無空さんのセッション175回目



青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

いつもセッションありがとうございます

そして
いつもお話を聞いていただきありがとうございます

このお話タイムは本当に
振り返りすごいなあと思います

毎回自身の中から出てきているテーマ
人生のどこにポイントを絞り見つめているのか
そんなことなのでしょうか

今回も
引き続き

お疲れ様でしたの青でした

このお疲れ様は
根深いところでは青のテーマ
今生でクリアしていきたいものでもあります



あまりに自然な変容はその変化にはまったく気がつくことなく起こっていきますが


この日常と何ものでもない青自身の自然体とはどうあるのだろう。。

そのようなことで
いつもセッションでは
思考がストップしてしまいその味わいを楽しむだけなのですが
今日はストップを堪えるが起こっておりました

「そうであることとは
どうなのでしょうか?」

と大きな問いを口をあけたまま見上げているようなことだったんです

さらに変容が進むと、自ら理解できるようになってきます。






始めの共鳴は

慈悲・慈愛

そのエッセンスはますます濃厚さをましていきました

その後先日のお葬式の風景を思い出していました


愛と感謝に包まれる

親族一同です


アイコンタクトは

天界

心地よさ

爽やかさ


瞑想では

当たり前の感謝でした



すぐさま

先日亡くなったお義母さんが現れたように感じました

目の前

わたしの頭に手をあてて

どこまでも感謝と慈悲・慈愛を注いでくださいました

深い深いところが癒されていくのを感じていました

本当にありがたいことですね。


そのまま

180度裏側にまだ残っている

青自体のネガティブに光がずっと注がれる様子をみていました





ハートの共鳴は

「どうあるのか?」

でした



立場を変えては



結婚したここ

家という単位でのわたし



立場なし・ニュートラルは

何ものでもない

今回も、必要なことが自然に起こっていたセッションでしたね。



結婚し嫁いだ家という単位でもある私を認めることが

まあああああ。。どうも。。。。。嫌なことなんでしょうか。。。


上を書いただけでも

じゃああああっと泣いてしまいますね



ううむ

まだまだ続く何かがありますかね^^;





今週は

お義母さんが亡くなるという大きなことがありました


同居ではありませんでしたが

やはり結婚しているということ

親族であるということは

大きなご縁でもあることで

繋がっていることでもあるのでしょうね

(これ書いていて思いますが。。
青さんってまだ結婚していないですね
どうも。。潔くない感じですね。。)



最後のニュートラルは

何ものでもありません


青は本当にそこが好きなのだと思いました

真に何ものでもないものは、
何ものになれ、また、何ものであっても、
それにとらわません。



日常では
家の嫁だったり
母親でPTAの役員だったり
本当に様々な役割を演じています
しかし本当に在りたいのは

この「何ものでもない」もの

ただそれそのものなのだと願っているようです

どんな役割であっても
この何ものでもないそれは
そこにあります

はい。

しかし
役割をどのように演じるのかは

それを見たいものの希望があまりに強かったり
答え切れそうにない青はいつもいっぱいいっぱいになってしまうのです

それは自然なことでもありますね。
関係性、また、現れの世界においては、そのようなことが起こりますね。



結婚生活というのは
まこと生き難いものですね

何を修行と感じるのかはそれぞれでもありますが。。

青の場合はどうも結婚・家族にその大きな課題がありそうです

真の自己、自分自身であることを繰り返してくことで、

クリアされていくでしょう。







長々とすいません

いつもありがとうございます


また

来週よろしくお願いいたします










こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございます。

無空
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle