無空さんのセッション121回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどはありがとうございました


最初にお話を聞いていただきました

バラバラな自分についてです


この部分は

セッションの初めより青自身が根深く持ち続けている部分でもあります


根こそぎの浄化は

形を変えて

様々に起こってきておりますが


この煩悩ともいえるべき部分

未成就の想いは深く

自分でも本当にがっくり。。辛い部分です。。

そのがっくりくる自分(個人)、

そして、バラバラな自分を持ち続けている自分(個人)に

気づいて在りましょう。

そして、在る(愛)そのものであることを繰り返し、

さらなる純化、変容、成熟を促していきましょう。

すべてを貫き、すべてを統合できるよう、

もともとただひとつのものであることを再認識できるよう、

愛そのもので在りましょう。


何度も戻っては

また「在る」に戻るはこのように姿を変えては

起こってくるのでしょうか



環境の変化は

それでも

長男の成長や

家庭環境の変化など

変わってはいきますが


青は

やはりまだ

この肉体を持っていて

この世に存在することの大切なポイントを見逃しているように感じています


その焦りがなかなかとれずにいます

(これは本当に初期の頃から無空さんにお話していた焦りでもありますね。。。)




「在る」の中にすべての答えはある

それはそのことの理解からすべては始まっているのですが

そのことと日常生活が貫かれていないのです

青の理解は大変に非日常の机上の空論のようでもあります

全体の純化、成熟を進めていきましょう。

理解も徐々に全体に浸透していくでしょう。

貫きそのものが在るようになるでしょう。

それは、それ自身に貫かれています(愛)。

それは、「純」そのものです。

その「純」は、けっして現れにおける違いを排除するものではなく、

すべての多様性をそのままに受容、肯定し、

その理解(愛)において、

その「知っている」(愛)というところにおいて、

すべてをやさしく包み込み、

ただひとつのすべてであるそれ自身として在ります。



説明の出来ないものは

どのようにあるのか

あり方、ありようによるものでしか表現していきようがないものもあるでしょう


表現活動として表現していくことの可能性もありますね



生き様としての表現は

青が本当に在りたいところなんです


このいのち

この意識は

途切れることの無い

永遠のものと知りながらも

理想であったり

願いは出てくるのです。。。

出てくるものは出てきます。

起こることは起こります。

それはそのままに、愛そのものであることをさらに

繰り返していきましょう。

さて


始めの共鳴では

本当に深く目を開けたままの瞑想状態に入っていました

自分自身の中心

宇宙の中心です


アイコンタクトでは

先に「貫かれない」とお話していた

意識と肉体を持つ自分自身が

ひとつに重なっていくように感じていました

意識が

肉体を通してこの地上を見ているのだな

この感覚器官を通して

この頭、心を通して感じて体験しているのだなと認識していました


瞑想は

それで

この地上にいることを認識している青は

様々に感じていることを

ぐずぐずと思っていました。。

すると

斜め上方にそれを聞いている存在に気がつきました

すべて聞いてくれている存在がいると知った時に

しまった。。涙が溢れてまいりました。。

すべて聞かれていて。。すべてを知っていてくれています

大きく暖かくいつも見守り包んでくれている存在です

ずっと会話しているような瞑想でした



ハートの共鳴は

朝に書いていたブログの記事を思い出していました


「何かを忘れている」


という記事ですが


言葉では

不完全なそのやり取り

無音の言葉でこそ

このように起こるのだな。。。って実感していたのです


立場を変えては

今までに味わったことのない

白い清涼感でした

何が起こったのだろう

でした


立場なし・ニュートラルは

ひたすら

びっくりしていました


共鳴の無限の可能性をみたようにも思います

また

青が先にお話していた部分で

「貫かれない」理解の光が

貫かれていくことを見ていたようにも思いました


ただ

ただ

驚いております


ありがとうございます

自然に必要なことが起こっていましたね。

在る(愛)は、ただ在り(愛)、そこで必要なすべてのことが

ただ自然に起こっていきます。

在る(愛)は、何も知りません。

そこで何が起こるかは、まったくの未知(愛)です。

起こることは起こる(愛)。

そして、本当は何も起こっていない(愛)。

愛から起こることは、すべて愛であり、

ただ愛だけが実在し、

ただ愛だけが実存であること。

それ以外、在る(愛)は何も知りません。

その純粋さ、その純度、その明らかさ、その絶対的な知、

その貫きが分かりますでしょうか。



それだけでは

まったく追いつかないほど

言葉足らずです。。。






しかしながら。。


青の今

お話できる言葉は


心から感謝いたしております

どうもありがとうございました

また

来週もどうぞよろしくお願いいたします










こちらこそよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

無空











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle