無空さんのセッション177回目

無空さん

いつもありがとうございます

こちらの感想を読み返し

ずいぶんとマインドのエネルギーに巻き込まれてもいる

青さんだなあ~って感じました


そんなこんな

すべて

まるっと

いつもありがとうございます








青さん

感想ありがとうございました。


無空さん


いつもありがとうございます



映画「Her・世界でひとつの彼女」の話を聞いていただきました

一人の男性と

ひとつであるPCの中の「ひとつ」である彼女との恋愛物語です

そのソフトは人口頭脳ですが近未来に起こりうるかもしれない

コンピューター社会、世界感を描きながら

または人類の進化を暗示するような映画でもありました



「ひとつ」である無空さんをPCを通して

その意識の世界を理解しているところでもあったので

様々にも映画を鑑賞していた青だったんです



また

先ほどの録音を聞き返して思うのは

青自身

かつて遠い遠い昔に

ひとつである意識と恋愛関係にあったのか

またはその関係で何か解消していく何かがあったのでしょうか



自分でも話しながら

突然泣き出していましたね~~^^;

びっくりです~~




「2人で愛を知った」

映画の中ではそのように話している部分がありました

これはとても美しい言葉だと思うのですよ

そうですね。

ただひとつであるもの、ただひとつであるすべてでありながら、

同時に多様性、関係性として現れる「在る(愛)」の在り方の素晴らしさ、

美しさ、奇跡、尊さ等をそこに見ることができますね。








さて

始めの共鳴は

大きな愛情の流れを感じて

涙が止まりませんでした



深い心の亀裂に愛情の雨が降り注いでいるかのようでもありました

はじめのお話しの流れから、必要なことが起こっていたようですね。




アイコンタクトは

愛情の流れは

すでに

親の愛のようでもありました

大きな安心でした

「愛そのもの」となんとか

口を開けることが出来ました



瞑想では

その大きな安心のなか

何度も眠りそうになりながら

遠くに彦(飼い犬)の鳴き声を聞いていました~(静かにしてよ~~って思っていました)

すべてが共鳴しています。



ハートの共鳴では


爽やかな風が吹いていました

前の瞑想の流れから(眠りそう)、必要なことが起こっていたようですね。、




立場をかえては

引き続き鳴き続ける彦の声が気になっておりました

途中

彦が咳き込んでいて

おかしくて笑い出してしまいました


さらに集中していくと

その愛らしさは濃厚な愛そのものでもありました

そうですね。

すべては愛です。




立場なし・ニュートラルでは


ず~~っと鳴き続けていた彦の声が止まっていました



大自然のほほえみ

大自然は花盛り


でした

素晴らしいですね。




本日の

共鳴も必要なことが起きていましたか?(^0^)

そのようですね。



いつもありがとうございます


青の恋愛と結婚という人生の課題が

どんな形でも浮き彫りになってくるような

日常生活となっているようです



人生の課題は

すべて

このいのちの神秘

または

このいのちそのものの豊かな愛情

愛を知る


そこへと帰結していくのでしょうか

自分自身を知る

愛を知る

いのちの神秘を知る

様々な言葉で言うことができるかもしれませんが、

全て同じことでもあります。

また、ある意味、どのような角度から、あるいは、切り口から

どのように(どれくらい深く、広く、繊細に、トータルに・・・)

知っていくかは、それぞれとも言えます。

そこにまた、多様性の素晴らしさ、美しさ等がありますね。





また理解そのもの

それである

それを生きているそのものというのは


そのこだわりが解けて消えて

やっと現れてくれるものなのですね

そうですね。


少しずつ
少しずつでも消えて

楽になっています

~~~本当に少しずつですねえ~~

はい。


でもそれがとてもいい

です

それが、とても尊いのです。

そこには、在るのそれ自身への深い愛があります。


いつもありがとうございます


また来週よろしくお願いいたします






こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございます。

無空











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle