無空さんのセッション74回目




青さん

感想ありがとうございました。




無空さん

先ほどはどうもありがとうございました

途中接続が途絶えてしまいました。。。

エネルギー的にというお話でしたが

今日などは

終わった瞬間には

ざざざ~~ってざわついたものが動いていきました

浄化というものでしょうか?

相手にされない寂しさのようなもの

いじけた想いやら

何でしょう~~わりとネガティブなものです



自分自身のものかな~~

結構たっぷりとありましたよね(汗)

在る(愛)にとって、自他はありません。

ですから、ただそのように感じられるものが

そこにあったというだけです。

~のものということにあまり強い認識をおかず、

(自我的に、所有する必要もありませんし、

また、他者のものとあまり強く感じる必要も

ありません。

識別する力は、ただ愛だけがある(すべてはひとつ)という

本質的理解の上で、真の輝きを放ちます。

そしてそのときに、今回のように、どなたかへ向けての愛が

自然に起こるのなら、それは素晴らしいです。)

ただ気づいて(愛)、

(気づかれること、気づかれた者の純粋な意識の中に

入ることにより、そこにあるものは、正されたり、

浄化されたり、また、自然に実現されるものは実現したりと

必要なことが起こります。)

それはそのまま、あるがままにしておきましょう。

そしてまた、在る(愛)に戻りましょう。

そこにあるものは、ただ今そこにあるというだけです。

今そこにあるもの、そして、現れたものすべてが、

そのすべての現われの源である真の青さん(愛)の

在り方、絶対的な立ち位置をゆるがすことはできません。

そこは、真に不動不変です。

絶対安心、絶対安全、絶対大丈夫

そこは、愛の絶対フィールドです。







さて

今日の共鳴は

ずっと眠りに引き込まれそうでした


初めの共鳴では

何度も目が開いてられない感じでした

無空さんからの光がまぶしい風でした

そのうちに

意識がはっきりしてきて

ここ

この空間に戻ってきたという感じでした

共鳴しながら、その光に慣れていったという

感じでしょうか。




アイコンタクトでは

強い愛の感覚が中心にありました

ここにという感じです

いいですね。


瞑想では

その愛の中心に

ずっと入っていきました

すっぽりと

入ったら

何もなくなりました

完全にそれそのものになったときは、

ゆらぎゼロ。

何もなくなりますね。

透明な静かな空間です

味わいは濃厚に

また爽やかになっていき

 さらに深く入って行きたいと思っていました

無空さんは

瞑想の先生なんだな~~って

今更ながら思っておりました^^

やはり、それぞれの通ってきたプロセスの

力、傾向が自然に働きますね。

それが、無空庵の特徴でもある

真我(在る・愛)の本性の中の

無限の深まり、無限の更新力が強く働くのを

力強くサポートしているのかもしれませんね。



ハートの共鳴では

何も起こっていないのかと思うほど

大きく動いているようでした

地球の自転や公転のようです

在るは大きいですね

よく感じ取られていますね。


立場を変えては

動きが大きい

細かくないという感じでした

こまごましてないとおっしゃっていましたね。

前のところで書かれてあるように、

在るの在り方はとても大きく、

ただ在るだけで、

人の視点からは何も気づけず、

まったく何もしていない

何も起こっていないと思えるほどに、

大きな働きをしています。

そして、その大きな働きは、

現れていないもの、現れているもの

すべてをカバーし、

そのすべてのもっとも微細なレベルにまで

行き届いています。

それが在る、

すべてのすべての働き(愛)です。

ただ在ることの働き(愛)は、計り知れません。



立ち場なし・ニュートラルでは


いのちの味わいが一筋



お昼の合同共鳴を思い出していました



このいのちの味わいは

聖なるもの

開かれた愛です

青さんの基本ですね。








素晴らしい共鳴をどうもありがとうございました











ありがとうございました。

無空



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle