無空さんのセッション174回目



青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

セッションをありがとうございました



真の自己理解は

真の統合を巻き起こしていくのでしょうね

はい。

その統合とは

どんな想像でもなく

当たり前の日常で起こることなのでしょうね

その通りです。


それを謳歌しつくすかのように体験しながら

その自己はどこにもいないのでしょうか

真の自己は、どこにもいず(非在)、

そして、すべてのところに実在しています。

それは、無であり、同時にすべてでもあります。







大きな嗚咽を押し殺しながら

はじめの共鳴は始まりました



その嗚咽は

自分自身がこの人生で送る課題をクリアしたいという絶叫でもありました




パックリと傷口が開くようでもありました


そこがじんわりと癒されていくようでした

自然に必要なことが起こっていましたね。




アイコンタクトは

素直さそのものでした

まっすぐ過ぎるくらい真っ直ぐでした

その中に

命の喜びがスパークしていました

素直さはとても大切ですね。


瞑想では

銀河空間に浮かぶ

「平和」


その平和の構成要因のひとつでもある

わたし

でした


「わたしは誰か?」

そんな疑問の答えがそこにありました

その答えが

とても力強く流れ込んでくるようでもありました


そのような疑問を持っていたのでしょうか?

先の絶叫・嗚咽のなかに

自身の天職とは何かとか

人生の目的は?


生きるとは?



在ることではありますが

そのうちでも

知りたいと感じていた何かがあったのかもしれません

そうかもしれませんね。




ハートの共鳴は

広がる意識がとてもリアルだったのです

この肉体は一体なんだろう!!!!

無空さんや私が

それぞれに存在している不思議を感じていました

そのすべて、それそのものが在るであり、真の自己です。

自己理解を深めていきましょう。

それは、意識、肉体、不思議、それらすべてを貫き、

また、それらすべてをひとつであるものとして包むものです。



立場を変えては

当たり前

感謝と愛


でした

とても大切なところですね。



立場なし・ニュートラルは


「ごめんなさい」でした

存在から、ただそのように起こってきましたね。

それは、為されました。



最後に


当たり前の感謝を忘れないようにと

アドバイスをいただきました

当たり前(普通、自然)の中にすべてがあります。

在るは、当たり前(普通、自然)そのものです。

普遍的なもの、時空を含み超え、すべてを支え、

すべてを育み、すべてを包み込んでいるものは、

そのような在り方をしています。

それは、いつも当たり前そのもの、普通そのもの、

自然そのもの、あるいは、日常そのものとして、

絶えずわたしたちのそばに、

そして、わたしたちそのものとして

在り続けています。

それは、とてもありがたきものです。




当たり前

普通の感覚は

とても貴重で

とても大切な感覚でもあります



そこにあって

どうありたいのか

本日のセッションでは

クリアな意識

広がる意識でもある自分自身を認識しながら

同時に

肉体をもつことの

不思議を学んでいるようでもありました




日常でも実際に

何度も何度もたしかめられております


真に

安心に

揺ぎ無く生きることが出来ますように

そうありますように。







いつも

ありがとうございます


また

来週もどうぞよろしくお願いいたします













こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございます。

無空
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle