無空さんのセッション86回目








青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

いつも

あたたかい

セッションをありがとうございます


ここにいました

外の小鳥の声が聞こえていました

わたししかいません

平和で

あたたかく安心のここでした

ありがとうございます





先に一週間の事を聞いて頂きました


身体を大切にして欲しい(ピルはやめて欲しい)

心を大切にして欲しい(人生をあきらめて欲しくない)

本当の幸せに向かって欲しいという切実な願いが苦しかったです

いいえ

自分自身も

同じような問題を抱えているのかもしれません


そのことの

解決方法はひとつではありませんが

根本に

ここを知っていることは本当に大きいです

そうですね。

在り続けます

在り続けます



話は変わりましたが

かなり力が抜けて

自分自身であるところで

自由に動くということは

周りにとても大きな動揺を与えるなあ~~って思っています

仕事を始めだしたことや

夏休みに5泊6日で次男と旅行に行くことなど

ちゃんと話してはいるのですが

どうも旦那さんは私の変化についてきてないようですね。。。

頭が分かるのに時間がかかるといったところでしょうね

そうかもしれませんね。





さて

始めの共鳴は

果てしなくフラットでした

フラットは、在るのひとつの質、側面、在り方ですね。

(同時に、在るは、奥行き、深み、厚み等がある広がりそのものでもあり、

また、点としての在り方もあります。

在るは全ての全てであり、そこには無限の在り方があります。)

そこには、隆起、波がなく、ぶつかるもの、ひっかかるものも

何もありません。

すべてが滞りなく流れていきます。

また、それは、“「する」ではなく「在る」”、

“本当は、何も起こっていない”

などの言葉、表現のように、

それが分かる人には、すべての様々な波を、一瞬にして静める(無に帰す)力、

さまよってたり、巻き込まれていた自己、あるいは、意識の焦点を、

本来の居場所、在り処に帰す力、戻す力があります。

さらには、そのフラットな在り方であれば、でこぼこがなく、一部の設置面だけでなく、

全面(全体)で、触れるすべてを、ニュートラルに、あるがままに感じることができます。

(触れるものすべてを、ニュートラルに、あるがままに感じる在り方は、

透明であること、形なき柔らかさそのものであること、全体そのものであること、

ただすべてに開いている開きそのものであること等の側面からも見ていくことができます。)




アイコンタクトは

秘かに

秘かに

愛でした

それも愛そのものでもある在るの在り方のひとつですね。

その秘か性ゆえに、多くの方がこの「在る」という愛の在り方に

なかなか気づくことができません。

また、それは、もっとも価値があり、もっとも大切なものであるがゆえに、

それ自身により、大切に大切に守られている、

という言い方もできるかもしれませんね。


瞑想は

いきなり

ここ自宅を感じていました

その後

考え事をしていたようです

そして

強烈に自分自身でした

ほかに誰もいません

そこには、自己を認識している意識、自覚している意識、

それ自身に気づいている意識だけがあります。

それは、リアリティ、純粋な気づき、純粋な主観性そのもの、真の自己、在る、愛です。

それ以外、変わらずに実在しているものは何もありません。

それが唯一の実在です。


引き込まれた瞬間終了~~~でしたね

在る(無・空・愛・全体)には、無限の引き込み力があります。

そこにすべてが帰っていきます。

そこにすべてが溶けていきます。

そして、そこから、同じ在るの本性により、すべてが新生、再生し、新たに起こっていきます。





ハートの共鳴は

先のお話で涙していたところに

愛が

染み入る感じでした

深い愛情です

愛そのものでもある在るは、すべての現れの源であり、

すべてに対して、絶対的な親和性、親和性を超えた親和性、

あるいは、すべてに対して、完全に同質であり、絶対的な浸透性、一体性があります。

その性質により、愛(在る)はすべてのものに浸透し、染み入っていきます。



立場を変えては

深い神聖さの

原生林のそのまた奥の感じでした

奥深いものを感じ取られていましたね。


立場なし・ニュートラルは

どんどん

頭の中心が痺れていきました

彦の泣き声が

気になっておりました。。。

全体の中で起こることが起こっていましたね。




今日もかけがえのない

素晴らしい時間をどうもありがとうございました









ありがとうございました。

無空











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle