無空さんのセッション18回目

無空さん

ありがとうございます







青さん

感想ありがとうございます。


無空さん

先ほどはセッションありがとうございました
楽しかったです~(^0^)

スカイプを少し前にオンしていたことも
すっかり忘れて・・・これじゃあおばあちゃんと一緒ですよね~(汗)

30分前より姪と話していました・・・私のブログをちょくちょく見てくれているようで
これから無空さんのセッションですと話したら
このまま3人でセッションしたらだめ?と聞いてきておりました(^0^)(全く忘れてました)

そして
今日はまさかのおばあちゃんと息子共々のリビングでのセッションでした

ありがとうございました

おばあちゃんは挨拶直後に
爆睡でしたね~今日は合同共鳴でも爆睡でしたから
セッション後になんと自分でトイレ、水道の開け閉めが出来ていたのでびっくりでしたよ!!!

息子も
終了間際爆睡でいびきをかいていました!

なぜか眠ってしまうのですね~

ゼロ意識の共鳴場は心地いいですからね。
そして、個人がいない場ですから、通常ですと皆さんが寝てる状態です。
個人がいない状態で、目覚めていることに慣れていない方は、
自然に寝てしまうことが多いかもしれませんね。
そして、それが自然に起こるなら、その方にとっては、眠った状態がもっとも共鳴の恩恵を自然に受け取れる
形であるということです。



さて

今日のセッションですが
朝から何度もこんなにも面倒をみてもらっている感いっぱいでした

 ありがとうございます

ただひとつの真我(愛・空)は、誰一人の例外もなく、絶え間なく、
すべての存在の面倒を見ています。


最初の共鳴では
言葉に変えたら
「新鮮」「若さ」でした
そして「初々しい」でした

それは、真我(未知・今)の代表的な質でもありますね。

そこで
嶋田さんも昨日のセッションで「新しさ」とお話されていたと伺い

・・・・・・嶋田さんが分かりませんでした
奇妙でした

「新鮮」「若さ」「初々しい」という真我の状態の中で、マインド・記憶が落ちていたのかもしれませんね。

私が知っているのはだれ?なに?ですよね
遠隔ヒーリングでしか体感しておりませんので・・・

少し間があき木曜日に嶋田さんを思い出した瞬間を思い出しました
これはいつもメールなどやり取りさせていただくときに感じる嶋田さんです
(^0^)



アイコンタクトでは
懐かしく
ここ知ってるよ~って

お話させていただきましたが

瞑想で入るところです

しかしそこから
さらに深い味わいが・・・
とろけました~
何でしょうか
心地いいなんて単純なものではないです

それは、奥深くトータルなものです。

一緒に瞑想では
完全に護られて安心でした


最後には
大きなエネルギーボールの中にすっぽりと包まれて
ぐんぐん
じんじんというほど
気持ちよさを感じていて
そこから出たくない
目を開けたくないという感じでした

その気持ちよさからも自由になり、いつでも何のためらいもなく、
そこから出てこれるようになると、さらに進んだ状態です。

それは、自分自身がそれそのものであるという自己理解が深まってくると、
自然にそうなります。

今は、「そこから出たくない」、「目を開けたくない」が自然ですので、それでOKです。
そしてそれは、そのぐらいよい共鳴が起こっているということでもありますね。

ハートの共鳴では
横にいるおばあちゃんとひとつでした
何度か無空さんまで感じるかな~とも思いましたが

強烈におばあちゃんといっしょでした(^0^)

それも必要により、自然に起こったことですね^^


昨年11月から共鳴セッションが進んでいき
以前のしんどかった共鳴はなんだったんだろう~というほど
すっかり自分が変わってしまいました

記憶が喪失するようなことも今は起こっていませんし・・
前は完全に思い出すことが出来ないぐらいでした
刹那、気を失っていました

はじめのうちは、タイプによっては、
時に激的な体験も起こることがありますが、
徐々に安定してきます。


先日のエネルギーワークも功を奏したようですが
実際無空さんのセッションは無限ですので
本当にこれからが楽しみです~

ありがとうございます





ありがとうございます。




(はい、以下はメールに書きますの部分です



そんなことで内側で
すがすがしさを感じていたのですが
引き続き共鳴が進んでいきましたが
なぜかそれは上部に上がっていき
内側ではそのまま味わいのエネルギーがありました

上から気づいているエネルギーが注ぎ込んでくる感じでした
どんどん混ぜ合わさってくるとともになんだかその混ざるエネルギーが
何度も下まで降りて行き
(汗)

ゆっくりときましたが、このまま感じ続けるわけにもいかず
また自分もそのままその感じを追いかけていきそうになり
「あ~」と声を出し止めました



無空さんの共鳴後に(最初の頃)
気づいている意識を意識するときに
自らは内側のいのちの味わいのエネルギーを感じていて
その気づいている意識が上から流れ込んでくると
その一滴が科学反応を起こすんではないかというぐらいの
濃厚な気持ちよさを感じたこともあります
これは純粋にびっくりするほど

しかし今回はそれとともに
もっと広く緩やかでしたが気持ちよさとともに
すいません
うまく話せませんが

何かが混ぜ合わさる感じから
官能がやって来そうになっておりました


恥ずかしくて
笑いが出ていました~
本当、困り者です
恥ずかしいです
なんでしょうね~
という事でした

ごめんなさい

またもう少しすがすがしく感じられるようになるといいです
透明感が足りません~)

このくらい軽やかに書けるようになっていらっしゃるのはとてもいいですね。
やはり、存在全体がかなりクリアになってきている証拠です。

これまでの習慣、パターン、もしかしたら、クンダリーニ症候群によるものかも
しれませんが、それが起こっても、判断せずにただ気づいていましょう。

先週ブログに書かれてあったように、気づいている意識は最強です。
それが、よりしっかりすれば、どんなエネルギーにも振り回されることなく、
様々な体験をよりトータルに、健全な形で、あるがままに味わえるようになります。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle