無空さんのセッション82回目



無空さん

ご返信ありがとうございます^^


「愛はありますか?」

その愛は

マインド劇場も未だひっくるめているのかもしれません

少しづつ

少しづつですね






これからも

どうぞよろしくお願いいたします










青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどはセッションをありがとうございました


宇宙の中心は

宇宙の始まりで

宇宙の終わりですね

そうですね。


宇宙共鳴のお話が出て
 
 その時に

お話ししそびれたのですが

それほど大きく広がっていくと

同時に時間がなくなり

私も

無空さんももちろん居ない

ただ空間である

愛である

瞑想では

その宇宙そのものである

その中心に

無空さんという塊が愛として

私の中にありました

ただ燦々と輝いていました


先週

斜めになっていたのですが

今回は

どセンターで感じて

見ていました

正しい位置に在ったという感じでしょうか?


その愛は自分自身でもあり

さらに増していく愛の輝きに

没入していきたいというところでした







センタリングや

エネルギーセンター(チャクラ)へのチューニングを

すっかり忘れていたのですが

今週はそれを思い出すようなことが起こっていました





たしかに

この真理を知って

再びそのエネルギーにも繋がりゆくことは

わたしのプロセスでもあるのだろうなあって思います

それが起こるのなら自然に起こるでしょう。

とにかく主体が愛であることが大切です。

その上で、何かが自然に起こるなら

それは本当に素晴らしいものとなるでしょう。

主体が愛であるということは、何かのために愛を使うということではありません。

ただ愛そのものとして在るということです。

それ(愛)以外何も存在しないという真実の中で、

愛(全体)は、ただ愛(全体)だけのために在ります。

その真の自己愛(全体愛)が、自然に溢れ出たもの、こぼれ落ちたものが

そこから様々に起こっていくものであるというように見ることもできますね。

そのとき、その愛の純度は、素晴らしく保たれたまま、

現れの世界に溢れ出て、広がっていくでしょう。

それは、素晴らしい愛の表現となるでしょう。




さて

始めの共鳴は

下で子供たちがずいぶんと興奮状態で

騒いでおり

ちょっとその声ばかりに

集中してしまいました

幸せと歓びの雄叫びでしょうね^^

そうでしょうね^^





アイコンタクトは

やわらかい

やわらかい

新鮮さの神聖さでした

そうですね。

それは素晴らしくやわらかです。



瞑想は

どこまでも

どこまでも

そして

深く

深く

愛でした


ハートの共鳴では

その愛が

重厚感を増して

在りました


立場を変えては

そのまま在りました


わたしは宇宙の中心であり

その愛の中心です

いいですね。


そこは濃厚さも

重厚感もある

本当にどっしりとしていました

自己理解が進むと、そのように安定感が

増してきますね。



立場なし・ニュートラルは

軽やかさと

やわらかさの神聖さに

戻っていました

それは、重厚であると同時に、軽やかでもあります。

堅固であると同時に、やわらかでもあります。

普通であると同時に、神聖でもあります。

それが、それです。






無空さん

どうもありがとうございました


お咳が出てましたね

どうぞお大事になさって下さいね

お気遣いありがとうございます。

多忙のため、体調を崩しておりましたが、

おかげさまで今は大分回復してきております。











ありがとうございました。

無空












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle