもしれません。





話すことは難しいです

マインドの領域を超えた真実を言葉で現わすのはもともと難しいですから、
ご自身の感覚や、共鳴中に私が「どうですか」と聞いたときにも、うまく話せないのはまったく問題ではありません。
話そうとする際に、その状態に再度意識を向けること、そしてそれを感じとり、言葉にしようとすること自体が、その状態をより深め、より確かなものへとしていきます。
ここの部分がある意味とても大事ですので、実際、それをうまく言葉にできるかどうかは二の次くらいに考えていられるとよろしいと思います。



さて

共鳴ですが

今日の

無空さんとの共鳴は


いつもの日常普通の状態でした


いいですねって

おっしゃっていただきました


ありがとうございます


これでいいのですね

はい。
真我は日常から在りますから。
また、真我なくしては日常はありません。


本当にこの頃は

この共鳴状態のままです~(強弱はありますが)

とてもいいですね。

気持ちいいです

楽しいです

ありがたいです

感謝と共にです~

すぐに涙がでます

なので

浄化がよく分かります

素直になれます

まだまだ

まだまだ

無空さんには

素直な感謝と愛でお話しできませんが

十分に伝わってきてますので、大丈夫です。
ありがとうございます。



いのちといのちは

響いていますか?


わたしのいのちは届いていますでしょうか?(^0^)

いのちが届いていなければ、出会うということもありません。
セッションは起こりません。
しっかり共鳴は起こっています。
それはこれまでの青さんの変容が証明してくれていますね。



まだですね~

そのうちに

そのように起こりますか?


「わたしの」

が取れたら起こりますね~(^0^)



自分でつっこみました(笑)

よいつっこみですね(笑)
「わたしの」がとれたら、さらに深い、よりトータルな共鳴が起こるでしょう。
ただ共鳴中、ずっと「わたしの」がついているわけではありませんので、
必要な共鳴は十分に起こっています。







アイコンタクトでは

アイコンタクトを探りにいきました

すいません



そのまま

起こるままにです


何とかしようというわけではないのです


深く楽しかったです

それが自然に起こったのでしたら、それでOKです。
それを習慣にしたり、公式化しなればいいです。


息も止まりました

濃厚な海の底のようでした

お帰りなさいの在るところ

中心に向かって(上なのか内なのかよくわかりませんが)

触手を伸ばしていったようです

今も

ここにあります


もう

伸ばさなくてもいいみたいです

それでしたらいいですね。




なかなか直らない

横着なところのある青です


すいません


いつも変わらぬ愛でありがとうございます




次回もどうぞよろしくお願いいたします


(^0^)



どうも

ありがとうございました








ありがとうございました。

それから、セッション直後、そして翌朝の記事についてですが、

『どうやって

それを

それと

集中していかれたのか

それが聞きたかったのです』

とありますが、方法よりも、真剣さ、純粋さ、誠実さ等が大事です。

なぜなら、実現されるべきものは(すでにそれでも在るのですが)、純粋性そのものだからです。

参考までに聞かれるのはよろしいですが、シンプルなものを複雑にしたがるのがマインドです。

シンプルで在りましょう。

それから、翌朝の記事についてです。



『今回

本当に

感情が動くことなく聞いていたのが

自分でもびっくりしましたが

真実と

愛が近いとおっしゃっておられましたね』



ここは話の展開からそのような言い回しになったかもしれませんが、

真実=愛

です。

愛がすべてで、すべては愛ですから、真実と愛は違うものではありません。

愛が真実でなくて、何が真実でしょうか。

同じひとつであるもの、すべてであるものの違う側面くらいに捉えていらっしゃればよろしいと思います。


『あれ~

では


男女の愛って?


愛を感じるとか

感じないとかっていったいなんでしょうね~(^0^)』



男女の愛も、存在(真実)の愛の現われです。

愛を感じること、感じないということも、両方、存在(真実)の愛の現われです。

ポイントが分りますか?

それは森羅万象に共通する普遍的絶対本質です。

存在(真実)の愛は、現われのすべてを支え、また、現われのすべてとして現われています。

それは、男女の愛、グルへの愛などに限定されるものではありません。

それは、絶対無限であり、定義不可能、限定不可能です。

それをマインドで知ることはできません。

それは、ただそれで在ることによる直知でのみ知ることができます。

全部が、「愛」です。

それが一元性です。

それが真実です。


『グルとしての

愛を捧げますと書きましたが


これは


わたしの

真実に

そむくことなく

愛に

愛をささげますです~

やはり

少し感情よりでしょうか~(^0^)』



ただひとつの愛、絶対レベルの愛が相対世界に現われたときにそのような形をとることもあります。

愛に愛をささげます~ はとても素晴らしい姿勢ですが、まだ二元性が残っています。

愛に愛を捧げる者が愛に溶け、愛そのものであることを思い出すことが大切です。

愛は存在そのものです。

在るが愛です。

在るという中に、愛に愛を捧げるということも含まれています。

ただ在ること。
このシンプルで究極の愛を実現していきましょう。

では、また金曜日に。

無空










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle