無空さんの体験セッション

無空さんへの感想メールより




無空さん

昨夜は体験セッションをありがとうございました。
やっとのことでお会いできました。
長い時間をとっていただき心から感謝いたします。

パソコンの前で準備万端、共鳴のことだけに集中!と
はじまると・・・・、いろいろとここまでの経過や小さかった頃のことなどを聞いてくださりましたね。

え、そこから?と思いながらもこのやりとりが共鳴でした。

自らが一点に集中していく感じがずっと始まり・・・・、
その一点は集中から今度は広がり見たことも無い空間に!
ここはどこですか?と尋ねておりました。

無空さんは、それが「在る」ですよ
そしてそれに気がついている意識に気がついてといわれた時、
それが「真我」です

目をあけたまま!というのが必要でしたね
たぶん、目をつぶっては知っていた体験です。
良く見る必要がありました。


出産の時に、助産師さんが「お母さん!目をあけて!目をつぶっちゃだめですよ!さあ、良く見て出てきますよ!」って言われてぐっと出てくる様子を見ながら出産したのですが・・・、
まるで同じでしたね(^0^)

ありがとうございました。
知っていました!もともとあったものですもの!

そうですね。
それは、ある時突然現れたり、どこかで急に消えてしまうようなものではありません。
もともと在ったもの、今も在り、そしてこれからも変わらずにずっと在るもの。
誰もがすでにそれであるもの。
それが真我です。


しかし、それをそれと示して欲しくて!欲しくて!
ここまで、無空さんの前まで、来ていたのです。

そうですね。
それを知っている人に指摘されることで、深く腑に落ちるということが起こります。

今までそうだと思っていたものとは違っていましたね。
こっ、こっちですか~ という言葉が印象的でした。


しかしながら、こんなにあっさりと?
しみっちさんとのセッションが蘇りました。

わたし達はこれをお伝えしているのですよとのお言葉でした。
この「これ」・・・・すごすぎます。

これまでの経過があったからこそ、そのすごさ、
その素晴らしさがお分かりになるのだと思います。

そして、これまでそうだと思っていたという、ある時現われ、それ以来ずっとあったものが、
真我に気づいた後、消えてしまったとのことでしたね。

真の気づきが起こると、一瞬にしてそのようなことが起こることがあります。

あれっ、今、ありません! という感じでしたね。


自らがエネルギーの感覚にいつも振り回されていることや様々なエネルギーワークの体験があったから
それではなく、こっち!とはっきりと分かったのですよとおっしゃっていただきました。


上がったり、下がったり、外側から入ってきたり等、様々に動き、変化するものの体験が強烈であったからこそ、
よりはっきり、それら様々な動きや変化をずっと変わらずに見ていた者、それら全ての体験に気づいていた
不変不動の体験者である意識に、より明確に気づけたということが言えるかもしれませんね。

そこは、すべての起こっているエネルギーの源であり、それ(真我・在る)そのもので在れば、すべてのエネルギーは自然に統御され、落ち着き、より自然に、より調和的に働くようになります。

そこに在ること、それで在ることです。

天職というお話がありましたが、真我の視点からは、すべての人の天職は、在ることです。
そこから、その時その時に必要なことが起こっていきます。
それでも、本当の自分を知る者、本当の自分で在る者は、その行動に巻き込まれることはありません。


今日無空さんのブログを開いても全く以前のエネルギーは感じられません。それよりも「在る」がそよそよ~って感じです。

これが「解脱」ですか?

真我は、はじめから解脱しています。

見るもの感じるものがガラッと変わってきています
今日も地域の行事で多くの方々とお会いしておりますが、
みなさんの声が美しく愛おしく、街路樹が「在る」でした。

そうですね。
すべては「在る」です。
なぜなら、すべての存在は、在るからです。
当たり前のことのようですが、多くの人が当たり前過ぎて、ここに注意が向かず、留まることができません。

また、それはやはり、本当の自分を知らないからとも言えます。
それ自身に対する無知のベールが取り払われ、視界のくもりが晴れると、
見るもの感じるものがガラッと変わってきて、
真実そのものの本来のあるがままの美しさ、そして、そこに在る愛が見えてくるようになります。


そのように見えてきますよと伺ったように思いますが、本当にそうでした。

正しい見方ができるようになりましたね。
それは、正しい位置に在るからです。
こっ、こっちですか~のこっちの方ですね(笑)


最後に共鳴、アイコンタクト、ハート共鳴としていただきました。

あまり良く覚えていないのですが、


私が覚えているのは(進んでいる皆さんは、素晴らしくすぐに忘れる方が多いですが、
なぜか私は結構覚えています(笑))、

共鳴の時は、やっぱりすごいですね~と、おっしゃっていました。

アイコンタクトは、幸せです。と、

ハートの共鳴は、気持ちいい~ と、おっしゃっていましたね。


ハート共鳴の時に「真我」は
何だろう?「神」?に集中していく感じがしました。身体の上部から光のシャワー状態でとても
気持ちがよかったです。

最初感じていた「在る」の空間からまた別の空間ですが、それもまたひとつに集中して広がる空間に
変わっていくのかな~
とてもリンクしているという感じがありますが・・・
これもまた感覚の部分ということでかかわらず、気づいているように!(^0^)は~い!自分で瞬時に
戒めております。

そうですね。
変化するものは変化するものとして認識し、楽しみながら、でも、それらにとらわれず、それらすべての変化、
動きに気づいている絶対に変わらないこっち、気づきそのものとして在りましょう。
そうすれば、もうエネルギーに振り回されることはありません。

在るべきところが分ったのですから、もう、大丈夫ですね。




浄化&断捨離、
真っ最中で、日常生活も大揺れですが必要な物だけが落ち着くでしょうといって頂きましたが現れの世界が
変わっていくのを落ち着いてなんかいられない!(涙)これはマインドですね!・・・・・・
来週のセッションをとりつけたのは本当に幸いです。


落ち着いていられないのは、ただ落ち着いていられない(落ち着いていられないマインドが起こっている)と
気づいていればいいです。
そう(落ち着いていられないと)感じることができるのは、本当の貴方(気づき・意識・在る)が在るからです。

そのような理解が深まってくると、すべてのことを軽やかに捉えることができるようになってきます。
また、起こることすべてが愛おしく、そして、ありがたく、感謝の気持ちが起こってくるようにもなります。

何かが起こることでまた、本当の自分を再認識し、より深く味わうことができるようになっていきます。
起こってくることの内容に関係なく、何かが起こること自体が喜びになっていきます。
例えて言えば、それは、海が、波が起こることにより、それ自身を認識し、味わうことができるようなものです。
それは、波の大小、波の形には関係ありません。
どんな波でも、それ自身に対する認識は起こり、味わいがあります。
自らが海(真我・在る)であるということを知っているときには、それ自身を再認識させてくれるすべての波が、喜びの波となります。
それ(真我・在る)自身で在ることの喜びの中にありながら、起こることすべてを楽しんでいくことができるようになります。



無空さんありがとうございます

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle