無空さんのセッション265回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどはセッションをありがとうございました



息子たちも

春の新生活が始まる準備で

ソワソワとしてきている

春本番です!


そのような中で

長男が昨夜は

ゼロ意識共鳴に少しだけ意識参加させていただきました



真我自身

真の自分自身であること

そこへの希求の思いが浮上してきているのでしょうか

そうかもしれませんね。


ヨーガでは

最後の勝負を決するのは

智ではなくて離欲であると書いています(ヨーガ・スートラ3章50節)

最近の長男はよく

執着心のことを口にし

気にしている様子なんです



さてその執着であっても

その思い込みや

こだわりに向けて

真実の光

真の理解を指し示すのは

その弁別智であると

青は思っているのです




弁別智というのは

真我と覚とを混同せず

明瞭に両者の区別を識別する知見のことである(ヨーガ・スートラ2章27節)

また

弁別智が発露すると

人を構成する3つのエネルギー(タマス・ラジャス・サットヴァ)は

その役目を終え、覚とともに自性の中へ没入していき

ついにはそれ自体で輝く

汚れのない独一絶対な存在となる

とも書いています








弁別智(べんべつち)というのは
ヨーガ・スートラに出てくる言葉なのですが

青はその弁別智というものが
どのように働くのか

それを知りたかったのですが


その煩悩(執着など)の塵を払うのもその弁別智なんですね!!!



さらに

このゼロ意識そのものが

その弁別智だという言い方も出来るのかもしれません

そのように見ることもできるかもしれませんね。












ゼロ意識共鳴が

それらを含めて

ヨーガを学ぶ青におおいに

様々に理解を与えてくれていることを心から

感謝いたします

学びの姿勢が本当に素晴らしいですね。






さて

はじめの共鳴は


「この清らかな流れ」


アイコンタクトは

永遠

梵我一如の途中道~

明晰さがひろがっておりました

とてもよい感じですね。





瞑想では

癒しそのもの

新鮮さが溢れておりました

必要なことが起こっていたようですね。




触れることのできない

「智」を味わっておりました

本質的なところですね。




ハートの共鳴は

柔らかさ



立場をかえては


神秘ですね


このエッセンスに惹かれているのです

そこには、奥深いものがありますね。



立場なし・ニュートラルは



もうすっかりと軽くなっていくのを感じていました

全体的に素晴らしい流れ、展開の共鳴でしたね。









ありがとうございました









ありがとうございました。

無空





無空さんのセッション264回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどはセッションをありがとうございました


現れの世界で

ままならないことで

どうにも欲求不満で

ここずっと辛くなっておりました~



7年前に無空庵さんに出会い

無空さんからセッションを受けることが始まりました


真我について、

その理解は

たいへんこの人生において

貴重かつ得難い

魂の学びではありますが




この人生の現われの部分では

やはり努力をしなければいけないものもありますし

努力をしても

絶対に無理なこともあって


そこを乗り越えていくのに

どうにも諦めの悪い青なんです


ここは!!

生命の根元にも迫る勢いのところなので

諦めることはそのまま「死」にも直結してしまいそうなくらい

青にとっては

煩悩深いところのようです

生命の根源に近いところのものですと、

とても強いものがありますね。





悟り切れないですね

自己理解は、無限です。

(トータルで、落ち着くということはありますが、
開き続けて在ることが大切です。)



今世でクリアしたいと思ってはおりましたが



無理ですね


来世があるのなら

持ち越します

仕方ありませんねえ






ああすいません。。

未だ出したりないものがドロドロと出てくるのです

出るものは、出していきましょう。
現れにおいてのご縁、様々な関係性の中での必要な体験、経験等
を起こらせながらの浄化でもあり、それは、それぞれのペースで、
無理なく(大変なときもありますが。)進んで行きます。




それとも

しっかりと自己理解が進めば

その部分も乗り越えていくのでしょうか

(涙)

もちろんです。

そして、根深いものがクリアされればされるほど、
自己理解の幅、深まり等も増し、存在としてより大きなものを包んで在れるようになっていきます。




一ミリでも進めばいい

そんな風に願います

はい、その一ミリが、大きな変化、変容をもたらします。

そのような姿勢、在り方で、在り続けましょう。




いつもありがとうございます


さて

はじめの共鳴は


すがすがしい神聖な風が

山から吹き降りてまいりました


そのうちに真っ白い光に突入しておりました

浄化として出てきているものに対して、
必要なことが起こっている感じですね。




アイコンタクトは

深い癒し


瞑想では

強く肯定されている

そのものでした

はい、存在全体、ひとつであるものとしての存在に対する
強い肯定、全体的な肯定、絶対的な肯定が大切です。



ハートの共鳴は


口もきけないほどに

心地よさそのもの



立場をかえては


すべてを超えた

「安心」


立場なし・ニュートラルでは


祝福されていました


とてもよい感じの流れで、展開していきましたね。

自己理解を深め、すべてをクリア、そして、統合していきましょう。





ありがとうございました










ありがとうございました。

無空







PS

長男がお父さんお母さんほど陰徳を積んでいる人は

知らないと話してくれました

この先にきっといいことがあると思います

そうですね。


子育ても

素晴らしい魂のボランティアと本で読んだことがあります

子を産み育て

両親になり努力することは

人生のかけがえのない陰徳に違いありませんね

はい、それは、存在全体、生命全体にとって、かけがえのないものですね。















無空さんのセッション263回目



青さん

感想ありがとうございました。


 無空さん

先ほどはありがとうございました!



落ち着いたセッションでした!!


仕事を辞めたからでしょうか~

気持ちにとても余裕がありました(^0^)




また

来週に伺う治療師の方のことを少しお話しさせていただきました!



腰痛も楽になったらいいなあ~~って思っています(^0^)

そうですね。





さて



本日の共鳴は


全体に「明」

陰と陽を感じていました



始めの共鳴では


「智」



意識のそれを感じていました

よく感じ取られていますね。





アイコンタクトでは

それが

ひとつにかたまり

また拡がりながら


次元が構成されて

パラレル


意識の層を味わい体験しているような感じでした

理解が進みますね。

それに注意を向けることにより、

それ自身が自らを開示してくれます。





瞑想では


とても軽い「恍惚」でした


何だろうと思っていたら


プレム氏が指し示してくれた

いのちの味わいそのもの



無空さんの愛のセッションそのもの


もう制限はどこにもありませんね

はい。

真我、在る、愛は、無限、無制限です。




ハートの共鳴では


「ハート」でした

そのものですね。




立場をかえては


あまりに大きい「在る」に


驚きと

立場って何!!??


でした(^0^)

在るは、すべてを超えています。



立場なし・ニュートラルでは


アイコンタクトにも似て

次元を超えている感じがありました

今回も、全体的に素晴らしい共鳴でしたね。



意識がものすごい大きく多重に感じられて

また至福感もたっぷりで


今回は

目を開けてセッションを受けるのが

ちょっと大変な感じでした

さらに開かれ、更新されていますね。


何度も

そのまま


意識のある限りに

ずっと感じ入ってしまいたい衝動にかられておりました






パート仕事がない~~って

青にとって

もう十分に自分だけに向かえることなんですね



そうしたかったんだと思います

そうかもしれませんね。





本日も

深く

尊い


セッションを

ありがとうございました







心から感謝しております









ありがとうございました。

無空

無空さんのセッション262回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどはセッションをありがとうございました




先週は

事故に会いそうになり

怖かったです

大変でしたね。


しかし

いつもと変わらず

無空さんにお会いできていることを

心の底から

嬉しく

ありがたく思います

こちらこそありがとうございます。




死ぬ瞬間のことは分かりません


この変わらぬ意識が本質であることを知っていますが


瞑想状態がそれに近いのだろうか

それとも

それであっても瞑想というのは

この肉体と共に在るのだろうなあ~

などふんわりと考えていたセッションでもありました




始めの共鳴は


始まってすぐ

青のパソコンの真ん中に

ウイルスを検知しましたという案内が出てしまい

無空さんのお顔を見ることなしでしばらく続けていたのですが



しかし

「大丈夫ですか?」と

お声を聴いて

パソコン画面右上のスクリーンから

無空さんのお顔を見て

再び集中し直すと



明らかに違う何かを感知していました




この何かが

どれほど

ありがたく

どれほどの

気づきと学びが「そこ」にあるのか


実感するようなことでした



ありがとうございます

素晴らしく気づかれ、受け取られていますね。





対面させていただくこと

人として

この世にあり

様々に経験、体験させていただくこと



とても深遠で

その共鳴のありがたさです



同時に


最近の職場での青の心の具合などが思い出されていました



(ずいぶんと厳しいパワハラに遭遇していたのです)





アイコンタクトでは

必要なことが起きていたのでしょうか


ずっとその職場にフォーカスされていました

するとしばらく

その「ご縁」を考えていました

自然な流れかもしれませんね。




瞑想では


「安心」

深い癒しが起こっていました



すっかりと

「悲しい」出来事や感覚が

ひっくり返って

深い慈悲に理解されて広がっていました


「そうなんだ」という深い

深い気づきがそこにありました






(人と人のご縁には

一筋縄では到底及ばない・・愛という名の・・

深遠な気づきと教え学びの河が流れているのですね

言葉になど代えてしまえるものではないですが。。)


素晴らしい気づきが起こりましたね。





ハートの共鳴では


どうにも目を開けていられないほどの

「休息」

「安心」でした


充実していました

今に必要なものでしたね。





立場をかえては



裏側とも言えるでしょうか

悲しみや苦しみの裏側が

これほど豊かなことを味わい知っているところでした


「大きな知恵」と答えてますね

素晴らしい表現ですね。

大きく深い理解、そして、大きな知恵と言うこともできますね。

大きな理解、大きな知恵、大きな視点、大きな在り方は、
小さく狭い視野、視点、在り方よりも、
(その視点も、大きな視点と同等で在るものですが。)
たくさんのものを統合、包括することができます。




立場なし・ニュートラルでは


大悲



観音さまの胸に抱きしめられておりました







ありがとうございました

全体を通して今に必要なことが起こっていましたね。











無空さん



ありがとうございました














ありがとうございました。

無空

無空さんのセッション261回目


青さん

感想ありがとうございました。


無空さん

先ほどは

素晴らしい共鳴をありがとうございました!



近況を聞いていただきました



そのままに

共鳴に入りました



始めの共鳴では


近況報告でお話ししていた空間が

ありありと感じられていて!!

いきなりのエネルギーが流れていくのを見ておりました

自然な流れで、必要なことが起こっていたようですね。



グランディングも起こっていたでしょうか

それかもしれませんね。



アイコンタクトでは


瞬時に


質が変わりました



それは「叡智」

法身でしょうか

意識は

地球を超えて広がっています



キラキラと光の無限さのそれでした

本質的なところの素晴らしさをよく感じ取られていましたね。


瞑想では


ゆらゆらと

心地よさが立ち上がってきました


それはいのちの炎でした


その炎が「すべて」

愛のエッセンスのすべてでした

素晴らしいですね。




ハートの共鳴では


暖かさがひろがって

静かな喜びそのものでした

在る(真我)のとても自然な在り方ですね。



立場をかえては



情熱




溶けない氷はない

解けないものがない

そうですね。



立ち場なし・ニュートラルでは




それでも

「個」はこれほどに守られている理


神の愛を見つめておりました

存在(存在の様々な在り方)についての理解が広がり、深まりますね。



ありがとうございました






いつも

素晴らしい共鳴をありがとうございます











ありがとうございます。

無空











sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle